検索結果18件中 1-18 を表示

  • 大島 秀明 ID: 9000002921806

    東京大学第一外科 (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • W5-11 大腸癌術後サーベイランスの検討(<特集>第46回日本消化器外科学会) (1995)
  • 大島 秀明 ID: 9000003070164

    日本肥料KK (1970年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 5-22 土壌・植物系における沃素の挙動に関する研究(第2報) : 水稲の開田赤枯病と沃素過剰症との関連性(5 植物の無機栄養および養分吸収) (1970)
  • 大島 秀明 ID: 9000005930249

    福山大学 (2006年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 15件

    • 住宅地における建築群の非対称配置構成と、その視覚特性に関する基礎的研究 : 建築空間構成計画の研究(その6) : 建築計画 (1979)
    • 住宅地における建築群の配置構成と、その視覚的効果に関する研究 : 建築空間構成計面の研究(その7) : 建築計画 (1979)
    • 立ち歩行利用からみた公共美術館における利用前後条件と座り行為に関する研究 (2000)
  • 大島 秀明 ID: 9000006816230

    秩父セメント(株)中央研究所 (1993年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 3 音叉型振動式粘度計による高流動セメントペースト・モルタルのレオロジー特性(材料・施工) (1993)
  • 大島 秀明 ID: 9000008114879

    CiNii収録論文: 1件

    • 花粉層序学の現状と問題点 (1977)
  • 大島 秀明 ID: 9000018152155

    CiNii収録論文: 1件

    • 地域図書館の利用特性と滞在時間--尾道市立中央図書館の場合 (2011)
  • 大島 秀明 ID: 9000020261447

    パリノサーヴェイ株式会社 (1983年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • アンデスの地質と古生物の研究 (1983)
  • 大島 秀明 ID: 9000020838935

    日本肥糧株式会社地質調査室 (1977年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 花粉層序学の現状と問題点 (1977)
  • 大島 秀明 ID: 9000241481659

    CiNii収録論文: 1件

    • 地域中央図書館における利用者行動と滞在時間との関係 (2013)
  • 大島 秀明 ID: 9000241481706

    CiNii収録論文: 1件

    • 地方都市における複合公共施設の諸室利用に関する研究 (2013)
  • 大島 秀明 ID: 9000241481732

    CiNii収録論文: 1件

    • 地方都市における複合公共施設に設置される図書館の利用に関する研究 (2013)
  • 大島 秀明 ID: 9000241836685

    CiNii収録論文: 1件

    • 高齢者の居場所としての図書館の可能性 (2013)
  • 大島 秀明 ID: 9000243715053

    CiNii収録論文: 1件

    • 地方都市における複合型公共施設の諸室利用パターンについて (2014)
  • 大島 秀明 ID: 9000243715107

    CiNii収録論文: 1件

    • 地域複合図書館における高齢者の利用特性 : 福山市の場合 (2014)
  • 大島 秀明 ID: 9000265538875

    秩父セメント株式会社中央研究所 (1991年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 音叉型振動による粘度測定方法 (1991)
  • 大島 秀明 ID: 9000290129144

    パリノサーヴェイ株式会社 (1983年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • コロンビア古第三系・白亜系の花粉層序 (1983)
  • 大島 秀明 ID: 9000313190349

    CiNii収録論文: 1件

    • 地域複合図書館の施設利用と利用頻度 (2015)
  • 大島 秀明 ID: 9000330327966

    CiNii収録論文: 1件

    • 商業施設立地と都市構造による中核市のコンパクト性に関する研究 (2016)
ページトップへ