検索結果 59件中 1-20 を表示

  • 1 / 3
  • クラスター分析およびCWT解析を用いた東京のPM<sub>2.5</sub>質量濃度の増加に影響を及ぼす地域の推定

    工藤 慎治 , 飯島 明宏

    <p>PM<sub>2.5</sub>による大気汚染では、発生源からの局所的な影響に加え、越境大気汚染のような広域的な影響によってPM<sub>2.5</sub>が増加する場合がある。また、PM<sub>2.5</sub>の高濃度化現象は地形や気象条件の影響も受けるため、これらのさまざまな要因を考慮する必要がある。 …

    大気環境学会誌 52(3), 89-99, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 2012年に東大阪市で捕集された黄砂粒子の起源解析

    中口 譲 , 藤原 司 , 前田 孝平 [他] , 武田 光市 , 佐野 到

    … [Abstract] In recent years, the cross-boundary air pollution from the eastern Asian continent to Japan Island becomes serious problem. … The grasp of the concentration of pollutant adsorbed Asian dust particle and the clarification of the origin are important. …

    Science and technology = 理工学総合研究所研究報告 (27), 65-70, 2015-02

    機関リポジトリ

  • 山口県山陽小野田市における大気中粒子状物質の主要無機イオン成分分析

    浅野 比 , 長谷川 貴司 , 白石 幸英

    … Atmospheric particulate matter was collected so as to investigate inorganic ion components (SO<sub>4</sub><sup>2−</sup>, NO<sub>3</sub><sup>−</sup>, NH<sub>4</sub><sup>+</sup>, Na<sup>+</sup>, Cl<sup>−</sup>, K<sup>+</sup>, Mg<sup>2+</sup>, and Ca<sup>2+</sup>) from March 2013 to February 2014 in SanyoOnoda, Yamaguchi, Japan. …

    分析化学 64(10), 775-782, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 富士山体を利用した夏季自由対流圏におけるガス状水銀の観測:2014年夏季集中観測結果

    小川 智司 , 大河内 博 , 緒方 裕子 [他] , 梅沢 夏実 , 三浦 和彦 , 加藤 俊吾

    自由対流圏高度の大気中ガス状元素態水銀 (Gaseous Elemental Mercury; GEM) のバックグランド濃度と越境大気汚染の影響を明らかにすることを目的として、自由対流圏高度に位置する富士山頂(標高3776 m)で2014年7月14日から20日、8月22日から25日に集中観測を行った。また、大気境界層上部の富士山南東麓太郎坊(標高1284 m)、地上部都市域の新宿、地上部郊外域の …

    大気環境学会誌 50(2), 100-106, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 無機元素濃度等からみたアジア大陸からの越境大気汚染の影響について

    菊野 裕介 , 河野 明大 , 玉城 武尚 [他]

    徳島県立保健製薬環境センター年報 = Annual report of Tokushima Prefectural Public Health, Pharmaceutical and Environmental Sciences Center (4), 42-45, 2014

    医中誌Web

  • 琵琶湖北部の森林流域から流出する硫酸イオンの動態と起源解析

    中澤 暦 , 堀江 清悟 , 永淵 修 [他] , 尾坂 兼一 , 西村 拓朗

     近年,越境大気汚染が大きな社会問題となっているが,森林生態系における物質循環,渓流水質形成過程を解明するには,その発生源の推定が重要な課題の一つである。ここでは,硫黄酸化物について中国大陸に近い琵琶湖北部の2森林流域を選定し流域に沈着し流出する硫酸イオン(SO<sub>4</sub><sup>2-</sup>)の起源を検討するために降水と渓流水のS …

    陸水学雑誌 76(1), 11-23, 2014

    日本農学文献記事索引 J-STAGE

  • 九州・山口地方における有害大気汚染物質1,2-ジクロロエタン濃度の経年変化への長距離越境大気汚染の影響

    村岡 俊彦 , 古澤 尚英 , 今村 修 [他] , 北岡 宏道

    大気汚染防止法に基づく有害大気汚染物質の九州・山口地方でのモニタリング調査において、経年的な濃度増加傾向の可能性が見られた1,2-ジクロロエタンについて、その経年変化に対する大陸越境移流の影響に関する解析を行った。九州・山口地方の低濃度地点の経年変化は、2004年度頃から明らかな上昇傾向を示し、また他地域の経年変化よりも増加傾向が大きかった。また、後方流跡線より、各地点の調査日を気塊の大陸経由の有 …

    大気環境学会誌 49(4), 187-197, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • Air Pollution with Particulate Matter and Mutagens: Relevance of Asian Dust to Mutagenicity of Airborne Particles in Japan

    Watanabe Tetsushi , Hasei Tomohiro , Kokunai Osamu [他] , Coulibaly Souleymane , Nishimura Sachi , Fukasawa Moe , Takahashi Ryohei , Mori Yasuko , Fujita Kosuke , Yoshihara Yuri , Miyake Yumi , Kishi Akane , Matsui Motoki , Ikemori Fumikazu , Funasaka Kunihiro , Toriba Akira , Hayakawa Kazuichi , Arashidani Kei-ichi , Inaba Yohei , Sera Nobuyuki , Deguchi Yuya , Seiyama Tetsurou , Yamaguchi Takako , Watanabe Masanari , Honda Naoko , Wakabayashi Keiji , Totsuka Yukari

    … To reveal the contamination levels of ambient air with particulate matter and mutagens in Japan and the influence of their long-range transport from the Asian continent, we collected airborne particles at 10 sites, from rural sites to metropolitan areas, in central and western areas of Japan for a year, from July 2008 to June 2009. …

    Genes and Environment 36(3), 120-136, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • <b>PM</b><b><sub>2.5 </sub></b><b>および健康影響が懸念される粒子状物質のわが国風上域で </b><b>の動態 </b>

    兼保 直樹 , 佐藤 圭 , 高見 昭憲 [他] , 秀森 丈寛 , 松見 豊 , 山本 重一

    … In this paper, research studies on the long-range transport of particulate air pollutants such as PM<sub>2.5</sub> …

    エアロゾル研究 29(S1), s82-s94, 2014

    J-STAGE

  • Long-range transportation and deposition of chemical substances over the Northern Japan Alps mountainous area

    TOYAMA KAZUHIRO , ZHANG JING , SATAKE HIROSHI

    The chemical compositions in the snow layers of vertical snow samples collected from six sites in the central mountainous area, Japan, during early spring 2004 were analyzed to investigate the long-range transportation of chemical substances from the Asian continent to the high mountainous areas in Japan. …

    GEOCHEMICAL JOURNAL 47(6), 683-692, 2013

    J-STAGE

  • 九州中部の山岳における光化学オキシダント濃度の挙動および高濃度要因について

    村岡 俊彦 , 林 英明 , 豊永 悟史 , 北岡 宏道

    <tt>光化学オキシダント(以下「</tt>Ox<tt>」)濃度上昇要因とされている大陸越境移流,地域内汚染および成層圏オゾン沈降について,その各寄与の程度を観測により見積もることを目的として,</tt>2011 <tt>年度に九州中部に位置する標高</tt>930 m<tt>の阿蘇カルデラの外輪山にて自動計測器に …

    大気環境学会誌 48(2), 101-109, 2013

    J-STAGE

  • 大気エアロゾル中のイオン成分および無機元素成分の粒径別高時間分解能観測による黄砂と人為起源物質の越境輸送の詳細解析

    辻 昭博 , 日置 正

    2009 <tt>年</tt>12 <tt>月</tt>26 <tt>日、京都市内でエアロゾル化学成分の粒径別高時間分解能観測を行い、黄砂と人為起源物質の越境輸送過程を検討した。観測機器としてβ線式浮遊粉じん計(</tt>SPM-613D<tt>、紀本)を用い、</tt>PM<sub>2.5 …

    大気環境学会誌 48(2), 82-91, 2013

    J-STAGE

  • エアロゾル質量分析計により沖縄県辺戸岬において観測されたエアロゾル化学組成の特徴

    三好 猛雄 , 高見 昭憲 , 下野 彰夫 , 畠山 史郎

    沖縄県辺戸岬において、<tt>2003 </tt>年<tt>10 </tt>月から<tt>2004 </tt>年<tt>7</tt>月にかけて、エアロゾル質量分析計による大気エアロゾルの化学組成(対象とした成分は、アンモニウム、硝酸塩、硫酸塩、塩化物、有機物)および粒径分布の観測を行った。化学組成につい …

    大気環境学会誌 48(1), 1-11, 2013

    J-STAGE

  • 北東アジアにおけるPAHsの排出インベントリと大気モデル解析―BaPを例として―

    猪股 弥生 , 梶野 瑞王 , 佐藤 啓市 [他] , 黒川 純一 , 大泉 毅

    … Validities of RAQM2-POP and REAS-POP were confirmed by agreement with the other PAHs inventory in China and the observed PAHs concentrations in Northeast Asia. … On the other hand, those in summer were dominated by mobile sources in Japan. … Our modeling study demonstrated importance of transboundary air pollution from the Asian continent in winter Japan. …

    エアロゾル研究 28(1), 5-11, 2013

    J-STAGE

  • 沖縄辺戸岬での長期連続観測による越境大気汚染物質の経年変動

    重富 陽介 , 弓場 彬江 , 定永 靖宗 [他] , 高見 昭憲 , 畠山 史郎 , 加藤 俊吾 , 梶井 克純 , 竹中 規訓 , 坂東 博

    本研究では沖縄県辺戸岬にて総反応性窒素酸化物 (NO<SUB>y</SUB>) 等の観測データの経年変動について調査し、近年における越境汚染の影響の現状把握および評価を行った。観測は沖縄県辺戸岬の (独) 国立環境研究所 辺戸岬大気・エアロゾル観測ステーションにおいて行った。NO<SUB>y</SUB>, CO, PM<SUB>2.5&l …

    大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment 47(1), 45-50, 2012-01-10

    J-STAGE 参考文献17件 被引用文献1件

  • 富士山山頂における雲凝結核濃度の測定

    長谷川 朋子 , 三浦 和彦 , 飯沼 和久 [他] , 小林 拓

    … We continuously measured cloud condensation nuclei (CCN) concentration (<i>N</i><sub>CCN</sub>) with six different supersaturation conditions (SS=0.10, 0.17, 0.24, 0.31, 0.38, 0.44%) at the summit of Mt. Fuji from July. … Using backward trajectory analysis (NOAA HYSPLIT MODEL), types of air masses were classified according to the region and altitude. …

    エアロゾル研究 27(2), 189-196, 2012

    J-STAGE

  • 佐渡島と新潟県内陸の山岳におけるオゾン濃度の垂直変化と季節変動

    中田 誠 , 武 直子 , 仁平 聡 [他] , 大原 利眞 , 大泉 毅

    From April to November in 2008, we observed altitudinal and seasonal changes in the monthly mean ozone concentrations using passive samplers at two mountains in Niigata Prefecture: Mt. Bunagahira on Sado Island and Mt. Hakkai, located on the mainland. … The mean ozone concentrations at both mountains were the highest in spring (May), and decreased in summer. …

    環境化学 : journal of environmental chemistry 21(3), 237-243, 2011-09-20

    J-STAGE 参考文献23件

  • 東京多摩地域における春季のPM_<2.5>に与える長距離輸送の影響

    宮嶋 洋子 , 松田 和秀

    関東地域のPM<SUB>2.5</SUB>に与える長距離輸送の影響を調べることを目的として、東京の郊外に位置する多摩地域において、2010年2月20日から4月22日の間、PM<SUB>2.5</SUB>およびその無機イオン成分濃度の観測を実施した。PM<SUB>2.5</SUB>質量濃度の測定は、フィルター振動法(TEOM)に …

    大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment 46(2), 119-123, 2011-03-20

    J-STAGE 参考文献12件 被引用文献1件

  • PM_<2.5>の実態解明に向けて : 最近の研究と今後の課題

    伏見 暁洋 , 森野 悠 , 高見 昭憲 [他] , 大原 利眞 , 田邊 潔

    粒径2.5μm以下の粒子(PM<SUB>2.5</SUB>)に対する大気環境基準が、2009年9月に新たに設定された。PM<SUB>2.5</SUB>の濃度はSPMと同様に年々低下してきているが、都市部を中心にPM<SUB>2.5</SUB>の環境基準の達成は容易でなく、その実態を把握して効果的な対策を講じることが必要と …

    大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment 46(2), 84-100, 2011-03-20

    J-STAGE 参考文献147件 被引用文献1件

  • 沖縄辺戸岬で採取したエアロゾル中の低分子ジカルボン酸類の分布と季節変化

    クンワル バガワティ , 河村 公隆

    … They have strong impacts on radiative forcing of climate, human health effects, pollution transport, and visibility degradation. … Total dicarboxylic acids account for ˃10% of the total particulate carbon in the remote marine atmosphere. …

    日本地球化学会年会要旨集 58(0), 109-109, 2011

    J-STAGE

  • 1 / 3

ページトップへ