検索結果 3件中 1-3 を表示

  • 近自然水路工法における水収支の変化

    広瀬 慎一 , 岡田 晋

    富山県西部に位置する玄手川は、湧水の見られる農業用排水路であり、水生動植物が豊富である。江ザライ時の足場の安定化や水生動植物の保全のために水路底を平ブロックと枠ブロックとを交互に並べた近自然工法で施工し、川底のコンクリート率は約80%となった。しかし、玄手川の水は下流域において農業用水として使用されているため施工後も湧水が安定していることが望ましい。そこで、1995〜2002年にかけて路線水収支調 …

    富山県立大学紀要 16, 81-88, 2006-03-31

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 近自然水路工法と水生植物の回復

    広瀬 慎一

    富山県立大学紀要 13, 75-84, 2003-03

  • 玄手川水路底改修に伴う水生植物の回復

    広瀬 慎一

    従来の河川や水路の改修においては,水管理や江ザライの省力化を目的として,コンクリートを多用した底張りや護岸が行われてきた。そのため,改修工事を行なった水路で,水生動植物などの野生生物が減少・絶滅するという現象が起き,生物の多様性が危ぶまれるようになった。しかし近年,自然環境に対する社会的関心が高まり,治水・利水等の機能の維持と,河川・水路のもつ自然環境を調和させた生物のすみ易い近自然工法が注目され …

    富山県立大学紀要 11, 65-75, 2001-03-30

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ