検索結果 545件中 1-20 を表示

  • An Unreported Asian Dust (Kosa) Event in Hokkaido, Japan: A Case Study of 7 March 2016

    Yasunari Teppei J. , Niwano Masashi , Fujiyoshi Yasushi , Shimizu Atsushi , Hayasaki Masamitsu , Aoki Teruo , da Silva Arlindo M. , Holben Brent N. , Matoba Sumito , Murao Naoto , Yamagata Sadamu , Kim Kyu-Myong

    … We investigated whether this event was an Asian dust (Kosa) transport or not with the ground-based observations in Sapporo and Takikawa in Hokkaido and NASA's MERRA-2 re-analysis data. … We concluded that this event was judged as an Asian dust (Kosa) event in Hokkaido starting from the early afternoon, which was, however, not reported by Japan Meteorological Agency (JMA) based on their visible observations. …

    SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere) 13, 96-101, 2017-06-01

    機関リポジトリ DOI

  • 青木誠四郎の「考査」論の到達点と課題

    市川 和也

    関西教育学会研究紀要 (17), 17-32, 2017

  • 大気浮遊土壌粒子の観測と中国の黄砂発生状況

    香川 雅子 , 横山 貴普 , 澤 龍 , 陶山 俊輔 , 松井 一樹 , 長谷川 博一 , 中村 周平 , 市川 陽介 , 荒井 綾香 , 堀井 真奈 , 上原 純 , 棚瀬 敏哉 , 石垣 智 , 永田 晃大 , 小野木 航 , 今井 茜 , 水野 貴仁 , 篠田 佳奈子 , 壁谷 春奈 , 辻 一海 , 中西 亮太 , 佐藤 節子

    岐阜大学教育学部研究報告. 自然科学 41, 45-55, 2017

  • しょうゆと郷土料理の相性に関する研究(第二報)ー九州ー

    武田 珠美 , 木本 いつか , 大友 裕絵 , 牛尼 翔太 , 今村 美穂

    【目的】北海道、関東および九州の郷土料理に3地域のしょうゆを使って、しょうゆが郷土料理の嗜好性および食後の印象に影響をもたらすかを調べた。しょうゆと郷土料理に相性があるか、あるとすればどれくらいの年齢からかを明らかにすることを目的とした。<br />【方法】試料は郷土料理を熊本の「だご汁」、3地域共通の料理を冷奴とした。しょうゆは3地域でよく使用されている、北海道(A・B)、関東(A・ …

    日本調理科学会大会研究発表要旨集 29(0), 46, 2017

    J-STAGE

  • 立山における粗大粒子体積濃度から見た黄砂飛来頻度の季節変化

    長田 和雄 , 清水 厚 , 飯田 肇 , 木戸 瑞佳

    … In order to obtain a seasonal variation of Asian dust (Kosa) transport frequency over Japan, the number–size distribution of atmospheric aerosol particles was measured using an optical particle counter (OPC) at Mt. Tateyama during 2004–2014. … <br/>The dust event days per month at Mt. Tateyama were frequently detected in spring but not found in September, showing a similar seasonality of Kosa events based on the visibility reduction at meteorological observatories. …

    エアロゾル研究 32(1), 44-51, 2017

    J-STAGE

  • TSUNAMI FORCE ACTING ON BRIDGE GIRDERS

    MARUYAMA Kyuichi , HOSODA Akira , TANAKA Yasushi , KOSA Kenji , ARIKAWA Tarou , MIZUTANI Norimi

    … For damage analysis of bridge girders, Prof. Kosa's method was introduced to see whether bridges were washed away or not by tsunami. …

    Journal of JSCE 5(1), 157-169, 2017

    J-STAGE

  • 鉄筋損傷の再現とコンクリート内部のひび割れ観察に基づくASR劣化進展

    上原 伸郎 , 幸左 賢二 , 益田 紘孝 , 上園 祐太

     ASR劣化による外観と内部のひび割れ,および鉄筋損傷との関係性を求めるため,主鉄筋と帯鉄筋を配筋した複数のASR供試体を屋外暴露に供し,著しい劣化に進展した供試体を主な検討対象として,詳細な観察と分析を行った.その結果,外観ひび割れは,コンクリート表面に垂直かつ帯鉄筋深さで収束する特徴を有し,内部ひび割れは,鉄筋拘束の影響を受けた多様な方向性を持つ短いひび割れとして発生する傾向を示した.鉄筋が破 …

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造) 73(1), 1-15, 2017

    J-STAGE

  • 東日本大震災における陸前高田地区の被害分析に基づく津波特性の評価

    佐々木 達生 , 幸左 賢二

     東北地方太平洋沖地震津波によって構造物の被害が甚大であった陸前高田市を対象として,橋梁に作用する際の津波形状をはじめとする津波特性の解明を目的として,画像解析と数値解析による津波シミュレーションを実施した.気仙川を遡上する津波の形状は波頭に2m程度の高さをもつ段波であるが,橋梁の上部構造には波頭通過後の1/100程度の水面勾配をもつ流れを主体とする作用であったと推察され,流速を用いた津波作用力を …

    土木学会論文集A1(構造・地震工学) 73(1), 54-68, 2017

    J-STAGE

  • Temporal Variation in Iron Flux Deposition onto the Northern North Pacific Reconstructed from an Ice Core Drilled at Mount Wrangell, Alaska

    Sasaki Hirotaka , Matoba Sumito , Shiraiwa Takayuki , Benson Carl S.

    … 0.05) and the total number of Kosa days observed in Japan (r = 0.64-0.66, p < …

    SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere) 12, 287-290, 2016-11-14

    機関リポジトリ DOI

  • 寒冷前線通過時にライダーで観測された黄砂層の光学特性

    白石 浩一 , 木附 雅貴 , 高島 久洋 , 水谷 耕平 , Shiraishi Koichi , Kizuki Masaki , Takashima Hisahiro , Mizutani Kohei

    福岡大学理学集報 = Fukuoka University science reports 46(1), 21-29, 2016-03

    機関リポジトリ

  • 阪神大震災を思い出して

    幸左 賢二

    コンクリート工学 54(10), 1073-1073, 2016

    J-STAGE

  • 2016 年熊本地震によって甲佐町府領に出現した微小な地表変状

    亀高 正男 , 佐護 浩一 , 新谷 俊一

    日本地質学会学術大会講演要旨 2016(0), 552, 2016

    J-STAGE

  • 高靱性セメント複合材と高強度鉄筋を併用したRC橋脚の終局挙動評価

    佐藤 崇 , 幸左 賢二 , 溝上 瑛亮

    The authors executed cyclic loading test to investigate the deformation capacity of RC column by using high strength reinforcement (SD490) and high ductility cement. Comparing these types of RC column …

    構造工学論文集 A 62A(0), 804-813, 2016

    J-STAGE

  • Analytical evaluation of movement behavior for specimens simulating ASR

    Zheng Yulong , Kosa Kenji , Uehara Nobuo

    To estimate the behavior of stirrup, which is significant for the fracture around stirrup due to ASR, specimen with expansive mortar cast into the frame of ordinary concrete is conducted. Besides, to …

    構造工学論文集 A 62A(0), 814-826, 2016

    J-STAGE

  • 陸前高田地区で見られた波形状に着目した橋桁作用力特性の検討

    田中 将登 , 幸左 賢二 , 佐藤 崇 , 佐々木 達生

    In order to find out the characteristic of force impacting on bridge girder, the steady flow combined with solitary wave experiment was carried out with a bridge girder model. As a result of the stand …

    構造工学論文集 A 62A(0), 384-393, 2016

    J-STAGE

  • Effect of pullout of longitudinal bar from footing in Full-scaled RC columns under E-Defense Excitation

    Gao Heng , Kosa Kenji , Sasaki Tatsuo

    Displacement of RC column is strongly effected base rotation induced by pullout of longitudinal bar from footing. To evaluate the effect of pullout, experimental data of full-scale RC columns (C1-1 an …

    構造工学論文集 A 62A(0), 303-313, 2016

    J-STAGE

  • 孤立波によって橋桁に生じる水平作用力と桁位置に関する実験的検討

    濱井 翔太郎 , 幸左 賢二 , 佐藤 崇 , 佐々木 達生

    Concentrating on the horizontal force produced when the solitary wave impacts on the bridge girder, plural pressure gauges are set around the girder model; the correlation between the wave pressure an …

    構造工学論文集 A 62A(0), 394-403, 2016

    J-STAGE

  • 日本で捕集した典型的な黄砂エアロゾルの化学組成

    西川 雅高 , 早崎 将光 , 森 育子 , 大西 薫 , 清水 厚 , 日下部 正和

    <p>日本に飛来した黄砂エアロゾルの化学組成には、発生源土壌由来成分と輸送過程で付加した化学成分が反映されている。本研究は、黄砂エアロゾル試料の多成分分析結果を基に、黄砂飛来判定に有用な特徴的成分を明らかにすることを目的とした。その成果は、輸送過程中に黄砂粒子に付加する成分の特定や挙動解析にも役立つはずである。2001年以降、ハイボリュームサンプラーで黄砂現象中に大気粉じんを捕集してき …

    大気環境学会誌 51(5), 218-229, 2016

    J-STAGE

  • 東北地方太平洋沖地震津波の周期特性に着目した橋桁作用力特性の評価

    佐藤 崇 , 幸左 賢二 , 山内 邦博

     東北地方太平洋沖地震津波で観測された水位波形は8min以上の周期の津波であり,既往の段波実験や孤立波実験に比べ長周期の津波であった.そこで長周期の津波を対象とした水理実験を実施し作用力特性を分析した.その結果,橋桁に作用する水平作用力は10.3N,流速を用いた抗力型の式で評価した場合の水平作用力は8.3Nとなり2割ほど作用力を小さく評価する可能性があることがわかった.これは,桁の下流側では上流側 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 72(2), I_997-I_1002, 2016

    J-STAGE

  • 久慈港における津波特性の評価

    中城 拓也 , 幸左 賢二 , 佐藤 崇

     本研究では,久慈湾に襲来した津波の状況を把握することを目的に,波浪計の観測値および空撮画像を用いて,湾に襲来した津波の伝搬過程を明らかにした.この結果,沖25kmに位置する岩手北部沖GPS波浪計と沖6kmに位置する久慈港波浪計では,1/4波長はそれぞれ5600mと1800m,最大水位は4.0m,5.1mとなった.次いで,久慈湾へ進行した第1波目の津波は,海岸線から3200m位置で小規模な波峰線が …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 72(2), I_1033-I_1038, 2016

    J-STAGE

ページトップへ