検索結果 21件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 磁気アルキメデス法を用いた構造異性体分離

    森 達也 , 小林 剛之 , 三島 史人 , 秋山 庸子 , 西嶋 茂宏

    … <p>The synthetic processes of organic compounds need the process for separating structural isomers which is formed coincidentally with an objective substance. … The existing separation methods of isomers are extraction, recrystallization and distillation. … However, the environmental burden of existing methods is large because they require large space and energy. …

    低温工学 52(2), 105-109, 2017

    J-STAGE

  • 食事バランスガイドと行動科学を用いた栄養教育プログラムの実践

    持田 久実 , 冬賀 史織 , 赤松 利恵 , 市 育代 , 藤原 葉子

    目的:食事バランスガイドは栄養教育で広く用いられているが,行動科学と組み合わせたプログラムの実践報告はない.本報告では,大学男子柔道部員を対象とした,食事バランスガイドと行動科学を用いた栄養教育プログラムの内容とその実践について報告する.<br>事業/活動内容:2015年7月から10月,全男子柔道部員24名を対象に,食生活改善のための栄養教育プログラムを実施した.栄養教室では,知識提供 …

    日本健康教育学会誌 24(4), 231-238, 2016

    J-STAGE

  • 気候変動下における自然保護区での生態系への影響と適応策 : とくに海外における知見と実践例を中心に

    大澤 隆文

    我が国の自然保護区は生物多様性(種多様性及び遺伝的多様性)、景観及び多面的機能(水源涵養等)の維持を目的に設置されている場合が多い。しかし、気候変動の影響を受ける中で、これらの自然保護区における生態系が今後どのように変化していくのか、保護区の諸目的を達成するためにどう生態系を保全していくかについては、海外での研究や実践例から学べる点も多い。本稿では、これらを整理・紹介することを目的とした。種や生態 …

    日本生態学会誌 65(1), 17-31, 2015-03

    日本農学文献記事索引

  • UNCERTAINTY OF PEAK RUNOFF HEIGHT ASSOCIATED WITH UNCERTAINTY OF WATER HOLDING CAPACITY AND RAINFALL PATTERN

    SUPRABA Intan , YAMADA Tomohito J.

    …  Improving the accuracy of peak runoff height estimation for flood risk reduction purpose is one of the research targets in hydrology. … The objective of this study is to estimate the uncertainty of peak runoff height by considering uncertainty of effective rainfall through the water holding capacity in addition to the uncertainty of rainfall pattern. …

    土木学会論文集G(環境) 71(5), I_17-I_22, 2015

    J-STAGE

  • 自治体レベルのアドボカシー:自治体との協働による減塩政策立案のためのデータ分析とPDCA

    村山 伸子

    目的:本稿では,社会における課題を改善するために,研究者が研究活動をとおして自治体の政策に影響を及ぼすこと,すなわち,研究者による自治体レベルのアドボカシーについて論じた.<br>内容:自治体レベルの政策立案とその自治体にある大学の研究者の距離は近く,研究者は自治体の政策立案のプロセスに関わることが多い.報告者は過去15年間の自治体の栄養政策への関わりをふまえ,2013年から新潟県の減 …

    日本健康教育学会誌 23(3), 231-236, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 2305 多世代製品ライフサイクルの統合設計支援手法の提案

    松山 祐樹 , 松野 智彦 , 福重 真一 , 梅田 靖

    … Life cycle design is a promising approach to minimize environmental load and resource consumption throughout the entire product life cycle. … One of the main design targets in life cycle design is "the balance of resource circulation," which is a critical issue about quality and quantity of products, components, and other resources in the life cycle especially for solving how to utilize resources of products. …

    設計工学・システム部門講演会講演論文集 2013(23), "2305-1"-"2305-8", 2013-10-23

  • 中国セメント産業のライフサイクルにおける主な大気汚染物質及びCO<sub>2</sub>排出量の推計と環境影響評価:CML手法を用いた地域別の比較分析を中心に

    張 文宇 , ディニル プシュパラール

    … <b>Objective.</b> … Cement industry is one of the key sources of air pollution and it is an energy intensive industry. … This also discusses LCA for 22 individual provinces, 5 autonomous regions and 4 municipalities in China for the year 2008. … Second, a regional based comparative study of life cycle impact (LCIA) of different air pollutants and CO<sub>2</sub> …

    日本LCA学会誌 8(2), 181-199, 2012

    J-STAGE

  • 段ボール古紙処理 スクリーン集約化による省エネ

    古賀 麗理

    レンゴーでは2001年に環境目標として「エコチャレンジ009」を定め,創業100周年を迎えた2009年度まで省エネや廃棄物の削減および資源の有効利用などを押し進めてきた。活動の最終年度にあたる2009年,これまでの取り組みを一層強化する為,新たな環境目標「エコチャレンジ020」を制定した。「エコチャレンジ020」では温室効果ガスの中でも最も環境への影響が大きいCO<SUB>2</ …

    紙パ技協誌 64(6), 676-678, 2010-06-01

    J-STAGE

  • 中国における排出権取引制度導入に関する研究 —— 水質汚染排出権の初期配分を中心として ——

    康 伝金 , 閻 晶晶 , 氷鉋 揚四郎

    … In this study, we examined how to smoothly process and implement the initial emission permit allocation when an emission trading system is introduced into China. … The optimal allocation for emission trading was investigated based on the social background of water pollution, social demand and complicated trans-regional problems.<br> …

    地域学研究 40(3), 721-733, 2010

    J-STAGE

  • 離散構造要素を用いたバンドギャップ構造の最適化

    竹澤 晃弘 , 最上 克哉 , 西脇 眞二 [他] , 泉井 一浩 , 吉村 允孝 , 北村 充

    … Phononic band-gap structures that inhibit certain acoustic and elastic waves from propagating have received a great deal of attention recently, and have great potential in engineering applications, as it is hoped that they can be utilized as sound or vibration protection devices, acoustic lasers, acoustic mirrors, frequency filters and waveguides in mechanical structures and MEMS. …

    日本機械学会論文集. C編 74(740), 780-788, 2008-04-25

    参考文献21件

  • 離散構造要素を用いたバンドギャップ構造の最適化

    竹澤 晃弘 , 最上 克哉 , 西脇 眞二 , 泉井 一浩 , 吉村 允孝 , 北村 充

    … Phononic band-gap structures that inhibit certain acoustic and elastic waves from propagating have received a great deal of attention recently, and have great potential in engineering applications, as it is hoped that they can be utilized as sound or vibration protection devices, acoustic lasers, acoustic mirrors, frequency filters and waveguides in mechanical structures and MEMS. …

    日本機械学会論文集 C編 74(740), 780-788, 2008

    J-STAGE

  • ペタ(コロンボ,スリランカ)の形成とその変容に関する考察

    山田 協太 , 前田 昌弘 , 村上 和 [他] , 中川 雄輔 , 布野 修司

    … This paper intends to clarify block formation and building types of Pettah, Colombo, Sri Lanka, and analyze their transformation process. … The research on which this paper is based is the further study of the project called 'Field Research on Origin, Transformation, Conversion and Conservation of Urban Space of Colonial Cities', which the major targets are Dutch colonial cities all over the world. …

    日本建築学会計画系論文集 72(614), 153-160, 2007

    CiNii 外部リンク1 CiNii 外部リンク2 J-STAGE 参考文献24件

  • 徳山下松港の干潟整備における目標設定

    浅井 正 , 西田 芳浩 , 島崎 正寛

    Objective setting for an environmental restoration project and its processes are reviewed to apply adaptive management to the tidal flat at Tokuyama-Kudamatsu Port in the Seto Inland Sea. …

    海洋開発論文集 22, 33-38, 2006

    J-STAGE

  • ヴォルフェンダール(コロンボ,スリランカ)の街区構成と住居類型に関する考察

    山田 協太 , 前田 昌弘 , 村上 和 [他] , 布野 修司

    … This paper intends to clarify block formation and house types of Wolvendaal, Colombo, Sri Lanka, and analyze their transformation process. … The research on which this paper is based is the further study of the project called 'Field Research on Origin, Transformation, Conversion and Conservation of Urban Space of Colonial Cities', which the major targets are Dutch colonial cities all over the world. …

    日本建築学会計画系論文集 71(607), 71-78, 2006

    CiNii 外部リンク1 CiNii 外部リンク2 J-STAGE 参考文献27件 被引用文献1件

  • 消化器がん手術後の患者と家族員の円滑な社会復帰を促進するための外来看護援助のモデル開発

    浅野 美知恵 , 佐藤 禮子

    … The purpose of the pressent study was to develop a nursing model (hereafter referred to as "the model") to promote the rehabilitation of postoperative digestive cancer outpatients and their family members based on their experiences during rehabilitation. … The model should accurately reflect the experiences of patients and their family members, should be prognostic, and should be able to empower patients and their family members with the ability to rehabilitate in society. …

    千葉看護学会会誌 11(1), 17-24, 2005-06-30

    機関リポジトリ 医中誌Web

  • IT社会のエコデザイン

    藤本 淳

    安全で豊かな低カーボン (二酸化炭素排出が少ない) 社会のビジョンをわかりやすい形で提示し, 実現に向けた道筋を具体化することは, 持続可能社会形成への貢献, および社会に活力を与える点で重要である。ここでは, エコデザインの新しい概念を提唱し, その適用例として"IT社会の環境調和設計"の取組みを紹介する。ここで提唱するエコデザインとは, 環境・経済面からの定量評価をべースに (ファクトファイン …

    廃棄物学会誌 15(3), 107-114, 2004-05-31

    J-STAGE 参考文献13件

  • ISO14001 (環境マネジメントシステム)の構築 : 本学短期大学部をモデルケースとして

    木沢 進 , 西澤 悟

    短期大学部をモデルケースとして,ISO14001の構築を試みた。調査の結果,著しい環境側面は,一般廃棄物・エネルギー(燃料,電気,水道(下水))・薬品(劇毒物)・緑化推進の4項目とした。この4項目について,どの程度の量の削減・増量が可能かをアンケートや排出量の調査により算出し,この結果をふまえて,ISO14001で規程する目的・目標を設定した。一般廃棄物は10%削減,電気は0.22%削減,水道(下 …

    富山県立大学紀要 11, 81-92, 2001-03-30

    CiNii PDF - オープンアクセス  被引用文献1件

  • 21世紀の石炭技術の戦略

    吉村 佳人

    … on combustion and thus exerts a relatively large burden on the environment as compared with petroleum and natural gas. … The strategic target is therefore to achieve a coal use that will lessen the environmental load in 21st century further.<br> …

    資源と素材 : 資源・素材学会誌 : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 116(12), 1011-1017, 2000-12-25

    J-STAGE

  • 製版・印刷分野における標準化動向

    梶 光雄 , Mituo KAJI , 東京工芸大学工学部画像工学科

    … his paper intends to introduce the standardization activities of ISO/TC 130 (Graphic Technology)as related to our research and studies. … In Chapter 1, after introducing a little bit about ISO and the standardization activities of ISO/TC 130 in the past decade. … the modern construction of graphic systems on which the standards of ISO/TC 130 are based on is explained with a figure ( Fig.1) and description. …

    東京工芸大学工学部紀要 = The Academic Reports, the Faculty of Engineering, Tokyo Polytechnic University 22(1), 93-108, 1999

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 自然生態系の中で共生する健康文化のまちづくり  河川・湖水系の生活域を結んだ環境ネットワークの形成モデル:河川・湖水系の生活域を結んだ環境ネットワークの形成モデル

    福島 哲仁 , 坂本 巌 , 原 俊雄 , 礒邉 顕生 , 塩飽 邦憲 , 山根 洋右

    島根県の斐伊川水系を結ぶ環境フォーラムの7年間の取り組みを評価し, 自然生態系の中で共生する健康文化のまちづくりの課題を検討した。<BR><B>1. テーマの発展と参加者層の広がりの相互作用</B><BR>環境問題をテーマとした宍道湖フォーラムは, 当初最も大きな関心事であった「ユスリカ対策」を中心テーマとし, 多くの人々の参加を可能にした。参加者の …

    日本農村医学会雑誌 47(2), 83-89, 1998

    J-STAGE

  • 1 / 2
ページトップへ