検索結果 1243件中 1-20 を表示

  • モバイルセンサデータベースにおける効率的なTop-k検索結果の多様化手法

    横山 正浩 , 原 隆浩

    … のTop-k検索結果の多様化が有効である.しかし,データに対するスコアはユーザごとに異なり,クエリごとに計算しなければならない.また,大量のモバイルセンサデータに対して単純な手法を用いると,計算コストがきわめて大きくなってしまう.本論文では,事前にモバイルセンサデータに対しクラスタリング処理を施すことによる,効率的なTop-k検索結果の多様化手法を提案する.単純な手法では,検索結果とし …

    情報処理学会論文誌 58(2), 481-494, 2017-02-15

    情報処理学会

  • サプライチェーンにおける数量割引を考慮した製品系列の最適設計手法の検討

    尾崎 大記 , 野間口 大 , 藤田 喜久雄

    … 製品系列の設計では部品の共通化による間接費低減の効果が大きく、最適設計ではその関係を適切にモデル化することが重要である.中でもサプライチェーンにおける数量割引による効果は不連続性があるため,モデル化の鍵となる.本研究では,数量割引を考慮する製品系列の最適設計問題の構造について検討し,分枝限定法と線形計画法の活用により妥当な計算コストで解く手法を提案する. …

    精密工学会学術講演会講演論文集 2017S(0), 721-722, 2017

    DOI

  • 経験的台風モデルにより推算された風場の補正法の構築

    井手 喜彦 , 山上 澪 , 山城 賢 , 橋本 典明

    … として使用される風場は,よく経験的台風モデルあるいは局地気象モデルによって作成される.経験的台風モデルは,計算コストが低いが,地形の影響を考慮できず計算精度が低い.一方,局地気象モデルは地形の影響を考慮でき高精度な結果を得ることができるが,計算コストが高く,仮想的な台風の作成は難しい.そこで,経験的台風モデルによって求めた風場を局地気象モデルの結果と比較 …

    土木学会論文集B3(海洋開発) 73(2), I_144-I_149, 2017

    DOI

  • 津波リスク最小化のための送迎避難交通の最適動的制御とその求解方法

    浦田 淳司 , 羽藤 英二

    … 送迎避難交通の動的制御モデルとその求解方法を提案する.支援による避難促進の正の影響と渋滞増大による避難遅れの負の影響の双方を評価した上で,被災リスクが最小となる動的制御を検討する.また,最適動的制御導出にかかる計算コストの抑制のため,将来予測を利用しない逐次・演繹的な決定方法を提案する.最後に,数値計算により送迎避難とその制御の導入によるリスク低減の効果を例示する.</p> …

    交通工学論文集 3(3), 1-10, 2017

    DOI

  • 密度行列繰り込み群法と大規模並列化

    曽田 繁利

    … さらに,この密度行列繰り込み群法の二次元強相関量子系への拡張も行われている.しかしながら,二次元強相関量子系の計算に密度行列繰り込み群法を利用し,十分な計算精度の結果を得るためには,巨大な計算コストが要求される.その一方,例えば量子モンテカルロ法でいわゆる負符号問題が発生する様な系に対しても問題なく適用することが可能なこと,また,現在の大規模並列計算機を利用した場合には十分 …

    アンサンブル 18(1), 11-16, 2017

    DOI

  • 決定性有限オートマトンによる正規表現の貪欲な部分照合と部分式による捕獲

    奥居 哲 , 増田 拓也 , 鈴木 大郎

    … の列とすでに終状態に達したか否かを表すフラグからなる.このDFAが貪欲な部分照合と部分式による捕獲を正しく実現することを証明する.バックトラックによる試行を行う多くの実装では照合に要する計算コストが最悪の場合,指数的に増大するのに対し,本手法の照合に要する最悪の時間計算量は,DFAを漸進的に構築する場合ではO(nm),DFAをあらかじめ構築する場合ではO(m)に抑えられる.ここでnは正規表現の部分 …

    情報処理学会論文誌 57(12), 2769-2783, 2016-12-15

    情報処理学会

  • MU-MIMO-OFDM THPにおける周波数相関を用いたオーダリング計算コスト削減に関する検討 (無線通信システム)

    蛭間 信博 , 丸小 倫己 , 留場 宏道 , 小野寺 毅 , 前原 文明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(110), 93-98, 2016-06-22

  • 西日の眩しさを考慮した経路探索アルゴリズム

    松田 大樹 , 村田 佳洋

    … を提案する.このアルゴリズムはダイクストラ法に基づいており,そして,時刻に対する道路網グラフの眩しさの変化を考慮しながら経路探索を行う.また,提案アルゴリズムでは建物の影を考慮する.計算コストを抑えるために,建物データは東西に伸びる長方形のグリッド単位で管理されている.提案アルゴリズムの性能を評価するため,広島市内の地図を用いて実験した.Recent years, there are various navigation system …

    情報処理学会論文誌 57(5), 1452-1463, 2016-05-15

    情報処理学会

  • 低ランクDNN音響モデルの騒音下音声認識での評価と系列の識別学習

    太刀岡 勇気 , 渡部 晋治 , ルルー ジョナトン , ハーシー ジョン

    … 深層神経回路網(DNN)音響モデルは従来のガウス混合モデル(GMM)を上回る性能を達成しているが,パラメータ数がGMMより多くなる傾向にある.これにより,計算コストがGMMよりも増大する.DNNのモデルサイズを縮減するために,特異値分解(SVD)を用いた重み行列の低ランク近似が提案されている.従来の検討はクリーン音声のみであるが,騒音下音声はより複雑であり,モデル化が難しくなる可能性がある.よって …

    情報処理学会論文誌 57(3), 1080-1088, 2016-03-15

    情報処理学会

  • B-5-113 MU-MIMO-OFDM THPにおける周波数相関を用いたオーダリング計算コスト削減に関する一検討(B-5.無線通信システムA(移動通信),一般セッション)

    蛭間 信博 , 丸小 倫己 , 留場 宏道 , 小野寺 毅 , 前原 文明

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2016年_通信(1), 506, 2016-03-01

  • 中規模都市圏を対象としたデマンドバスを用いる階層型協調交通システムの提案

    上原 和樹 , 赤嶺 有平 , 當間 愛晃 , 根路銘 もえ子 , 遠藤 聡志

    … バスが用いられるが,利便性の観点から利用者が減少傾向にある.このような現状において,デマンドバスは有効な交通手段として注目されているが,デマンドバスの経路計画問題は利用者の増加に従い計算コストが爆発的に増加することが知られている.本稿では,地方都市およびその郊外地域といった中規模都市圏におけるデマンドバスの経路計画を実時間内に行うため,階層型協調交通システムを提案する.評 …

    情報処理学会論文誌 57(1), 89-99, 2016-01-15

    情報処理学会

  • 多重解像度処理を導入したCoHOGに基づく物体検出

    岩田 壮平 , 榎田 修一

    … 比べて計算コストが指数関数的に激増し,特徴次元が非常に高くなることが問題視されている.そこで本論文では,識別精度を低下させることなく特徴次元の増加を線形に抑えるために,多重解像度処理を導入したCoHOG (MRCoHOG;Multiple Resolution CoHOG)を提案する.MRCoHOGは勾配ペアを投票する範囲を狭くすることで特徴次元を削減し,複数の低解像度画像から同数の特徴を抽出することで計算コストを削減 …

    画像電子学会誌 45(1), 42-52, 2016

    DOI

  • 分割統治型密度汎関数強束縛分子動力学(DC-DFBT-MD)法によるナノスケール系化学反応シミュレーション

    西村 好史 , 中井 浩巳

    … 分子動力学(QM/MD)シミュレーションは,化学反応の動的過程を微視的に理解するための有効な解析手法の一つである.しかし,数千〜数万個の原子を含む実在系に即したモデルを取り扱うためには,QM/MD計算コストの抜本的な削減が不可欠である.本稿では,密度汎関数強束縛法と分割統治法の組み合わせにより低プレファクタと線形スケーリングを同時に満たす手法とその計算プログラムの並列性能評価,およびナ …

    アンサンブル 18(2), 95-101, 2016

    DOI

  • 実空間差分法を用いた第一原理電気伝導特性計算の高速化

    小野倫也 江上善幸 塚本茂 岩瀬滋 , 江上 喜幸 , 塚本 茂 , 岩瀬 滋

    … <p>第一原理電気伝導特性計算法は, デバイス中の電子移動を解析・予測する手段として開発されてきたが, 従来の電子状態計算よりも非常に計算コストが高く, 実デバイスの機能予測を行うことは困難であった. …

    アンサンブル 18(2), 82-89, 2016

    DOI

  • トポロジー変換による連結信頼性算定の研究

    安藤 正幸 , 高山 純一 , 中山 晶一朗 , 喜多 敏春

    … また,財政難のため効果的かつ計画的な道路整備が求められている.このため,道路整備費用と道路ネットワークの連結信頼性向上を総合的に評価する必要がある.<br>本研究は,道路ネットワークの連結信頼性算出にあたり,厳密解を求めることで近似解による曖昧さを回避するとともに,ネットワーク全体の評価となる多点間における連結信頼性をトポロジー変換を用いて計算コストの低減を図るものである. …

    土木学会論文集D3(土木計画学) 72(5), I_707-I_719, 2016

    DOI

  • 将来効用の動学的異質性を考慮した避難開始選択モデルの構築

    浦田 淳司 , 羽藤 英二 , 柳沼 秀樹

    … 着目し,これを表現するモデルを提案した.また,提案モデルに適用可能なMPEC型のパラメータ推定アルゴリズムを構築し,将来効用をパラメータと同様に扱うことで,動学的に異質な将来効用を現実的な計算コストで求解できることを示した.東日本大震災における陸前高田市の津波避難行動データを用いた実証分析により,動学的異質性に基づいた避難行動仮説の妥当性を示し,また時間や場所により将来効用認知 …

    土木学会論文集D3(土木計画学) 72(4), 261-277, 2016

    DOI

  • レア・イベントを捕えるための新たな分子シミュレーション手法―アミロイド線維形成の理解に向けた取り組み―

    伊藤 暁 , 奥村 久士

    … る時,大きな問題が生じる.タンパク質が天然構造に折れたたまるのに要する時間は多くの場合ミリ秒以上である.一方,一般的な並列計算機を用いて,タンパク質の分子シミュレーションを行う場合,計算コストの問題でミリ秒をこえる現象を捕えることは困難である.タンパク質の折れたたみに時間がかかる理由は,タンパク質の折れたたみ過程で多数の自由エネルギー障壁が存在し,この自由エネルギー障壁を …

    日本物理学会誌 71(7), 463-468, 2016

    DOI

  • 演算子変換に基づく効率的な時間発展法の開発

    赤間 知子 , 小林 理 , 南部 伸孝 , 武次 徹也

    … 一方、核波束ダイナミクスの分野では、Chebyshev多項式の3項間漸化式を用いて時間発展を行う実核波束発展法が開発され、計算コストの大幅な削減に成功している。 …

    ケモインフォマティクス討論会予稿集 2016(0), P10, 2016

    DOI

  • fragment-based drug designのための候補フラグメントの組み合わせを選択する手法の開発

    山﨑 広之 , 西端 芳彦 , 山乙 教之 , 広野 修一

    … この全ての組み合わせに対して計算機手法による化合物設計を行うことは、計算コストが非常に高く、組み合わせを絞り込むための計算コストの低い手法が必要である。 …

    ケモインフォマティクス討論会予稿集 2016(0), O10, 2016

    DOI

  • リアプノフの第2法に基づく4叉移動機構の経路追従フィードバック制御法

    佐藤 嵩浩 , 山口 博明 , 米澤 直晃

    … <p>本論文では,体形の周期的な変化をその運動に変換する波動歩行機械の1つである4叉移動機構のリアプノフの第2法に基づく経路追従フィードバック制御法を,新たに提案する.本手法により,計算コストの高い曲線座標系における位置・姿勢の算出,高次のリー微分などを必要とせずに,高い追従精度を実現することができる.</p> …

    自動制御連合講演会講演論文集 59(0), 788-792, 2016

    DOI

ページトップへ