検索結果 1件中 1-1 を表示

  • 平成19年度能登半島地震の地震動特性と現地調査の相対的比較

    荒井 涼

    2007/3/25 9:42能登半島門前沖を震源とするM6.9の強震動が発生し、輪島・富来・穴水地区そして、その周辺地区に大被災を与えた。特に農林水産関係の暫定被災額は140億といわれている。ここでは本震および余震群の地震動特性をフーリエスペクトル、粒子速度軌跡などによって表した。その結果、穴水(旭ヶ丘)では特長的なスペクトルが示され、本震の輪島(河井)・富来(志賀)では速度ベクトルが大きいこと、 …

    富山県立大学紀要 18, 78-83, 2008-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ