検索結果 298件中 1-20 を表示

  • フォトリソグラフィ技術を応用した培養表面形成 (特集 バイオメカニズムと表面工学)

    中島 雄太 , 中西 義孝

    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms Japan 41(3), 143-148, 2017

  • 厚膜フォトレジストを構造体としたバイオマイクロデバイス

    鈴木 孝明

    <p>Recently, complex microstructures are required for microsystems with expanse of application fields. There is a limit in two-dimensional layer stacking method based on the conventional semicon …

    電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン部門誌 137(10), 314-317, 2017

    DOI

  • マイクロ円柱スリットを用いた細胞の変形性の測定

    高橋 優輔 , 日野 遥 , 橋本 成広

    … によってマーカーをつける方法が一般的であり,マーカーによって細胞の性質に変化が起こる可能性がある.そこで,染色フリーの細胞分離技術への応用を目的に細胞の変形性に着目した.初めに,フォトリソグラフィ技術によって,円柱状のマイクロパターンを4列に作製した.円柱間の隙間幅は列ごとに25,20,15,10 μmとした.流路実験の前に酸素プラズマ処理を行い,流路内を親水化処理した.続いて,タンパク …

    生体医工学 55Annual(5PM-Abstract), 451-451, 2017

    DOI

  • 癌・正常細胞選別のためのマイクロ加工基板の作製と評価

    若林 洸 , 竹内 祐子 , 田中 学 , 谷井 孝至

    表面改質技術を用い、癌・正常細胞を簡便に選別可能なマイクロ加工基板の開発を行った。細胞接着/阻害領域を作り分け、細胞一つがかろうじて接着できるパターンを作製し、単一細胞の接着能を評価してきた。今回、接着領域を掘り下げたホール構造配列を作製すると、癌細胞が優先的に接着することが分かった。癌・正常細胞を50:50で混合播種した結果、98%の確率で癌細胞が接着し、細胞腫の選別が可能となった。

    表面科学学術講演会要旨集 37(0), 213, 2017

    DOI

  • フォトリソグラフィによりパターニングした金薄膜を用いた常温大気中でのウェハ接合 (第8回 集積化MEMSシンポジウム)

    國宗 豊 , 日暮 栄治 , 須賀 唯知

    「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] 33, 1-4, 2016-10-02

  • 初代培養神経細胞の形態制御と回路組み立てを行うための単一神経細胞プレート

    吉田 昭太郎 , 根岸(加藤) みどり , 竹内 昌治

    「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] 33, 1-4, 2016-10-02

  • ホーン結合型超伝導力学的インダクタンス検出器の大アレイ化技術の開発 (超伝導エレクトロニクス)

    木内 健司 , 大谷 知行 , 小栗 秀悟 , 古谷野 凌 , 鈴木 惇也 , 瀬本 宗久 , 田井野 徹 , 田島 治 , 長崎 岳人 , 美馬 覚 , 富田 望

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(175), 19-24, 2016-08-08

  • フォトリソグラフィで製作するDEアクチュエータ駆動蠕動マイクロポンプの提案

    嚴 祥仁 , 浅井 健太 , 宮田 航成 , 金 俊完 , 吉田 和弘

    フルードパワーシステム講演会講演論文集, 32-34, 2016

  • フォトリソグラフィ技術を用いた微細毛構造による双極型静電チャックの開発

    田尻 陽亮 , ヘムタビー パソムポーン , 高橋 邦夫 , 齋藤 滋規

    … 紙や布,プラスチックシートなど機械的把持が困難な薄膜誘電体に対し静電チャックにより把持,脱離を行う手法が注目されている.本研究ではフォトリソグラフィ技術により微細毛構造を持つコンプライアンスのある導電性梁を製作し,薄膜対象に対し従来の静電チャックよりも高い吸着力を発揮できる双極型静電チャックを開発する.また吸着力の測定実験と有限要素法解析を比較することで性能評価を行う. …

    精密工学会学術講演会講演論文集 2016S(0), 505-506, 2016

    DOI

  • 外径100μmのステンレス微細管へのマルチスリット形状電解エッチング

    高橋 宏志 , 相良 友也 , 堀内 敏行

    小径のステントや細径網目フィルタなどの加工に対応する技術を得るため、電解エッチングを用いて外径100μm、内径60μmのSUS304ステンレス管にスリット形状の穴を円周方向90度おきに4列、軸方向に22個ずつ、計88個開けた。マスキングにはレーザ走査リソグラフィで形成したレジストパターンを使用した。またアンダーカットの影響を軽減し、加工後の形状をより精密にするため、薄肉化を行った。

    精密工学会学術講演会講演論文集 2016A(0), 257-258, 2016

    DOI

  • 凹曲面レジストパターンへのエポキシ樹脂注入によるマイクロレンズアレイの製作

    小林 野歩 , 堀内 敏行

    膜厚10μmのポジ型レジストを用い、結像位置を意図的にずらしたレンズ投影露光によりマイクロレンズアレイの型とする正方配置と六方最密配置の凹面パターンを形成した。形成した凹曲面型にエポキシ樹脂を流し込んで固めた後、剥離すればマイクロレンズアレイを成形できることが分かった。最後に、レンズの集光性能を検証した。製作したレンズのピッチは42.1μm、曲率半径は28.3μm、集光スポット径は約3μmであった …

    精密工学会学術講演会講演論文集 2016A(0), 253-254, 2016

    DOI

  • 2光束干渉を利用した軟X線ラミナー型自由間隔回折格子の開発

    荻本 浩人 , 三村 秀和

    近年,軟X線を利用した発光分光や光電子分光において分光器の高精度化の需要が高まっており,軟X線の分光に適した回折格子の開発が盛んに行われている.本研究では,ホログラフィック露光法においてレーザー光束の波面を制御することで干渉縞の間隔を自由に形成し,自由間隔を持ったラミナー型回折格子を開発する.本稿では空間位相変調器LCOS-SLMを用いた波面制御露光光学系の設計に関して報告する.

    精密工学会学術講演会講演論文集 2016A(0), 273-274, 2016

    DOI

  • 医療·バイオ分野で活躍するプリンティング技術2015

    星野 昭裕 , 牧野 洋一

    … る印刷技術には大きな変化はない.生化学の分野においても,印刷技術の1つであるフォトリソグラフィ技術で構築されたDNAマイクロアレイを使った生体物質測定が行われてきた.しかし,近年では医療業界においてより高精度な生体物質の検出が求められはじめた.具体的には微小な反応場をフォトリソグラフィにて作製し,生体物質を定量的に検出する技術 (デジタル計測と呼ばれる) …

    日本画像学会誌 55(1), 88-93, 2016

    J-STAGE DOI

  • フォトリソグラフィとUVキュア処理によるナノギャップ電極形成

    粂内 真子 , 熊谷 慎也 , 趙 享峻 , 今井 駿 , 近藤 博基 , 石川 健治 , 堀 勝 , 佐々木 実

    「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] 32, 1-4, 2015-10-28

  • 30pm1-B-6 フォトリソグラフィを応用した細胞培養面加工技術

    山本 裕介 , 中島 雄太 , 中西 義孝

    This paper presents the cell culture surface processing technique based on photolithography. The alginate gel was used as noncytotoxic material that inhibits adhesion of cells. The alginate gel was fo …

    マイクロ・ナノ工学シンポジウム 2015(7), "30pm1-B-6-1"-"30pm1-B-6-2", 2015-10-21

  • ソノポレーションにおける導入効率向上法検討のための微小培養ウェルの開発と評価 (MEとバイオサイバネティックス)

    白幡 陽 , 繁富(栗林) 香織 , 工藤 信樹

    これまで我々は,微小気泡が接着した細胞にパルス超音波を照射することによって膜損傷を生じさせ,細胞内に薬物を導入するソノポレーション技術に関し検討を行なってきた.その研究の過程で,細胞膜の張力が膜修復に影響を与える可能性が見出された.そこで,本研究では細胞膜の張力制御を細胞の伸展状態を制御することによって実現することを考え,数個から数十個の単位で細胞培養が可能な微小培養ウェルの開発を行った.ウェルは …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(514), 19-23, 2015-03-16

    医中誌Web

  • ソノポレーションにおける導入効率向上法検討のための微小培養ウェルの開発と評価 (ニューロコンピューティング)

    白幡 陽 , 繁富(栗林) 香織 , 工藤 信樹

    これまで我々は,微小気泡が接着した細胞にパルス超音波を照射することによって膜損傷を生じさせ,細胞内に薬物を導入するソノポレーション技術に関し検討を行なってきた.その研究の過程で,細胞膜の張力が膜修復に影響を与える可能性が見出された.そこで,本研究では細胞膜の張力制御を細胞の伸展状態を制御することによって実現することを考え,数個から数十個の単位で細胞培養が可能な微小培養ウェルの開発を行った.ウェルは …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(515), 19-23, 2015-03-16

  • 単結晶CVDダイヤモンドにおける周期的微細柱状構造の作製とその粒子検出器への応用

    清水 彰人 , 毎田 修 , 伊藤 利道

    … 本研究では、簡易フォトリソグラフィプロセスを用いて、≈1μm、あるいはそれ以下のより微細なパターンを作製できるプロセスを確立するとともに、そのような微細構造を有するCVDダイヤモンド検出器を作製し、電子線における検出特性を評価した。 …

    表面科学学術講演会要旨集 35(0), 128, 2015

    DOI

  • 植物プランクトンによる歯車駆動

    伊藤 大心 , 柳田 保子 , 西迫 貴志 , 初澤 毅

    … 性資源としてバイオ燃料など微生物を利用したエネルギーが注目されている.本研究では,光合成によりエネルギーを生産できるボルボックスやユードリナなどの植物プランクトンのランダムな運動エネルギーを,フォトリソグラフィにより作製した微小な歯車の回転エネルギーに変換するメカニズムを提案した.また,植物プランクトンの走光性により,運動方向が変化する性質を利用して歯車の回転制御を試みた. …

    精密工学会学術講演会講演論文集 2015S(0), 787-788, 2015

    DOI

ページトップへ