Search Results:  1-20 of 37

  • 1

    人工股関節全置換術後における和式動作と関節可動域の経時的改善の追跡調査  [in Japanese]

    , , , , , , , , , ,

    … う」動作の獲得改善時期と見比べた場合,お互いほぼ同時期に有意な改善を認めていることが言える.これは当院での入院中のリハビリで「和式トイレ」や「身をかがめて物を拾う」動作などの積極的なしゃがみ込み動作を指導していることが,術後2年の長期にわたった改善に繋がっていることが示唆される.【理学療法学研究としての意義】 今回の研究により和式動作の獲得改善について様々なパターンがあることがわ …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Ca0240-Ca0240, 2012

    CrossRef

  • 2

    しゃがみ込み動作の三次元動作解析:─身体重心位置に着目して─  [in Japanese]

    ,

    … 【はじめに、目的】 近年、生活スタイルの洋式化に伴い、しゃがみ込み動作が不可能である者を臨床で多く経験する。 … そこで今回は、しゃがみ込み動作時の身体重心高に着目し、矢状面上の骨盤傾斜、下肢関節角度および下肢関節モーメントとの関連について若干の知見を得たので報告する。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Ab0692-Ab0692, 2012

    CrossRef

  • 3

    変形性膝関節症患者における家事動作時痛と移動能力の関係  [in Japanese]

    , ,

    … う・雑巾がけ),買い物(物を持っての移動・物を取る)といった4動作10項目の膝痛について,対象者自身の自答式にて5段階で評価した.また,身体機能として,前後左右への随意的重心移動距離,しゃがみ込み動作時の体幹傾斜・症状側膝屈曲角度を測定した.重心移動距離の計測にはMATSCAN(ニッタ社製)を使用し,接触面中心を基準値とした.開始肢位は両足部内側縁間10cmの平行な位置とし,測定値は前後重心 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), CbPI2319-CbPI2319, 2011

    CrossRef

  • 4

    成長期サッカー選手におけるしゃがみ込み動作について:疼痛の有無による骨盤運動の違いに着目して  [in Japanese]

    , , ,

    … 本研究では,大腿および膝前面痛を有する成長期サッカー選手におけるしゃがみ込み動作時の骨盤の運動が生じるタイミングを明らかにすることを目的とし,大腿から膝関節前面に疼痛を認める群(以下 疼痛群)と認めない群(以下 非疼痛群)において、ビデオカメラを用いた二次元動作解析を用いて,立位時およびしゃがみ込み時の矢状面における各関節角度を測定した。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), CaOI2034-CaOI2034, 2011

    CrossRef

  • 5

    The Relationship between Squat Action and Ankle Dorsiflexion Range  [in Japanese]

    YAMASAKI HIROSHI , IGUCHI YUKARI , KURIYAMA HIROSHI , INAOKA TADAKATSU , MIYAZAKI TOMIKO , KASHIWA TOMOYUKI , NAKANO YOSHIYA

    Rigakuryoho kagaku 25(2), 209-212, 2010-04-20

    Ichushi Web References (8)

  • 6

    関節制限による股・膝関節負担量の推定  [in Japanese]

    , , , , , , , , ,

    しゃがみ込み動作を観察し、関節に加わるメカニカルストレスを推察することから、関節障害の発生や治療方針を考察することができる。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2009(0), C4P3114-C4P3114, 2010

    CrossRef

  • 7

    重症熱傷患者に対するリハビリテーション  [in Japanese]

    , , ,

    … 18ヶ月後の追跡調査では独歩自立、下肢の深屈曲も可能となり、リハビリテーション終了時の一番の問題点であった座位の耐久性の向上としゃがみ込み動作の獲得に至った。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2009(0), A4P1062-A4P1062, 2010

    CrossRef

  • 8

    The Relationship between Squat Action and Ankle Dorsiflexion Range  [in Japanese]

    YAMASAKI Hiroshi , IGUCHI Yukari , KURIYAMA Hiroshi , INAOKA Tadakatsu , MIYAZAKI Tomiko , KASHIWA Tomoyuki , NAKANO Yoshiya

    … 〔目的〕足関節背屈可動域がしゃがみ込み動作時の足圧中心位置および動作の可否に与える影響について検討した。 … 〔対象と方法〕健常成人42名(20.1±2.4歳)に対して足関節背屈可動域の測定としゃがみ込み動作時の重心動揺測定を実施した。 … 〔結果〕しゃがみ込み動作が可能な対象者は42名中27名であった。 …

    Journal of exercise physiology 25(2), 209-212, 2010

    CrossRef

  • 9

    The range of motion in the high-risk movements of dislocation after total hip arthroplasty  [in Japanese]

    MURAKAMI Masayoshi , 深田 光穂 , 宮村 久美子 , 北田 誠 , 中村 宣雄 , 津田 晃佑 , 菅野 伸彦 , 三木 秀宣

    Hip joint 35, 53-55, 2009-10-30

    Ichushi Web References (4)

  • 10

    成長に伴う足関節背屈可動域の変化としゃがみ込み動作との関係  [in Japanese]

    , , , , , , ,

    【はじめに】我々は前回の本大会において、小学6年生を対象にしゃがみ込み(以下、SQ)動作が足関節背屈(以下、DF)柔軟性の簡易的な測定方法になりうるかを検討し、SQ動作ができた者はできなかった者に比べ有意にDF可動域が大きいことを報告した.今回、対象を2~6年生に広げ、成長に伴うDF可動域の変化を観察し、SQ動作との関連をみた.また、身長・体重や成長に伴うそれらの伸びがSQ動作に与える影響について …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2008(0), C3P1473-C3P1473, 2009

    CrossRef

  • 11

    下肢運動機能が隣接椎間障害に及ぼす影響  [in Japanese]

    , , , , , ,

    … た.疾患内訳は腰椎すべり症72例、腰部脊柱管狭窄症15例、腰椎々間板ヘルニア6例であった.<BR>【方法】後療法は下肢柔軟性獲得、セルフストレッチ学習、歩容安定の3つを目的に実施した.ADLはしゃがみ込み動作を禁止として洋式生活を推奨した.術後定期検診時には医師の指示にて放射線技師による必要に応じた画像検査と運動機能検査を実施した.画像検査はレントゲン、MRI等を実施し、運動機能検査は下肢 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2008(0), C2S1007-C2S1007, 2009

    CrossRef

  • 12

    A primary factor of the squat down after MIS-THA using DAA  [in Japanese]

    FUJII Hiroko , 平尾 利行 , 筆内 一也 , 片山 司 , 石垣 直輝 , 老沼 和弘 , 白土 英明

    Hip joint 34, 179-182, 2008-11-30

    References (8)

  • 13

    147 足関節背屈制限がしゃがみこみ動作に及ぼす影響(骨・関節系理学療法,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会)  [in Japanese]

    粕山 達也 , 坂本 雅昭 , 中澤 理恵 , 川越 誠 , 加藤 和夫

    The Journal of Japanese Physical Therapy Association 35(Supplement_2), 100, 2008-04-20

    CiNii Fulltext PDF - Open Access  Ichushi Web

  • 14

    足関節背屈柔軟性の簡易的測定方法の検討  [in Japanese]

    , , ,

    … 測定は、DF可動域測定と2種類のしゃがみ込み動作を実施した。 … しゃがみ込み動作は、下肢の不要な回旋を防止するよう両足部内縁を接触させた状態で、上肢を自由にしてバランスをとることのできるしゃがみ込み(以下、自由SQ)と、上肢を腰の後ろで結び上肢によるバランスがとれないしゃがみ込み(以下、腰SQ)の2種目をランダムに2回ずつ行った。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2007(0), C0973-C0973, 2008

    CrossRef

  • 15

    足関節背屈制限がしゃがみこみ動作に及ぼす影響  [in Japanese]

    , , , ,

    【目的】日本の文化において,しゃがみこみ動作は必要不可欠な動作である.しゃがみこみ動作は,下肢の関節柔軟性が必要であり,特に足関節の背屈制限が動作を障害することが諸家により報告されている.そこで今回,足関節背屈制限の有無がしゃがみこみ動作に及ぼす影響について,動作中の関節角度,関節角速度の変化から比較検討したので報告する.<BR><BR>【方法】本研究の目的を十分に説明し, …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2007(0), C0147-C0147, 2008

    CrossRef

  • 16

    しゃがみ動作の際に生じる頚部運動の可動性について  [in Japanese]

    , , , , , , , , , , , , ,

    … 本研究の目的は静止立位における骨盤肢位の違いが、しゃがみ込み動作の際に生じる頚部可動性と関連するかについて検討することである。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2007(0), A1100-A1100, 2008

    CrossRef

  • 17

    スポーツ選手における関節鏡視下半月板縫合術後のリハビリテーションの実際  [in Japanese]

    , , , , , ,

    … なお、しゃがみ込み動作や正座などの深屈曲動作に関しては、術後早期から行わないように指導している。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2006(0), C0914-C0914, 2007

    CrossRef

  • 18

    中学ボーイズ大会でのスポーツ障害予防の啓蒙活動:大会期間中にメディカルチェックを実施して  [in Japanese]

    , , , , , , , , , , ,

    … FFD、上体おこしは1cm単位で測定し、腸腰筋と大腿四頭筋のタイトネスの有無と、しゃがみ込み動作の可否を調査した。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2006(0), C0227-C0227, 2007

    CrossRef

  • 19

    742 体幹装具装着時のしゃがみ込み動作の違いによる下肢への影響(理学療法基礎系22,一般演題ポスター発表,理学療法の可能性,第41回日本理学療法学術大会)  [in Japanese]

    永谷 元基 , 森 友洋 , 牧本 卓也 , 中井 英人 , 荒本 久美子 , 澄川 智子 , 林 尊弘 , 杉浦 一俊 , 佐藤 幸治 , 林 満彦

    The Journal of Japanese Physical Therapy Association 33(Supplement_2), 371, 2006-04-20

    CiNii Fulltext PDF - Open Access  Ichushi Web

  • 20

    体幹装具装着時のしゃがみ込み動作の違いによる下肢への影響  [in Japanese]

    , , , , , , , , ,

    【はじめに】我々は第40回本学会において、3種類のしゃがみ動作を解析した結果、体幹アライメント変化や下肢の負担が少ないことから、一側下肢を後方へずらしたしゃがみ動作が有効であると報告した。一方、術後腰椎疾患患者においては体幹装具を使用し、腰部の動きを制限する。この制限が下肢関節に負担を生じさせるのではないかと考えた。そこで今回硬性体幹装具を装着し、しゃがみ動作の違いが関節角度および下肢関節モーメン …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2005(0), A0742-A0742, 2006

    CrossRef