検索結果 9件中 1-9 を表示

  • 擬似的不規則画素配置によるジャギー低減のための画素構造の検討 (メディア工学)

    井崎 千尋 , 秋田 純一

    … 従来の映像機器は画素が正方格子状に配置されているために,画素配置に平行でない斜め線や曲線ではジャギーが現れ人の目に知覚され,これが画像の精細さを損なう要因となる.著者らはこれまで,画素内の受光領域などの有効領域の位置を擬似的に不規則とすることで,このジャギーを解消する方法を提案,検討してきた.本稿では,擬似的不規則画素配置における画素構造や種類を,ジャギーの空間周波数の観点から検討した …

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 38(9), 41-44, 2014-02

  • 動画像における擬似的不規則画素配置によるジャギー解消効果の評価

    中村 優希 , 川崎 基輝 , 秋田 純一 [他] , 小松 孝徳

    人間が見て「きれい」と感じる画像表現を追求し進歩してきた画像システムであるが,高解像度化や低ノイズ化などの従来のアプローチでは,画質を損なう要因であるジャギー(階段状のギザ)の根本的な解消は不可能である.そこで著者はジャギーの解消のため擬似的不規則画素配置を提案し,本稿ではこれまで不十分であった動画像における効果を主観評価実験に基づいて検証した結果を述べる.

    映像情報メディア学会技術報告 36(13), 33-36, 2012-02-28

    参考文献5件

  • 擬似的不規則画素配置によるジャギー解消効果の評価指標

    前田 唯 , 秋田 純一

    … 従来の画像システムの画素の並びは格子状配置であるため,そこにはジャギーが現れ,場合によって画像の精細さを著しく損なう要因となる.その解消のためには,高解像度化やアンチエイリアス処理が行われているが,高解像度化には画素サイズや画像情報量からの限界があり,またアンチエイリアス処理は輪郭がぼやけるなどの問題点がある.著者らは,画素の配置を擬似的に不規則とすることで,ジャギーの影響を低減するこ …

    映像情報メディア学会技術報告 33(23), 9-12, 2009-06-15

    参考文献4件 被引用文献2件

  • 空間スペクトルを用いたジャギー評価に関する一考察 : 擬似的不規則画素配置によるジャギーの解消効果

    前田 唯 , 岩淵 勇樹 , 秋田 純一

    … 従来の画像システムの画素の並びは格子状配置であるため、そこにはジャギーが現れ、場合によって画像の精細さを著しく損なう要因となる。 …

    映像情報メディア学会技術報告 32(57), 29-32, 2008-12-16

    参考文献5件 被引用文献1件

  • 擬似的な不規則画素配置を持つCMOSイメージセンサの方向特異性の一検討

    秋田 純一

    … 通常のイメージセンサの画素は格子状に配置されているため、斜線と水平線でギザの生じ方が異なる、画像の精細さの方向特異性が存在する。 …

    映像情報メディア学会技術報告 32(26), 41-44, 2008-06-23

    参考文献8件 被引用文献5件

  • 擬似的不規則画素配置をもつ撮像素子の空間的サンプリング特性 (情報センシング)

    米田 智弘 , 秋田 純一

    映像情報メディア学会技術報告 31(60), 53-56, 2007-12

    被引用文献4件

  • 非周期的な画素配置を持つCMOSイメージセンサの基礎検討

    岩淵 勇樹 , 秋田 純一

    撮像素子やディスプレイなどの画像システムを構成する画素は、通常は正方などの格子状に配置される。しかしこのような画像システムの映像は、最終的に鑑賞されるわれわれの目には、ギザを伴って映る。この問題の解決のために、従来は高解像度化やスムージングなどの手法がとられてきたが、特に傾きの小さい斜め線のギザは、複数の画素から構成されるためにわれわれの目には知覚されやすく、映像の高精細化を阻む要因となる。本稿で …

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 107(163), 165-170, 2007-07-19

    参考文献8件

  • 疑似的な不規則画素配置をもつCMOSイメージセンサ (情報センシングメディア工学)

    秋田 純一

    映像情報メディア学会技術報告 31(28), 37-40, 2007-06

    被引用文献1件

  • 適応的セル重複分割を用いた反復変換符号化方式の検討

    山田 昭雄 , 太田 睦

    … ここでは、隣接セルをオーバーラップさせることにより、ブロック歪を低減できるオーバーラップ反復変換と、セルサイズを画像の精細さに合わせて適応制御することによって、高レートでのSN比を大幅に改善できる可変セル長反復変換を提案する。 …

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 94(215), 87-94, 1994-09-06

ページトップへ