Search Results:  1-20 of 198

  • 1

    Relationship of stretch effect and stretchiing duration for the triceps surae  [in Japanese]

    山崎 裕司 , 市川 祐生 , 片岡 敦美 , 平賀 康嗣 , 稲岡 忠勝 , 片山 訓博 , 重島 晃史 , 柏 智之 , 宮崎 登美子 , 清岡 学 , 栗山 裕司

    … 本研究では,下腿三頭筋に対するストレッチ効果にストレッチ時間が与える影響について検討した.対象は,健常学生4名である.ティルトテーブル上仰臥位にて,両側の膝関節伸展位での足関節背屈角度を測定した.ストレッチは,80°に設定したティルトテーブル上で立位をとらせ,足底板の背屈角度を自動関節可動域の+10°にに設定して実施した.2名の対象者には,これを15分間実施し(15分ストレッチ),残りの2名には30分間実施し …

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute 16, 35-37, 2015-03-31

    IR

  • 2

    Relationship of stretch effect and stretchiing duration for the triceps surae  [in Japanese]

    Hiroshi Yamasaki , Yusei Ichikawa , Atsumi Kataoka , Yasushi Hiraga , Tadakatsu Inaoka , Kunihiro Katayama , Koji Shigeshima , Tomoyuki Kashiwa , Tomiko Miyazaki , Manabu Kiyooka , Hiroshi Kuriyama

    … 本研究では,下腿三頭筋に対するストレッチ効果にストレッチ時間が与える影響について検討した.対象は,健常学生4名である.ティルトテーブル上仰臥位にて,両側の膝関節伸展位での足関節背屈角度を測定した.ストレッチは,80°に設定したティルトテーブル上で立位をとらせ,足底板の背屈角度を自動関節可動域の+10°にに設定して実施した.2名の対象者には,これを15分間実施し(15分ストレッチ),残りの2名には30分間実施し …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 16, 35-37, 2015-03-31

    CiNii Fulltext PDF - Open Access 

  • 3

    The Preoperative Factors that Influence the Severity of Dynamic Equinus During Walking after Selective Hip Muscle Release Surgery in Ambulant Cerebral Palsy Patients  [in Japanese]

    KUSUMOTO Yasuaki , NITTA Osamu , MATSUDA Tadamitsu , NISHINO Nobumasa , MATSUO Sayaka , TAKAKI Kenji , WAKABAYASHI Chisato , TSUKUI Youhei , HOSHINO Haruka

    … 【結果】軽減群が非軽減群と比べ有意に膝窩角が小さく,膝関節屈曲位足関節背屈角度(以下,DKF)と膝関節伸展位足関節背屈角度(以下,DKE)との差の値が大きかった。 …

    The Journal of Japanese Physical Therapy Association 42(1), 35-41, 2015-02-20

    CiNii Fulltext PDF - Limited  Ichushi Web

  • 4

    Effect of Unweighting the Hind Limbs of Rats on Joint Contractures  [in Japanese]

    SATO Yuta , ONO Takeya , ISHIKURA Hideki , AIHARA Kazuki , MATSUMOTO Tomohiro , TASAKA Atsushi , OKI Sadaaki , UMEI Namiko , TSUMIYAMA Wakako

    … 有無により,対象の後肢を,無処置の対照群,関節固定のみ行う固定群,後肢懸垂のみ行う懸垂群,両方行う固定懸垂群に分けた.実験開始前と1週間後において,足関節背屈角度を測定した.〔結果〕1週間後において,足関節背屈角度の減少は,固定群と固定懸垂群に生じており,固定懸垂群の方が,固定群と比較して著明であった.〔結語〕下肢への非荷重は,関節固定により発生する関節拘縮 …

    Journal of exercise physiology 30(3), 409-412, 2015

    CrossRef

  • 5

    ボツリヌス療法とIVESを用いた歩行練習の併用効果:―歩行時の足関節角度に着目した1症例―  [in Japanese]

    若井 陽香 , 新岡 大和 , 上野 貴大 [他] , 山口 大輔 , 座間 拓弥 , 成尾 豊 , 鈴木 英二

    … 【結果】1週後は,ROM・MASが改善し,立脚後期・遊脚中期の足関節背屈角度が増大した。 … 1ヵ月後はROM・MASが維持され,立脚後期・遊脚中期の足関節背屈角度は更に増大した。 …

    Saitama rigakuryoho 22(1), 63-66, 2015

    CrossRef

  • 6

    The relatiopnship between ankle joint flexobility and corrective force in range of motion measurement  [in Japanese]

    Yasushi Hiraga , Kunihiro Katayama , Koji Shigeshima , Tadakatsu Inaoka , Tomoyuki Kasiwa , Tomiko Miyazaki , Manabu Kiyooka , Hiroshi Kuriyama , Hiroshi Yamasaki , Chise Ueta

    本研究では,足関節背屈方向への柔軟性の相違が徒手矯正力に与える影響について検討した. 可動域を測定する対象者は,理学療法士養成課程にある4年次生10名である.模擬患者は,背屈方向に良好な柔軟性を持つA(背屈可動域右23度,左25度)と不良なB(可動域右7度,左7度)とした.対象者には,模擬患者の踵部を把持し,その前腕で前足部を背屈方向に他動的に運動させ可動域終末まで追い込むよう指示した.背屈可動域 …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 15, 15-18, 2014-03-31

    CiNii Fulltext PDF - Open Access  IR

  • 7

    The Relationship between the Deep Squatting Test and range of motion of the ankle joint  [in Japanese]

    吉田 昌弘 , 吉田 真

    北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要 (5), 37-42, 2014

  • 8

    Effect of Static and Dynamic Stretching on H Wave and Muscle Blood Flow in the Soleus  [in Japanese]

    NOGUCHI Ayari , SUGAWARA Kazuhiro , MASAKI Yukako , KUSHIDA Ayumi

    … stretching;DS)後のa運動ニューロンの興奮性と筋血流動態の経時的変化を調査した.〔対象〕健常成人20名.〔方法〕ストレッチング前(pre),直後(post 1),5分後(post 2),10分後(post 3)に足関節背屈角度,H波およびM波振幅,ヒラメ筋血流量を計測した.〔結果〕SS,DSともに背屈角度が増大した.H波振幅はSSで減少傾向を示したが,DSではpost 1からpost 2,3にかけて有意に増大した.ヒラメ筋血流量はとも …

    Journal of exercise physiology 29(2), 219-223, 2014

    CrossRef

  • 9

    Effectiveness of Transcutaneous Xenon Light Irradiation of Skeletal Muscle as a Pretreatment of Muscle Stretching  [in Japanese]

    SAITO Shigeki , YOSHIDA Hideki , MAEDA Takaya , SATO Nanako , SATO Yui , OKAMOTO Natsuko , ICHINOHE Nodoka , OSANAI Taro , NARITA Kazuki , HARA Kanshu

    … およびXe-LITSを伴わない10分間の安静腹臥位保持(コントロール)を日を改めて実施し,それぞれの実施前後での足関節背屈角度と下腿三頭筋の筋硬度を検討した.〔結果〕下腿三頭筋の筋硬度については,Xe-LITSおよびコントロール実施前後での有意な減少が認められたが,足関節背屈角度の有意な増加を引き起こし得たのはXe-LITSのみであった.〔結語〕本研究結果は,骨格筋へのXe光照射のストレ …

    Journal of exercise physiology 29(5), 703-707, 2014

    CrossRef

  • 10

    Effects of the Ballistic Stretching on the Muscle and Tendon of the Gastrocnemius Muscle  [in Japanese]

    HAYAKAWA Shozo , TERADA Shigeru , MIAKI Hiroichi

    … 位置を超音波診断装置を用いてストレッチング前後で計測した.自然立位中のMTJ位置とストレッチング前後のMTJ位置との差を筋伸張量として規定し,腱伸張量は推定した筋腱複合体の伸張量と筋伸張量から算出した.〔結果〕足関節背屈角度はBS後に有意に増加した.筋伸張量,腱伸張量はBS前後で有意差は認められなかった.〔結語〕本研究のBSにおける筋活動レベルでは形態的変化にまで至らないことが示唆された. …

    Journal of exercise physiology 29(3), 443-447, 2014

    CrossRef

  • 11

    The Relationship between the Deep Squatting Test and range of motion of the ankle joint  [in Japanese]

    吉田 昌弘 , 吉田 真

    北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要 5, 37-42, 2014

    IR

  • 12

    The Relationship between the Deep Squatting Test and range of motion of the ankle joint  [in Japanese]

    YOSHIDA Masahiro , YOSHIDA Makoto

    北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要 5, 37-42, 2014

    CiNii Fulltext PDF - Open Access 

  • 13

    The influence of manual orthodontic force on dorsiflexion angle of ankle joint  [in Japanese]

    山崎 裕司 , 山崎 誠也 , 栗山 裕司 , 稲岡 忠勝 , 宮崎 登美子 , 柏 智之 , 中野 良哉 , 清岡 学

    本研究では,矯正力の違いが足関節背屈可動域に与える影響と徒手矯正力のばらつきについて調査した. <実験1:矯正力と足関節背屈可動域の関連> 対象は,12名の健常者である.4種類の矯正力を加えた際の背屈可動域を比較した. 矯正力5.0,7.5,10.0,12.5kgfにおける足関節可動域は,それぞれ9.8±5.0度,12.6±4.4度,16.0±4.7度,20.0±4.5度であり,有意差 …

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute 14, 39-41, 2013-03-31

    IR

  • 14

    Conditioning and flexibility test in the fencer : Result of educational self-conditioning  [in Japanese]

    伊藤 マモル , Ito Mamoru PhD , 上岡 尚代 , Kamioka Naoyo , 山本 利春 , Yamamoto Toshiharu PhD , 朝比奈 茂 , Asahina Shigeru PhD , 和田 武真 , Wada Takemasa , 藤野 大樹 , Fujino Daiki , 泉 重樹 , Izumi Shigeki

    … 柔軟性テストは、踵臀間距離(HBD)、指椎間距離(FVD)、下肢伸展拳上角度(SLR)、体幹捻転膝床間距離(TOT)、足関節背屈角度(AJD)の 5 項目を用いて、次のような結果が得られた。 …

    法政大学体育・スポーツ研究センター紀要 31, 25-33, 2013-03-31

    IR Ichushi Web

  • 15

    The influence of manual orthodontic force on dorsiflexion angle of ankle joint  [in Japanese]

    Hiroshi Yamasaki , Masaya Yamasaki , Hiroshi Kuriyama , Tadakatsu Inaoka , Tomiko Miyazaki , Tomoyuki Kashiwa , Yoshiya Nakano , Manabu Kiyooka

    本研究では,矯正力の違いが足関節背屈可動域に与える影響と徒手矯正力のばらつきについて調査した. <実験1:矯正力と足関節背屈可動域の関連> 対象は,12名の健常者である.4種類の矯正力を加えた際の背屈可動域を比較した. 矯正力5.0,7.5,10.0,12.5kgfにおける足関節可動域は,それぞれ9.8±5.0度,12.6±4.4度,16.0±4.7度,20.0±4.5度であり,有意差 …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 14, 39-41, 2013-03-31

    CiNii Fulltext PDF - Open Access  Ichushi Web

  • 16

    The relationship between ankle joint flexibility and corrective force in range of motion measurement  [in Japanese]

    平賀 康嗣 , 片山 訓博 , 重島 晃史 [他]

    高知リハビリテーション学院紀要 15, 15-18, 2013

  • 17

    足関節背屈角度が着地時の下肢各関節に与える影響  [in Japanese]

    内野 翔太 , 大森 茂樹 , 河原 常郎 , 土居 健次朗 , 倉林 準 , 門馬 博 , 八並 光信

    … 着地動作の先行研究は、足関節背屈角度に着目したものは少ない。 … 本研究は、足関節背屈角度と着地時の下肢各関節に与える影響を検証することで、障害予防の一助とすることを目的とした。 … 足関節背屈角度は27.4±7.8°であり、35.2°以上をA群(2肢)、35.6°未満19.6°以上をB群(17肢)、19.6°未満をC群(3肢)と分類した。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2012(0), 48102176-48102176, 2013

    CrossRef

  • 18

    高齢障害者の生活状況と足関節背屈制限の関係  [in Japanese]

    小倉 正基 , 今枝 裕二 , 阿部 光 , 富田 正身 , 福田 卓民

    足関節背屈角度は膝屈曲時および伸展時ともにA群とB群、B群とC群との比較において有意に減少していた。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2012(0), 48102095-48102095, 2013

    CrossRef

  • 19

    片脚着地動作時における膝関節外反に与える因子の検討:~筋力・可動域を中心に~  [in Japanese]

    宮本 謙司 , 小川 千津子 , 大見 頼一 , 長妻 香織 , 尹 成祚 , 川島 達宏 , 栗原 智久 , 土井 朋美 , 加藤 宗規

    … 女子バスケットボール部所属選手、14名28肢(18~20歳:平均年齢18.2±0.6歳).測定項目は,関節可動域測定(伸展位股関節内旋・外旋角度)(屈曲位股関節内旋・外旋角度)(膝伸展位/屈曲位/荷重下・足関節背屈角度).下肢筋力測定:等速性筋力測定機を用い実施(膝伸展・屈曲・片脚スクワット・両足スクワット).等尺性筋力測定を、徒手筋力測定器を用い実施(股関節外転、外旋、開排).片脚着地動作は三 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2012(0), 48101971-48101971, 2013

    CrossRef

  • 20

    ハムストリングスの選択的疲労が着地動作に及ぼす影響  [in Japanese]

    西村 里穂 , 大塚 直輝 , 斎田 高介 , 小山 優美子 , 市橋 則明

    … 片脚着地動作では,疲労後ICにて足関節背屈角度(p<0.01)が有意に増大した。 … 【考察】 本研究ではIC、MGRF、MKFで股関節屈曲角度・モーメント、足関節背屈角度・モーメントが有意に増加したが、特にACL損傷の危険因子とされている膝関節外反角度・モーメント、GRF、大腿四頭筋の筋活動の有意な増加は見られなかった。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2012(0), 48101916-48101916, 2013

    CrossRef

Related Authors