検索結果 1件中 1-1 を表示

  • 植物起源のモノハロメタンとその生成機構

    伊藤 伸哉 , 谷口 友一 , 大沢 登

    モノハロメタンは海洋および土壌圏から放出されているハロゲン化合物であるが,その起源,生成量,生合成機構および生理的意義は不明な点が多く残されている。モノハロメタンの一種である臭化メチルは土壌燻蒸剤として長く使用され,現在オゾン層破壊物質としてその使用が禁じられている。また塩化メチルは大量に対流圏に存在している。我々は,亜熱帯および温帯域の海洋沿岸に植生する植物さらにアブラナ科植物などの重要作物から …

    富山県立大学紀要 12, 54-60, 2002-03-29

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ