検索結果 365件中 1-20 を表示

  • Characteristics and influencing factors of crop coefficient for drip-irrigated cotton under plastic-mulched condition in arid environment

    AI Zhipin , YANG Yonghui , WANG Qinxue , MANEVSKI Kiril , WANG Quan , HU Qiuli , EER Deni , WANG Jiusheng

    of a drip-irrigated and plastic-mulched cotton field in Aksu Oasis of the arid Tarim River Basin, China, and its relationships with several crop-, soil- and management variables such as relative growth days (RGD), leaf area index (LAI), extractable soil water (ESW), and irrigation, based on two years' observations. … varied within the range of 0.08‒1.28, with an average of 0.54 for the entire cotton growth season, in 2013 and 2014. …

    農業気象, 2018

    J-STAGE

  • 自発的関与による費用負担 : 自然保護・アメニティ保全を念頭に (特集 日本における環境経済学の到達点と課題)

    藤谷 岳

    … In this paper, I consider cost burdens of environmental conservation by voluntary involvement based on "intentional action" and "willing payment"from both the theory and the practical point of view and organize the tasks. … What has been considered mainly so far as a burden of expenses required to realize environmental conservation is "payment of consideration" as one rule based on the benefit principle. …

    一橋経済学 = Hitotsubashi economics 11(1), 47-56, 2017-07

    機関リポジトリ DOI

  • レセプターモデルを用いた熊本県におけるPM<sub>2.5</sub>発生源寄与の推定―離島との比較による越境/地域汚染の影響の解析―

    豊永 悟史 , 出納 由美子 , 北岡 宏道 , 村岡 俊彦

    <p>熊本県のPM<sub>2.5</sub>の主要発生源および越境/地域汚染の影響を把握するために、県内の道路沿道、都市、郊外に位置する5地点と清浄地域である長崎県の離島2地点のPM<sub>2.5</sub>成分調査結果にPositive Matrix Factorization (PMF) モデルとChemical Mass Bal …

    大気環境学会誌 52(5), 150-165, 2017

    J-STAGE

  • 液体クロマトグラフィータンデム質量分析による水道水中の臭素酸イオン分析条件の検討と妥当性評価

    小林 憲弘 , 小坂 浩司 , 浅見 真理 , 中川 慎也 , 木下 輝昭 , 高木 総吉 , 中島 孝江 , 古川 浩司 , 中村 弘揮 , 工藤 清惣 , 粕谷 智浩 , 土屋 かおり , 寺中 郁夫 , 若月 紀代子 , 加登 優樹 , 小関 栄一郎 , 井上 智 , 村上 真一 , 金田 智 , 関 桂子 , 北本 靖子 , 堀池 秀樹 , 米久保 淳 , 清水 尚登 , 髙原 玲華 , 齊藤 香織 , 五十嵐 良明

    水道水中の臭素酸イオン (BrO<sub>3</sub><sup>-</sup>) を既存の告示法よりも高精度かつ迅速・簡便に分析するために, LC/MS/MSによる測定方法を検討し, 臭素酸イオンを高感度に検出でき, さらに水道水中に含まれる他の陰イオンを良好に分離可能な測定条件を確立した。さらに, 本研究で確立した測定条件が全国の水道水に適用でき …

    水環境学会誌 40(6), 223-233, 2017

    J-STAGE

  • 初動期における景観マスタープランの策定方法に関する研究

    尾関 利勝 , 清水 裕之 , 宮脇 勝

    of initial period for a landscape master plan for a whole city area.<br> Although Municipal Landscape Policy is being conducted unifying under the Landscape Law today, before Nagoya city's approach, it was being conducted in a framework of individual law except it by municipal own ordinance.<br> In the approaches by municipal own ordinance until the 1970's, most cities such as Kanazawa city, Takayama city and Kyoto city had themes of historical environment

    日本建築学会計画系論文集 82(738), 1989-1998, 2017

    J-STAGE

  • 集約型都市構造シナリオの概要と温熱環境評価の導入

    高取 千佳 , 五十嵐 千寛 , 中浦 寛介 , 玄 英 麗

    …  Towards a population decline society along with the progress of low birthrate and longevity, the concept of a compact city is gathering attention for urban sustainability and a higher quality of life. … And various evaluation points such as infrastructure development, green conservation, and disaster mitigation/prevention are not considered enough in the policy level. …

    日本建築学会計画系論文集 82(737), 1735-1745, 2017

    J-STAGE

  • 既存の地域冷暖房と連携したスマートヒートグリッド(SHG)に関する研究

    永井 猛

    … Therefore, further promotion of energy conservation is necessary. … Community-wide energy utilization is one way to deal with it.<br> Smart Heat Grid (SHG)is a heat accommodation system between buildings with distributed energy systems.<br> Heat router is the core technical element of SHG. … The effectiveness of heat router was confirmed by 38 control experiments. …

    日本建築学会環境系論文集 82(737), 673-683, 2017

    J-STAGE

  • ライフラインの途絶に備えた対策がもたらす地域のレジリエンス向上効果の評価手法の提案

    大束 開智 , 伊香賀 俊治 , 村上 周三 , 工月 良太 , 川除 隆広

    …  In urban areas where population and city functions are aggregated, there are calls for the construction of business continuity districts, in which energy supply is secured in times of disaster. … A decentralized and self-reliant community-level energy network is expected to contribute to improving resilience and regional vitalization, as well as to reducing carbon emissions. …

    日本建築学会環境系論文集 82(735), 471-479, 2017

    J-STAGE

  • 伝統的コモンズとの比較からみる市民団体による都市近郊農地の維持管理活動の生成原理と社会的意義

    坂村 圭 , 中井 検裕 , 沼田 麻美子

    …  Recently, in the Japanese suburban farmland, a number of civil activities are being developed for the improvement of rural environment. … Although these activities are slightly different from managements by farmers, they are promoting the appropriate use and conservation of farmland for the sustainable management of common natural resources. …

    日本建築学会計画系論文集 82(734), 953-962, 2017

    J-STAGE

  • 圃場整備済区域内の不耕作地への農業参入の可能性に関する考察

    中野 崇志 , 山崎 義人 , 足立 徹

    …  The first purpose of this research is to clarify the relation between the situation of fallow farmlands in the settlement and community people's interest to entrants into agriculture. … The second purpose is to clarify what factors have affected the situation of fallow farmlands and interests to entrants. … Finally the author considered the possibility of entering into the agriculture. …

    日本建築学会計画系論文集 82(734), 963-973, 2017

    J-STAGE

  • タイの運河沿いの伝統的集落におけるホームステイへの改修による保存事業について

    スーブスク ナパーシニー , 中川 理

    …  Amphawa canal community is chosen for this paper to represent another idea of how community response to the change from the townscape preservation project of the traditional community. …

    日本建築学会計画系論文集 82(733), 817-825, 2017

    J-STAGE

  • 自然換気併用外気制御システムをもつ空調室の熱負荷計算法に関する研究

    郡 公子 , 石野 久彌 , 村上 周三

    … Natural ventilation may be carried out while spaces are conditioned by cooling equipment.<br> For simulation of natural ventilation, many conditions which must be satisfied for natural ventilation can be considered and the under limit of space air temperature is supposed to be controlled by regulating ventilation opening area. …

    日本建築学会環境系論文集 82(732), 175-181, 2017

    J-STAGE

  • 長野県における木製遮音壁のライフサイクルGHG排出量

    野田 龍 , 加用 千裕 , 山内 仁人 , 柴田 直明

    <p>日本における木製遮音壁の先進自治体である長野県において,同県で開発された2種類の木製遮音壁(カラマツ製,スギ製)とコンクリート製遮音壁を対象として,ライフサイクルにおける温室効果ガス(GHG)排出量を評価し,コンクリート製遮音壁を木製遮音壁に代替することによるGHG排出削減効果を明らかにした。その結果,評価期間30年における原材料調達から設置作業までのGHG排出量合計では,コンク …

    木材学会誌 63(1), 41-53, 2017

    J-STAGE

  • Exploring the potential of introducing technology innovation and regulations in the energy sector in China: a regional dynamic evaluation model

    YABAR Mostacero Helmut Friedrich , MIZUNOYA Takeshi , HIGANO Yoshiro

    … In this research we analyze the potential environmental and socio-economic benefits of introducing such regulations coupled with the promotion of advanced technological innovation for power generation. … We selected Chongqing city, one of the most polluted cities in China, as the case study. …

    Journal of Cleaner Production 112(2), 1537-1548, 2016-01-20

    機関リポジトリ DOI

  • 純淡水魚と水生植物を指標とした湖沼の生物多様性広域評価の試み

    松崎 慎一郎 , 西廣 淳 , 山ノ内 崇志 , 森 明寛 , 蛯名 政仁 , 榎本 昌宏 , 福田 照美 , 福井 利憲 , 福本 一彦 , 後藤 裕康 , 萩原 彩華 , 長谷川 裕弥 , 五十嵐 聖貴 , 井上 栄壮 , 神谷 宏 , 金子 有子 , 小日向 寿夫 , 紺野 香織 , 松村 俊幸 , 三上 英敏 , 森山 充 , 永田 貴丸 , 中川 圭太 , 大内 孝雄 , 尾辻 裕一 , 小山 信 , 榊原 靖 , 佐藤 晋一 , 佐藤 利幸 , 清水 美登里 , 清水 稔 , 勢村 均 , 下中 邦俊 , 戸井田 伸一 , 吉澤 一家 , 湯田 達也 , 渡部 正弘 , 中川 惠 , 高村 典子

    地域の生物多様性を保全する上で、その現状や傾向を把握することは、極めて重要な課題である。しかし、日本の湖沼の生物多様性の現状や傾向は定量的に評価されていない。過去の生物分布データが散在しており電子化されていないこと、1990年代中頃から自然環境保全基礎調査等の統一的な調査が行われておらずデータが不足していることが、その障害となっている。そのため、本研究では、地方環境研究所、試験研究機関、博物館等と …

    保全生態学研究 21(2), 155-165, 2016

    J-STAGE

  • アマゾン河下流低湿地におけるアサイー生産地の水位変動と他樹種との混交

    北村 亮 , 戸田 浩人 , 山田 祐彰 , ベリングラート木村 園子ドロテア , 及川 洋征 , 永井 沙知 , 草処 基 , 堤 剛太

    <p>潮汐による水位が変動するアマゾン川河下流低湿地では,地域住民の経済的基盤作物(果実)を生産する天然生アサイー(<i>Euterpe oleracea</i>)以外の樹種を除伐することにより,植生の単一化が急速に進んでいる。しかしながら,水位変動や地形などの立地条件とアサイーの単一化がその生育に与える影響についての知見は少ない。本研究では,アサイーの生育に及 …

    森林立地 58(2), 41-50, 2016

    J-STAGE

  • 新たな水質指標である底層DOと沿岸透明度

    三宅 里奈

    <p>環境基本法に基づく水質汚濁に係る環境基準は,人の健康を保護し,生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として定められている。このうち,生活環境の保全に関する環境基準(以下「生活環境項目環境基準」という。)については,これまで化学的酸素要求量(COD),全窒素,全燐等,12項目が定められていた。</p><p>平成25年8月,環境大臣は,より国民の実 …

    紙パ技協誌 70(12), 1258-1261, 2016

    J-STAGE

  • ブナ科堅果結実量の年次変動にともなうツキノワグマの秋期生息地選択の変化

    根本 唯 , 小坂井 千夏 , 山﨑 晃司 , 小池 伸介 , 中島 亜美 , 郡 麻里 , 正木 隆 , 梶 光一

    <p>ツキノワグマ(<i>Ursus thibetanus</i>)の生息地選択と秋の重要な食物資源であるブナ科堅果の結実量の年次変動との関係を明らかにすることは,本種の保護管理上の重要な課題である.これまで本種の生息地選択には既存の植生図が用いられることが多かったが,精度の観点からツキノワグマの生息地選択を詳細に評価することは難しいことが指摘されている.そこで …

    哺乳類科学 56(2), 105-115, 2016

    J-STAGE

  • 液体クロマトグラフィーによる水道水中のホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒド同時分析法の開発と妥当性評価

    小林 憲弘 , 鈴木 俊也 , 小杉 有希 , 菱木 麻佑 , 加登 優樹 , 金田 智 , 植田 紘行 , 河相 暢幸 , 北本 靖子 , 土屋 かおり , 木村 慎一 , 古川 浩司 , 岩間 紀知 , 中村 弘揮 , 粕谷 智浩 , 堀池 秀樹 , 京野 完 , 髙原 玲華 , 馬場 紀幸 , 佐藤 信武 , 久保田 領志 , 五十嵐 良明

    水道水中のホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒドを迅速・簡便に分析するために, DNPHで誘導体化した試料をLC/UVあるいはLC/MS/MSにより測定する方法を検討した。検討の結果, 水道水に塩化アンモニウムを加えて残留塩素を除去した後, リン酸とDNPHを加えて誘導体化した試料を測定した。いずれの測定機器を用いた場合も両誘導体のピークは短時間で良好に分離し, ホルムアルデヒドの基準値の1/10 …

    水環境学会誌 39(6), 211-224, 2016

    J-STAGE

  • Regional Variation of CH₄ and N₂ Production Processes in the Deep Aquifers of an Accretionary Prism

    MATSUSHITA MAKOTO , ISHIKAWA SHUGO , NAGAI KAZUSHIGE , HIRATA YUICHIRO , OZAWA KUNIO , MITSUNOBU SATOSHI , KIMURA HIROYUKI

    … <p>Accretionary prisms are mainly composed of ancient marine sediment scraped from the subducting oceanic plate at a convergent plate boundary. … Large amounts of anaerobic groundwater and natural gas, mainly methane (CH<sub>4</sub>) and nitrogen gas (N<sub>2</sub>), are present in the deep aquifers associated with an accretionary prism; … however, the origins of these gases are poorly understood. …

    Microbes and environments 31(3), 329-338, 2016

    機関リポジトリ J-STAGE

ページトップへ