情報障害のある人への支援の現状と課題 : 視覚と聴覚の両方に障害のある人(盲ろう者)へのパソコン支援を中心に(<特集>情報バリアフリーとしてのユニバーサル・サービス) The contemporary condition & future of support service for the deaf-blind: based on the technological assistance for the disabilities(<Special feature>Universal services for barrier-free access to information)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

視覚と聴覚の両方に障害のある重度の人(盲ろう者)は,「移動」,「コミュニケーション」,「情報」の3つの障害がある。盲ろうとはどういう障害か,盲ろう者のパソコン環境とはどういうものかを概説した上で,大阪府立中央図書館などでの筆者のパソコン利用支援の経験やそれらを支援する人たちの養成を紹介する。また,2009年3月に筆者がアメリカでの盲ろう者の情報機器の状況や支援の状況を視察した。米国での盲ろう者の状況を紹介した上で,日本で今後,必要な支援や求められていることについて考える。

Deaf-blind people have obstacles in cases of mobility, communication and information. Summarizing on what deaf-blind is and what the computing environment of deaf-blind is, it introduces the author's experience of instructing computer skills at Osaka Prefectural Central Library and cultivating their supporters nation-wide. In March 2009, I visited HKNC (Helen Keller National Center) and Perkins School for the Blind and also attended the CSUN conference to learn the latest technology and the support situation of deaf-blind people in USA. Therefore it reconsiders the necessary assistance for deaf-blind and what they really need from now on in Japan.

収録刊行物

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007340761
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10289656
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ