検索結果 57件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • D-11-28 数値的安定性を保証したYUV-Dフロー推定法(D-11.画像工学,一般セッション)

    亀田 裕介 , 松田 一朗 , 伊東 晋

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2016年_情報・システム(2), 28, 2016-03-01

  • 数値的安定性を保証したシーンフロー推定法

    亀田 裕介 , 松田 一朗 , 伊東 晋

    … 動が推定でき,障害物検出や自己位置推定などに利用できる.従来のシーンフロー推定法では,シーンフローの正則条件による過平滑を防ぐために非線型方程式の数値計算が必要であった.さらに,その数値的安定性が画像と正則条件の係数に依存していたため,適切な係数の探索も不可能であった.本稿では,従来のアルゴリズムをまとめ直して単純化し,数値的安定条件の導出により,任意の計算条件で計算できる …

    映像情報メディア学会誌 68(7), J292-J298, 2014

    J-STAGE DOI

  • ストラトノヴィチ型確率微分方程式に対する弱い1次スキームの数値的安定性

    齊藤 善弘

    … ラトノヴィチ型確率微分方程式に対する弱い1次スキームの数値的安定性について述べる.強い1次の近似スキームにミルシュテイン・スキームとプラーテン・スキームがあるが,これらのスキームは弱い収束次数1をもつ.本論文では,ミルシュテイン簡易スキームと最適なプラーテン簡易スキームを取り上げる.そして,各スキームに対して2種類の近似正規乱数を用いた場合の数値的安定性を調べ,比較する. …

    日本応用数理学会論文誌 22(3), 109-116, 2012

    CiNii 外部リンク DOI 参考文献16件

  • 相似変換を用いたブラインド画像分離のための線形解法

    原健二 , 井上光平 , 浦浜喜一

    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)論文集 2011, 1088-1095, 2011-07-20

    情報処理学会

  • 確率微分方程式に対する修正ホイン法

    齊藤 善弘

    … 確率微分方程式の陽的な数値解法に確率ホイン法がある.本論文では確率ホイン法に修正を加えた解法を提案し,修正ホイン法と呼ぶことにする.修正ホイン法は,スカラーの確率微分方程式に対して強い収束次数1をもち,数値的安定性の面で確率ホイン法より優れていることを示す. …

    日本応用数理学会論文誌 21(4), 323-333, 2011

    CiNii 外部リンク DOI 参考文献13件

  • 計算的に効率の良いLRLSアルゴリズムについて

    堀田 英輔

    … おいて,目標値への収束が速い手法としてRLSアルゴリズムが知られている.また,持続的励振条件を満たさない信号に対しても動作する手法としてLRLSアルゴリズムが提案されている,LRLSアルゴリズムの演算量はO(N^3)であったが,近年,recursive Levenberg-Marquardtアルゴリズムを応用することで,その演算量をO(N^2)へ削減したアルゴリズムが紹介されている.本稿では,その効率的なアルゴリズムの数値的安定性の向上法について述べる. …

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 109(436), 259-260, 2010-02-22

    参考文献6件

  • 計算的に効率の良いLRLSアルゴリズムについて

    堀田 英輔

    … おいて,目標値への収束が速い手法としてRLSアルゴリズムが知られている.また,持続的励振条件を満たさない信号に対しても動作する手法としてLRLSアルゴリズムが提案されている.LRLSアルゴリズムの演算量はO(N^3)であったが,近年,recursive Levenberg-Marquardtアルゴリズムを応用することで,その演算量をO(N^2)へ削減したアルゴリズムが紹介されている.本稿では,その効率的なアルゴリズムの数値的安定性の向上法について述べる. …

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム 109(434), 259-260, 2010-02-22

    参考文献6件

  • 計算的に効率の良いLRLSアルゴリズムについて

    堀田 英輔

    … おいて,目標値への収束が速い手法としてRLSアルゴリズムが知られている.また,持続的励振条件を満たさない信号に対しても動作する手法としてLRLSアルゴリズムが提案されている.LRLSアルゴリズムの演算量は0(N^3)であったが,近年,recursive hevenberg-Marquardtアルゴリズムを応用することで,その演算量をO(N^2)へ削減したアルゴリズムが紹介されている.本稿では,その効率的なアルゴリズムの数値的安定性の向上法について述べる. …

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 109(435), 259-260, 2010-02-22

    参考文献6件

  • Irreducible form of AM criterion for Unconditional ML estimation of DOA (スマートインフォメディアシステム)

    陳 海華 , 鈴木 正清

    … とに起因する.本論文では,UML評価関数を変動パラメータに依存する成分と依存しない成分に分離して,AM法の効率化を計る.こねをEfficient AM(EAM)法と称する.EAM法に等間隔直線アレイの条件を付すことにより,EAM法で用いる評価基準の既約形を導く.既約な評価基準をもちいるAM法をIrreducible AM(IAM)と称する.最後に,IAM法によって数値的安定性が確保され,かつアルゴリズムの効率化が計られることをシミュレーションによって示す. …

    電子情報通信学会技術研究報告 108(85), 35-40, 2008-06-12

  • 数値的安定性解析に基づく Particle Swarm Optimization のパラメータ調整

    野田 晋司 , 安田 恵一郎

    電気学会研究会資料. IIC, 産業計測制御研究会 2008(1), 19-24, 2008-03-03

    参考文献6件

  • 特異値計算アルゴリズムdqds法の理論保証付き超2次収束シフト戦略(理論)

    相島 健助 , 松尾 宇泰 , 室田 一雄 [他] , 杉原 正顯

    … 特異値計算のアルゴリズムとして,近年,商差(qd)法系統のものが見直され,実用的解法としてdqds法が注目されている.dqds法は数値的安定性に優れているが,その収束を加速するためにシフト量を適切に設定する必要がある.本報告では,比較的単純で,かつ,超2次収束性が理論的に証明されるシフト戦略を提案する.さらに,超2次収束性を裏付ける数値実験の結果についても報告する. …

    日本応用数理学会論文誌 18(3), 285-302, 2008

    CiNii 外部リンク DOI 参考文献20件

  • Particle Swarm Optimization による制約つき最適化問題の解法

    武居 麻里 , 安田 恵一郎

    電気学会研究会資料. IIC, 産業計測制御研究会 2007(1), 19-24, 2007-03-05

    参考文献7件 被引用文献1件

  • 数値的安定性と打切り誤差に関し最適化された3次精度多項式展開スキーム:多次元問題への適用性

    酒井 勝弘 , 渡部 大志 , 神野 智裕 , 菱田 博俊

    移流方程式に対しては絶対安定性(正値差分係数)を有する高次精度多項式展開スキームは存在しないことが、ゴドノフの定理によって示されているが、移流・拡散方程式の場合には、絶対安定な3次精度の多項式展開スキームが存在することを、昨年のCFDシンポで報告した。その絶対安定性を保証し、その枠内で打切り誤差を最小にするように最適化した3次精度スキームを提案する.今回特に多次元問題への適用性に関して議論する。

    理論応用力学講演会 講演論文集 56(0), 113-113, 2007

    J-STAGE DOI

  • 群の活性度に基づく Particle Swarm Optimization の数値的安定性解析

    安田恵一郎 , 岩崎 信弘 , 上野 元気

    日本機会学会 第7回最適化シンポジウム論文集, 2006-12, 263-268, 2006

    被引用文献1件

  • オイラー・丸山簡易スキームの数値的安定性

    齋藤 善弘

    Review of economics and information studies = Review of economics and information studies 5(1-2), 99-110, 2004-09-30

    機関リポジトリ

  • オイラー・丸山簡易スキームの数値的安定性

    齋藤 善弘

    Review of economics and information studies 5(1-2), 99-110, 2004-09-30

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • G-012 張力による非線形性を考慮した撥弦における物理モデリングの検討(G.音声・音楽)

    古屋 勝俊 , 南葉 宗弘

    … またall-passフィルタを用いた手法は、実装時のフィルタの数値的安定性の保証や、線形位相の実現の困難さの問題が生じる。 …

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 3(2), 369-370, 2004-08-20

  • 離散写像法に基づく反応・拡散を伴う流体混合系の計算モデル

    井上 義朗 , 北條 優美 , 平田 雄志

    … 定に得られる新しい計算モデルを提案する.本計算モデルの特徴は,(1)移流項を1対1離散写像も用いてLagrangian的に表現することにより数値拡散を抑えた,(2)格子セル内をさらにサブセルに分割することにより,セルサイズが大きい場合に顕著となる数値拡散効果を少なくした,(3)計算の高速化と解の数値的安定性を高めるために,移流,拡散,反応の各過程を逐次的に計算するとともに局所解析解を利用した. …

    化学工学論文集 29(1), 87-93, 2003-01-20

    J-STAGE DOI 参考文献4件 被引用文献1件

  • 1 / 3
ページトップへ