検索結果 668件中 21-40 を表示

  • E221 入口出口周方向不均一流れを考慮した蒸気タービン排気ディフューザー性能の数値解析(OS7 高温・高効率発電)

    田沼 唯士 , 笹尾 泰洋 , 山本 悟 , 渋川 直紀 , 佐伯 祐志

    This paper presents the result of exhaust hood analyses using last stage exit velocity distributions measured in the real scale development steam turbine as the inlet boundary condition to improve the accuracy. Using this numerical methodology, numerical analysis of steam turbine exhaust diffuser performance with circumferential non-uniform flows at the diffuser inlet and outlet were carried out.

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム 2012(17), 407-408, 2012-06-20

    CiNii PDF - 定額アクセス可能 

  • 卵黄及び乳脂肪クリームで調製したカスタードプディングの脂質分布とレオロジー特性

    野村 知未 , 今岡 麻奈美 , 水尾 和雅 [他] , 田中 すみれ , 保井 りさ , 杉山 寿美

    外観や食感が異なる上部と下部を有するいわゆる"なめらかプディング"を試料として,卵黄がその構造形成にどのように関与しているのかを考察することを目的として研究を行った。牛乳100g,生クリーム100g,砂糖20g,卵黄40gで調製したプディングでは,上部の脂肪量が下部よりも有意に多かったが,上部と下部の脂肪酸組成に差は認められなかった。コレステロール量は上部で,リン脂質リン量は下部でわずかに多かった。また,上部の平均粒子径は下部よりも大きく,上部のヒステレシスエリアおよび見かけの粘度は下部よりも有意に高かった。このプディングで認められた上部と下部の脂質量,平均粒子径,静的粘弾性の差は,加熱時間の短いプディング,卵黄配合量の少ないプディング,卵白を配合したプディング,乳脂肪クリーム配合量が多いプディングで認められなかった。また,動的粘弾性測定では,なめらかプディングの構造安定性には卵白よりも卵黄が寄与していること,乳脂肪クリーム量が多くなることでより安定となること,プディングの加熱過程で安定性が増すことが示された。また,プディングの上部,下部ともに測定した周波数領域において,G'がG"より高く,G', G"ともに周波数に依存して増加する,弱いゲル型のレオロジー特性を示し,下部のゲル的性質が強かった。

    日本調理科学会誌 45(2), 123-132, 2012-04-05

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献23件

  • 「看護師の業務拡大」について現場看護師はどのように考えているのか? : 「小児循環器領域における看護師の業務拡大についての意識調査」のアンケート結果報告

    宮本 隆司 , 木島 久仁子 , 黒岩 徹 [他] , 飯田 尚絵 , 深見 悦子 , 川浦 秀明 , 吉井 剛 , 乾 明敏 , 田中 佑貴 , 清水 奈保

    日本外科学会雑誌 114(5), 273-280, 2013-09-01

    CiNii PDF - オープンアクセス  医中誌Web

  • Denitrifying bacterial community in manure compost pellets applied to an Andosol upland field(Soil biology)

    YAMANE Tsuyoshi

    A large amount of nitrous oxide (N_2O), one of the most important greenhouse gases, was emitted after the application of manure compost pellets (MCPs) compared to treatments with ordinary manure composts or chemical fertilizers. Emission of N_2O was found to be due to denitrification in the pellets. To study the relationship between N_2O emission and denitrifiers, the denitrifying bacterial communities in the MCPs were investigated by comparing clone libraries of nitrite reductase genes (nirK and nirS) fragments. Pellet samples were obtained three days (P3) and 26 days (P26) after pellet application to the field. The P3 samples were emitting high levels of N_2O, and the P26 samples had ceased NiO emission. Polymerase chain reaction (PCR) amplicons of both nirK and nirS were obtained from pellet samples. The diversity index (Shannon-Weiner index) of clone libraries was higher for the nirS genes than for the nirK genes for the same pellet samples and higher in P3 than in P26 for both nir genes. The clone libraries showed that the compositions of nirK denitrifiers in the pellets were relatively stable, but those of the nirS denitrifiers were variable within a month after pellet application; nirS clones that showed a lower similarity with nirS of known denitrifiers were dominant in P3 and those related to nirS of Cupriavidus spp. and Herbaspirillum spp. were dominant in P26. Most of the nirK clones in this study were related to the nirK genes of Rhizobiales denitrifying bacterial isolates. The nirS clones were divided into three groups; (1) those related to nirS of Bradyrhizobium spp., and Rhodanobacter sp. D206a, (2) those related to nirS of Cupriavidus spp., Herbaspirillum spp., and (3) those that had a lower similarity with nirS of known denitrifiers. This study showed a different response of nirK and nirS denitrifiers in the applied MCPs. In order to understand the relation between the denitrifying diversity and the N_2O emissions, transcriptional and metabolic analysis will be also needed.

    Soil science and plant nutrition 59(4), 572-579, 2013-08

    CiNii PDF - 定額アクセス可能 

  • 26pHB-2 J-PARCにおけるチャームバリオン分光実験用粒子識別検出器の開発(26pHB 測定器(II),実験核物理領域)

    山我 拓巳 , 石川 貴嗣 , 小沢 恭一郎 , 白鳥 昂太郎 , 菅谷 頼仁 , 中野 貴志 , 野海 博之 , 宮地 義之

    日本物理学会講演概要集 68(1-1), 78, 2013-03-26

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 26pHB-3 大強度ビームトラッキング用ファイバー検出器の開発(26pHB 測定器(II),実験核物理領域)

    松本 祐樹 , 三輪 浩司 , 本多 良太郎 , 今井 憲一 , 長谷川 勝一 , J-PARC K1.8ビームライン実験グループ

    日本物理学会講演概要集 68(1-1), 78, 2013-03-26

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 26pHB-1 J-PARCにおけるチャームバリオン分光実験用スペクトロメータの設計(26pHB 測定器(II),実験核物理領域)

    白鳥 昂太郎 , 石川 貴嗣 , 小沢 恭一郎 , 菅谷 頼仁 , 中野 貴志 , 野海 博之 , 宮地 義之 , 山我 拓巳

    日本物理学会講演概要集 68(1-1), 78, 2013-03-26

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 2重参照型ホログラフィックメモリにおける38値空間直交振幅変調信号の記録再生(コンシューマ機器および一般)

    瑞慶覽 圭佑 , 岡本 淳 , 高林 正典 [他] , 渋川 敦史 , 富田 章久

    再生時に干渉用の光波を生成・照射する機構を必要とせずに,参照光の照射のみで位相変調信号を復調できる新たなホログラフィックメモリとして2重参照型ホログラフィックメモリ(DRHM)を提案する.本技術では小型かつ正確な再生光の複素振幅検出によって,多値数の大きな位相変調信号や空間直交振幅変調(SQAM)信号の使用が可能になり,ホログラフィックメモリの大幅な高密度化,高速化が期待できる.本論文では,DRHMの基本原理を示すと共に,同技術による38値SQAM信号の記録再生シミュレーションを行う.さらに,DRHMの再生品質を高めることができる手法を新たに提案し,DRHMの再生エラーが大幅に低減されることを示す.

    映像情報メディア学会技術報告 37(10), 1-7, 2013-02-15

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献14件

  • 上下盲端間に索状物を認め特異な内視鏡所見を示したGross A型先天性食道閉鎖症の1例

    西 明 , 黒岩 実 , 山本 英輝 [他] , 土岐 文彰 , 鈴木 則夫 , 平戸 純子

    特異な形態を示すA型食道閉鎖症を経験したので報告する.症例は胎児超音波検査にて食道閉鎖症が疑われ,在胎35週5日,2,520gにて出生した男児.出生後の胸腹部単純レントゲン写真で胃泡は存在せず,経鼻胃管のcoil-up所見よりA型食道閉鎖症を強く疑い,日齢1に胃瘻造設,生後2か月に全身麻酔下に食道精査を施行した.透視下に測定した盲端距離は約1cmであり,内視鏡検査で上部盲端に窪みが4か所存在した.窪みの1つは内視鏡で盲端の確認ができず造影を行ったが気管や下部食道との交通は認めなかった.生後3か月で根治手術を施行した.上下の食道盲端は索状物で連続しており,索状物切除後に上下食道端々吻合術を施行した.術後経過は良好で術後1か月から食道ブジーを3回追加した後に退院した.病理組織検査で索状物は平滑筋束からなり内腔は認められなかった.本例はKluth分類上type II_3にあたる極めて珍しい症例と思われた.

    日本小児外科学会雑誌 48(7), 1042-1046, 2012-12-20

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  医中誌Web 参考文献13件

  • Quantification and Analysis of the Efficiency of Iterative Learning by Using Event Related Potentials

    FUNADA Mariko , FUNADA Tadashi , SHIBUKAWA Miki , AKAHORI Kanji

    In order to discuss quantitatively the effect and progress of learning, we introduce a definition of learning effect. We intend to estimate quantitatively the proficiency of learning tasks by suitable measurement. The learning effect has been usually evaluated by the percentage of correct answers in a test/examination at the end of a learning course. However, human intellectual actions are also controlled by their cerebral nervous systems, and the learning effect can be evaluated by the measured data from their brain activities. In this paper, we adopt a change of the correct answer ratios as the definition of the learning effect. We estimate the change of the ratios by observing the changes of the electrical signals from brains. The learning effect reflects the proficiency of the learner during the process of a learning task. We first propose a model for estimating the learning effect from the brain activities. Next we analyze the experimental data of the tasks selecting one from three choices. From the data analysis we determine parameters that are used in the model. EEGs (ElectroEncephaloGrams) are electrical signals from brains that are activated by stimuli. They have a fine time resolution. An ERP (Event-Related Potential) is the average of EEGs. We use ERPs to measure brain activities caused by the tasks. Then we evaluate the usefulness of the parameters adopted in the model. This approach is an attempt to quantify the learning effect by physiological parameters.

    Educational technology research 35(1・2), 103-113, 2012-11

    CiNii PDF - オープンアクセス  参考文献41件

  • 豚角煮の加熱過程における生姜搾汁,キウイフルーツ果汁の添加がコラーゲン量と脂質量に及ぼす影響

    杉山 寿美 , 水尾 和雅 , 野村 知未 [他] , 原田 良子

    本研究は,長時間の湿式加熱におけるコラーゲンの構造変化(酸可溶性コラーゲン(ASC),ペプシン可溶化コラーゲン(PSC),不溶性コラーゲン(ISC)量の変化)とそれに伴う脂質量の変動,さらに植物プロテアーゼの影響について明らかとすることを目的とし,豚角煮を試料として実験を行った。蒸し加熱後には,ISCは認められず,ASCは有意に増加,PSCは有意に減少した。その後の煮る過程でのPSCの減少は有意ではなかった。生姜搾汁あるいはキウイフルーツ果汁を添加した場合,蒸し加熱後ではコントロールと同程度であったが,続く煮る過程ではPSCは減少し,キウイフルーツ果汁を添加した場合にコントロールよりも有意な減少を示した。この煮る過程におけるPSCの減少は,蒸し加熱前および蒸し加熱初期に植物プロテアーゼがコラーゲンのテロペプタイド部位および熱変性部位に作用した結果であると推察された。いずれの条件でも調理後の脂肪およびコレステロールは減少した。キウイフルーツ果汁を添加した場合は,コントロールよりも有意な脂肪量およびコレステロール量の減少が認められた。これらのことから,豚塊肉の調理では,加熱によりコラーゲン繊維は脆弱化するものの,脂肪の多くは保持されること,キウイフルーツ果汁を添加した場合にコラーゲン繊維が脆弱化し,脂肪およびコレステロールの溶出が増加することが示された。

    日本調理科学会誌 44(6), 411-416, 2011-12-05

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献20件 被引用文献1件

  • 肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす放置条件の影響

    日本調理科学会加熱調理研究委員会余熱研究グループ , 高崎 禎子 , 阿部 芳子 , 石渡 仁子 , 中村 恵子 , 原 知子 , 松田 康子 , 山形 純子 , 伊與田 浩志 , 杉山 久仁子 , 渋川 祥子

    オーブン加熱終了後の肉の温度変化(余熱)に及ぼす加熱条件ならびに放置媒体の種類と覆いの有無等の影響を実測により検討した。さらに,簡略化した伝熱モデルを用いた数値計算により余熱を含めたオーブン加熱における肉中心部の75℃保持時間の予測を試みた。熱物性の異なる3種類の放置媒体(ステンレス,木,ごとく)を用いたところ,放置中の肉中心部の温度変化に顕著な差は認められなかった。これは,放置媒体とオーブン角皿の接触面積が小さいことに起因すると推察される。覆いによる余熱の効果は大きいことが実証できた。簡略化した計算モデルを用いて肉中心部における75℃保持時間を予測した結果,実測結果と同様の傾向が得られ,モデルの有効性を明らかにすることができた。

    日本調理科学会誌 44(4), 277-285, 2011-08-05

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献15件

  • 下地基板の影響を軽減した結晶薄膜の形成法

    野毛 悟 , 梅原 猛 , 宇野 武彦

    現在対象としている磁気光学特性に優れたセリウム置換YIG{(Ce_xY_<3-x>)Fe_5O_<12>, Ce : YIG}のみならず,多くの薄膜材料においては,SiO_2薄膜上への結晶薄膜形成が期待されている.例えば,非晶質膜上への単結晶薄膜形成法には,グラフォエピタキシャル成長法なども研究されているが課題の解決には至っていない.本報告は,SiO_2のような非晶質基板上への薄膜単結晶形成方法を提案するものである.提案手法は,酸化物結晶薄膜形成時における下地基板への依存性という課題を解決する一つの方法として有効であると考えられる.

    電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料 111(176), 73-78, 2011-08-03

    CiNii PDF - 定額アクセス可能  参考文献8件

  • G223 蒸気タービン排気ディフューザー性能の数値解析(OS7 高温・高効率発電)

    田沼 唯士 , 笹尾 泰洋 , 山本 悟 , 高田 真司 , 渋川 直紀 , 佐伯 祐志

    This paper presents the result of exhaust hood analyses using last stage exit velocity distributions measured in the real scale development steam turbine as the inlet boundary condition to improve the accuracy. Using this numerical methodology, three types of diffusers with the base, a short and a long axial length of diffuser were analyzed and calculated static pressure recovery coefficients, diffuser efficiencies and pressure distributions are compared. The axial length of diffuser plays an important role in the static pressure near the hub of last stage exit.

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム 2011(16), 467-468, 2011-06-22

    CiNii PDF - 定額アクセス可能 

  • G221 蒸気タービン低圧排気室の高性能化(OS7 高温・高効率発電)

    佐伯 祐志 , 岩井 保憲 , 渋川 直紀 , 川崎 榮

    The paper presents the optimization study of the curved diffuser shape in the exhaust hood for low pressure steam turbine. The diffuser consists of a bearing cone and a steam guide, so the simultaneous optimization of both shapes is required to improve the turbine performance. The optimization of diffuser shape was executed with DOE by using numerical analysis. After optimization, the exhaust hood performance with the diffuser was confirmed by the model test, and the result of the reduction in the hood pressure loss was obtained.

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム 2011(16), 461-464, 2011-06-22

    CiNii PDF - 定額アクセス可能 

  • 肉類の加熱における余熱の有効利用

    日本調理科学会加熱調理研究委員会余熱研究グループ , 松田 康子 , 阿部 芳子 , 石渡 仁子 , 大石 恭子 , 高崎 禎子 , 中村 恵子 , 原 知子 , 杉山 久仁子 , 渋川 祥子

    「大量調理衛生管理マニュアル」には, 肉類を加熱する場合, 75℃に達してから1分以上の加熱することとなっている。しかし, 焼き物などの場合, 過加熱で調理成績が低下することがあることから, 余熱を利用することの可能性について検討した。オーブン加熱について直径50mm, 厚さ15mmの円筒形の豚肉試料を用いて実験を行った。庫内温度を270℃以上に設定した場合には, 70℃に達してから1分間加熱すると, 余熱により75℃以上を1分以上保持できることが明らかとなった。これらの肉は, 75℃に達してから1分間加熱した試料より, 重量減少は有意に小さく, 破断応力も小さく, 軟らかいことが明らかとなった。肉類をオーブンで加熱する場合75℃1分を保持するには, 設定温度と肉の大きさによっては, 余熱を利用することが有効であることが明らかとなった。

    日本調理科学会誌 44(1), 72-78, 2011-02-05

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献3件 被引用文献1件

  • 1P3-9 LiTaO_3およびLiNbO_3基板上へのコンタクトエピタキシーによる磁気光学薄膜の形成(ポスターセッション)

    田代 博之 , 野毛 悟 , 宇野 武彦

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集 29, 93-94, 2008-11-11

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ