検索結果 21件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • High speed fabrication of absorbance-enhanced micro–nanostructures on nickel surface using hundred-nanosecond pulsed laser

    Fu Jinxiang , Zhang Jingyuan , Liang Hao , Wang Yibo , Zhang Zhiyan , Liu Yannan , Lin Xuechun

    … The blacken nickel, which is covered with dense broccoli-like clusters having strong light trapping capacity covering broad spectrum (200–2000 nm), can be produced at a high laser scanning speed up to 100 mm/s. … In addition, by treating the nickel surface with two crossing scans of the laser, highly organized and shape-controllable periodic arrays of hump-craters can be fabricated. …

    Jpn. J. Appl. Phys. 56(1), 010305, 2016-11-28

    応用物理学会

  • 有限射影幾何を用いたソフトウェアテスト向けの直交表自動生成プログラムの開発とその応用

    須田 健二 , 五味 弘

    … In a practical use, it is necessary to construct orthogonal arrays which are strength 2, 3 and strength 4. … In such situations, we developed the computer program GaloisSoftTest by using finite projective geometry that can automatically construct orthogonal arrays which supports the strength of 2 and over, and multi-factor, multi-level, mixed-level. …

    情報処理学会論文誌 57(8), 1800-1809, 2016-08-15

    情報処理学会

  • 3-Way Software Testing with Budget Constraints

    MAITY Soumen

    … In order to deal with such situations, this paper proposes a method of creating the best possible test suite (covering the maximum number of 3-tuples) within a fixed number of test cases. …

    IEICE transactions on information and systems 95(9), 2227-2231, 2012-09-01

    J-STAGE DOI 参考文献14件

  • Binary consecutive covering arrays

    Godbole A. P. , Koutras M. V. , Milienos F. S.

    Annals of the Institute of Statistical Mathematics 63(3), 559-584, 2011-06

  • SATによるシステム検証

    番原 睦則 , 田村 直之

    人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 25(1), 122-129, 2010-01-01

    参考文献31件 被引用文献5件

  • アレー原理と Galois 被覆

    宮下 裕章 , 牧野 滋

    … Schelkunoffはリニアアレーを多項式として捉え,サブアレーを素子アンテナと見なしアレーアンテナの指向性合成を論ずるarrays of arraysの原理(アレー原理)を定式化した.筆者らは以前,当該問題に対する代数的な考察を行いULA分解定理と称する結果を証明した.しかしながらそれは一様分布等間隔リニアアレー(ULA)に限定されたものであった.本報告では,さらに一般的な見地からリニアアレーを数学の対象物 …

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 106(110), 1-6, 2006-06-15

    参考文献10件

  • 半導体薄膜 BH-DFB レーザアレイに関する研究

    岡本 健志 , 小野寺 祐一 , 山崎 達也 [他] , 田村 茂雄 , 荒井 滋久

    誘電体クラッド層およびドライエッチングにより形成された細線状活性層を有する強光閉じ込め、強屈折率結合1.55μm帯GalnAsP/InP半導体薄膜BH-DFBレーザの室温連続動作が得られた。共振器をアレイ状(5種類のDFB周期それぞれについて10μm間隔で15本)に並べた素子を試作した。72nmの発振波長範囲にわたって発振波長制御性を見積もり、同一デザイン素子内での発振波長の変動は最大で±1.2n …

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス 103(172), 35-38, 2003-07-04

    参考文献11件

  • 半導体薄膜BH-DFBレーザアレイに関する研究

    岡本 健志 , 小野寺 祐一 , 山崎 達也 [他] , 田村 茂雄 , 荒井 滋久

    誘電体クラッド層およびドライエッチングにより形成された細線状活性層を有する強光閉じ込め、強屈折率結合1.55μm帯GaInAsP/InP半導体薄膜BH-DFBレーザの室温連続動作が得られた。共振器をアレイ状(5種類のDFB周期それぞれについて10μm間隔で15本)に並べた素子を試作した。72nmの発振波長範囲にわたって発振波長制御性を見積もり、同一デザイン素子内での発振波長の変動は最大で±1.2n …

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス 103(171), 35-38, 2003-07-04

    参考文献11件

  • CDMA/FDD通信における送信用アダプティブアレーの素子間相互結合の一検討

    小林 陽治 , 菊間 信良 , 稲垣 直樹

    CDMA/FDD方式による通信では,送受信に用いる搬送波周波数が異なるため,アダプティブアレーにおいて,最適な送信ウエイトを導出しないと適切な送信ビームパターンを得ることができない.本報告では,基地局用三角形アレーを想定し,その一辺である120°のセクター範囲をカバーするリニアアレーについて考える.このリニアアレーを用いて方向推定を行い,Copy法,DCMP法,チェビシェフ法とで送信用ビーム形成特 …

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 102(389), 53-58, 2002-10-11

    参考文献10件 被引用文献7件

  • マイクロチャネルアレイ内の全血中白血球の活性酸素産生量の測定

    菊地 裕子 , 菊地 佑二

    … Meanwhile, our previous studies have shown usefulness of parallel arrays of many identical capillary-size channels for the measurement of rheological or mechanical properties of blood and other cells, Our flow measurement system is now commercially available as MC-FAN (Micro Channel array Flow ANalyzer). … The passage depth (4.5μm) under the glass plate covering the microchannel array allows only single cells in the depth direction; …

    電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society 121(4), 175-180, 2001-04-01

    J-STAGE DOI 参考文献12件

  • A simulation code for the infrared whole sky survey with the Far-Infrared Surveyor(FIS) on board ASTRO-F

    Mikako MATSUURA , Takao NAKAGAWA , Hiroshi MURAKAMI , Issei YAMAMURA

    … In this paper, we focus on the validation of the hardware design of two long-wavelength (LW) bands covering 110-200 μm and 150-200μm. … The stressed Ge:Ga detector arrays of 3x5 and 2x15 pixels are used for these two LW bands, respectively, In order to improve he spatial sampling frequency in the cross-scan direction, we tilted the FIS detector arrays by 26.5 degrees with respect to the scan direction. …

    The Institute of Space and Astronautical Science report 681, 1-23, 2001-03

    CiNii 外部リンク

  • A Reconfiguration Algorithm for Memory Arrays Containing Faulty Spares

    HANDA Keiichi , HARUKI Kazuhito

    … Reconfiguration of memory arrays using spare lines is known to be an NP-complete problem. … First, the reconfiguration problem is transformed to an equivalent covering problem in which faulty elements are covered by imaginary fault-free spare lines. … Next, the covering problem is heuristically solved by using the Dulmange-Mendelsohn decomposition. … The experiments for recently designed memory arrays show that the proposed algotithm is fast and practical. …

    IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences 83(6), 1123-1130, 2000-06-25

    参考文献12件

  • シリコン微細加工技術を応用した血液レオロジー計測

    菊地 佑二 , 菊地 裕子 , 曲山 幸生

    シリコン単結晶基板表面に加工した数ミクロン幅の溝を毛細血管モデルとして用いることで, 血液レオロジーの重要な因子, 赤血球変形能・白血球粘着能・血小板凝集能を定量性高く測定できた. シリコン微細加工技術の有用な応用として注目されるとともに, 赤血球変形能の役割がさらに明確になりつつある.

    生物物理 37(6), 254-258, 1997-11-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献18件

  • シリコン単結晶基板表面に加工したマイクロチャンネルアレイ : 血液レオロジー因子計測への応用

    菊池 祐二 , 門馬 正人 , 牧野 鉄也 [他] , 田村 正孝

    … number 2600-8736 in parallel) formed on the surface of a single-crystal silicon substrate were converted to leak-proof microchannels by tightly covering them with an optically flat glass plate. …

    膜 22(6), 357-359, 1997-11-01

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献2件

  • Using a Synthetic Continental Array to Study the Earth's Interior.

    Kennett B. L. N. , Hilst R. D. van der

    … A major field-based observation program (the "Skippy Project") is underway to synthesize an array covering the whole Australian continent, using a series of deployments of around 10 broadband seismometers for periods of 5 months at a time. … The distance coverage from available events is very good, so that it is possible to build up composite record sections covering propagation from 10 to nearly 180.., with a full coverage of the body and surface wavefields. …

    Journal of Physics of the Earth 44(6), 669-674, 1996

    J-STAGE DOI

  • 血液細胞およびパン酵母のマイクロチャンネル通過能:マイクロチャンネルアレイを用いた細胞選別の可能性

    菊池 佑二 , 菊池 裕子 , 日野 明寛

    … number 1300 or 2600 in parallel) formed in the surface of a single-crystal silicon substrate were converted to leak-proof microchannels by tightly covering them with an optically flat glass plate. … Protoplasts prepared from vegetative cells showed an easy transit through the microchannels.<br>These results suggested the possibility of cell sorting by differences in cellular physiological state or activity using the microchannel arrays or other microchannel networks. …

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌) 116(5), 190-195, 1996

    J-STAGE DOI 被引用文献1件

  • アレイプロセッサの再構成に関するプロセッサ割当問題について

    陳 昶 , 馮 安 , 菊野 亨 , 鳥居 宏次

    最近の超並列計算のモデルとしてアレイ構造のマルチプロセッサが注目されている.更に,超立方体マルチプロセッサは2次元のアレイ構造をk次元に拡張した構造をしており,実時間処理システムの開発に広く利用されている.本報告では,こうしたアレイプロセッサの再構成問題の1つについて議論する.具体的には,n×n個のプロセッサ群に対し,2n個の予備プロセッサを配置しておいて,m個の故障プロセッサが発生したときの予備 …

    全国大会講演論文集 第39回(情報理論及び基礎技術), 51-52, 1989-10-16

    情報処理学会

  • Reconfiguration of VLSI arrays by covering

    LOMBARDI F.

    IEEE Trans. Comput. 8(9), 952-965, 1989

    被引用文献3件

  • LIGHT AND ELECTRON MICROSCOPIC STUDIES ON CHICKEN INTESTINAL GLOBULE LEUCOCYTES

    KITAGAWA Hiroshi , HASHIMOTO Yoshiharu , KON Yasuhiro , KUDO Norio

    … Plasma cells and macrophages were located in the epithelium covering the large lymphatic nodules, but not in the ordinary columnar epithelium. … The directions of the crystalline arrays in the AM were all slightly different. …

    Japanese journal of veterinary research 36(2), 83-117, 1988-05-20

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ 医中誌Web DOI

  • 大震時避難計画のためのメッシュ型火災延焼シミュレーション システムに関する検証

    木俣昇

    われわれは、大震時避難計画のための情報システムとして、浜田らの経験的な延焼速度式に基礎を置く火災の延焼シミュレーション・システムの開発を行ってきた。このシステムは、メッシュ型の視覚的なシミュレーションであり、同時出火を取り扱うことができる。本論文では、このシステムの計画情報システムとしての検証を行っている。まず第一に、その実火災に対する再現性の検討を行い、福光大火の場合にも、酒田大火の場合にも、延 …

    JORSJ 30(1), 59-87, 1987

    被引用文献1件

  • 1 / 2
ページトップへ