Search Results:  1-20 of 21532

  • 1

    Endocannabinoid-mediated retrograde modulation of synaptic transmission

    Ohno-Shosaku Takako , Kano Masanobu

    … The endocannabinoid system can be up- or down-regulated by a variety of physiological and environmental factors including stress, which might be clinically important. …

    Current Opinion in Neurobiology 29(xxx), xx-xx, 2014-12

    IR CrossRef

  • 2

    FLAG: Lifelog aggregation system that was centered on position information  [in Japanese]

    笠井昭範 , 原直 , 阿部匡伸

    GPS による位置情報を用いたアプリケーションやサービスが広く普及している.本研究では,GPS から取得した位置情報をもとに,様々なライフログを集約するシステム FLAG を開発した.FLAG では位置情報を滞在地と移動経路に分類して管理を行う.分類した位置情報は地図とタイムテーブル上に可視化され,滞在地にはユーザごとに個別の名称を登録する機能を設けた.また,様々なライフログを集約する例として T …

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2014-UBI-43(6), 1-6, 2014-07-21

    Information Processing Society of Japan

  • 3

    Open-domain Language Model Construction for Speech Driven Question Answering Employing Expansion with Similar Nouns  [in Japanese]

    Istvan Varga , Kiyonori Ohtake , Kentaro Torisawa , Stijn DeSaeger , Teruhisa Misu , Shigeki Matsuda , Jun'ichi Kazama

    本論文では,オープンドメイン音声質問応答システム「一休」で用いる音声認識 言語モデル構築手法を提案する.「一休」は,幅広いトピックの比較的短い質問文をスマートフォン経由でユーザから受け取り,大規 模なWWWコーパスから答えを探して出力する.オープンドメインの質問を正確に音声認識することを可能にする言語モデルの構 築が課題となる.既存のドメインアダプテーションの手法と,名詞の分布類似度に基づくシード …

    IPSJ Journal 55(7), 1695-1705, 2014-07-15

    Information Processing Society of Japan

  • 4

    Pre-query Storage Tiering by Exploring RDBMS Query Execution Plan  [in Japanese]

    Keiichi Matsuzawa , Shinichi Hayashi , Toshio Otani , Masaaki Iwasaki

    ストレージ階層制御は,複数の記憶デバイスを使い分け,高頻度でアクセスされる一部のデータをSolid State Drive(SSD)のような高性能な記憶デバイスに配置することでアプリケーションの実行速度を向上する技術である.ストレージ階層制御の効果は,高頻度でアクセスされるデータをいかに適切に選択し,SSDに配置するかで決定される.本論文では,Relational Database Managem …

    IPSJ Journal 55(7), 1637-1644, 2014-07-15

    Information Processing Society of Japan

  • 5

    Grobner Basis of Non-Negative Matrix Factorization and Feature Extraction of Cross-Site Scripting Attacks

    Takeshi Matsuda

    … In this paper, we investigate on an affine algebraic variety of NMF, and propose the feature extraction method of cross-site scripting attacks. …

    IPSJ SIG Notes 2014-MPS-99(5), 1-4, 2014-07-14

    Information Processing Society of Japan

  • 6

    MDD for Smartphone Application with Smartphone Feature Specific Model and GUI Builder  [in Japanese]

    Koji Matsui , Saeko Matsuura

    スマートフォンは,フィーチャーフォンや PC とは異なる 3 つの新しい特長を持っている.1 つ目はセンサ・GPS 等による多様な入力,2 つ目はタッチパネルによる高度な操作性,3 つ目は外部アプリケーションと容易に連携できる仕組みを持っている事である.それらの特長を活用する事で,革新的かつ便利なサービスを提供する事ができる.そこで本研究では,スマートフォンの高度な機能を活用したアプリケーションを …

    IPSJ SIG Notes 2014-SE-185(10), 1-6, 2014-07-02

    Information Processing Society of Japan

  • 7

    サイエンスカフェの試み

    赤澤 孝 , Akazawa Takashi , 野田 郁美 , Noda Ikumi

    … Therefore we have started the Science Café at FUT, where they can conduct a variety of simple experiments and enjoy interesting lectures which can excite and stimulate their scientific minds. …

    福井工業大学研究紀要, 430-437, 2014-06-27

    IR

  • 8

    Significance of Bridging Real-world Documents and NLP Technologies  [in Japanese]

    Tadayoshi Hara , Goran Topic , Yusuke Miyao , Akiko Aizawa

    自然言語処理 (NLP) ツールの多くが入力として平文テキストを前提とする一方で,実文書中のテキストは多様なレイアウト,文構造,埋め込みのオブジェクトなどによって,より表現豊かに表示されている.このようなテキストを NLP ツールで解析する際には,ツールの利用者が対象テキストをツールに合った入力形式に変換しなければならない.また,利用者の不慣れな変換作業によって得られた入力を用いたところで,そのツ …

    IPSJ SIG Notes 2014-NL-217(3), 1-9, 2014-06-26

    Information Processing Society of Japan

  • 9

    Privacy Enhancing Proxies in a Federation: Agent Approach and Cascade Approach (Preprint)

    Hiroyuki Sato , Yasuo Okabe , Takeshi Nishimura , Kazutsuna Yamaji , Motonori Nakamura

    … Today, there are considered a wide variety of privacy usages for business, and because such scenarios have their own problems which must be separately solved, uniform "privacy aware technologies" are hard to conceive. …

    IPSJ Journal 55(6), 2014-06-15

    Information Processing Society of Japan

  • 10

    A case of organic mental disorder of juvenile showed a variety of symptoms  [in Japanese]

    吉田 司 , 谷井 久志 , 大山 慶子 [他]

    精神科 24(6), 709-716, 2014-06

  • 11

    Back to Basics(No.83)Plant Breeder's Rights in Plant Variety Protection System  [in Japanese]

    山村 大介

    知財管理 = Intellectual property management 64(6), 936-942, 2014-06

  • 13

    Automatic interpretation and writing report of the adult waking electroencephalogram.

    Shibasaki Hiroshi , Nakamura Masatoshi , Sugi Takenao , Nishida Shigeto , Nagamine Takashi , Ikeda Akio

    … Automatic interpretation of the EEG has so far been faced with significant difficulties because of a large amount of spatial as well as temporal information contained in the EEG, continuous fluctuation of the background activity depending on changes in the subject's vigilance and attention level, the occurrence of paroxysmal activities such as spikes and spike-and-slow-waves, contamination of the EEG with a variety of artefacts and the use of different recording electrodes and montages. …

    Clinical neurophysiology 125(6), 1081-1094, 2014-06

    IR CrossRef

  • 14

    The Typological Significance of Japanese Compound Verbs  [in Japanese]

    KAGEYAMA Taro

    日本語の語形成の中でも言語類型論の観点から注目される2種類の複合動詞-名詞+動詞型と動詞+動詞型-の性質を述べた。名詞+動詞型の複合動詞については,時制付きの定形文では生産性が低いが,動詞が時制のない非定形になると生産性が増すことを指摘した。これは,複統合型言語の名詞抱合には見られない制約である。他方,動詞+動詞型複合動詞の特異性は,前項動詞が後項動詞を意味的に修飾する「主題関係複合動詞」ではなく …

    NINJAL project review 5(1), 8-18, 2014-06

    CiNii Fulltext Link

  • 15

    Learning and Thinking Method to Automatically Generate Inspirations.  [in Japanese]

    Kimiaki Tokumaru

    筆者は 2 年前の本研究会で 「読書による学際的言語情報処理:自分の知らない概念・情報・高次概念はどのようにして言語情報から獲得すればよいのか」 について発表し,インターネットのおかげで,ウェブ検索や人力検索を通じて,自分の知らない知識へのアクセスが可能になったことを報告した (1).今回は,それらの知識を自分のものにすることによって,ひらめきが生まれるプロセス,学習法について検討する.筆者が 2 …

    IPSJ SIG Notes 2014-CH-102(1), 1-9, 2014-05-24

    Information Processing Society of Japan

  • 16

    A Study on High Throughput Satellite System Architecture in a Variety of Traffic Demand  [in Japanese]

    谷 重紀 , 元吉 克幸 , 藤村 明憲 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(27), 57-62, 2014-05-15

  • 17

    A Study of Multi-protocol Control Method for Device Functions Virtualization  [in Japanese]

    Takeshi Matsumoto , Yoshihisa Ito , Takuya Murayama , Yukio Koike , Hiroaki Kawata , Toru Nakanishi

    近年,M2M の普及が期待されており,我々はクラウドから簡単に M2M デバイスにアクセス可能な WEB サービスを安価に構築するためのデバイス機能仮想化システムを検討している.システム実現にむけた課題の一つとして,様々なプロトコルに対応した大量なデバイスへの対応がある.そこで,本稿では多種で多量なデバイスへの対応を実現するシステム要件の検討を行い,OSGi によって多様なプロトコルへの柔軟な対応 …

    IPSJ SIG Technical Reports 2014-IOT-25(21), 1-6, 2014-05-15

    Information Processing Society of Japan

  • 18

    A Study of Multi-protocol Control Method for Device Functions Virtualization  [in Japanese]

    Takeshi Matsumoto , Yoshihisa Ito , Takuya Murayama , Yukio Koike , Hiroaki Kawata , Toru Nakanishi

    近年,M2M の普及が期待されており,我々はクラウドから簡単に M2M デバイスにアクセス可能な WEB サービスを安価に構築するためのデバイス機能仮想化システムを検討している.システム実現にむけた課題の一つとして,様々なプロトコルに対応した大量なデバイスへの対応がある.そこで,本稿では多種で多量なデバイスへの対応を実現するシステム要件の検討を行い,OSGi によって多様なプロトコルへの柔軟な対応 …

    IPSJ SIG Notes 2014-CSEC-65(21), 1-6, 2014-05-15

    Information Processing Society of Japan

  • 19

    Neuronal specializations for the processing of interaural difference cues in the chick.

    Ohmori Harunori

    … In this pathway a variety of specializations are found in synapse morphology, neuronal excitability, distribution of ion channels and receptors along the tonotopic axis, which reduces spike timing fluctuation in the ANFs-NM synapse, and imparts precise and stable ITD processing to the NL. …

    Frontiers in neural circuits 8, 2014-05-09

    IR CrossRef

  • 20

    Let's Give a Lecture! A Variety of Modern Kimonos(4)Beauty of Kimonos Expressing the Best of Dyeing and Weaving  [in Japanese]

    鳥居本 幸代

    繊維製品消費科学 = Journal of the Japan Research Association for Textile End-uses 55(5), 326-333, 2014-05