検索結果 218件中 1-20 を表示

  • TIME-VARYING TORQUE LOAD DEPENDENT HYPOID GEAR MESH AND DYNAMIC ANALYSIS

    SHI Zhenghong , LIM Teik C.

    … The model accounts for the instantaneous torque variation within each shaft rotation cycle by employing a three-dimensional (3D) interpolation scheme to construct the mesh parameter surfaces. … A comparative study of external excitation orders reveals that high order excitations tend to have significant influence on dynamic responses under certain torque load conditions. …

    The Proceedings of the JSME international conference on motion and power transmissions 2017(0), 04-05, 2017

    J-STAGE

  • 特性曲線法に基づく高次精度移流輸送計算手法の開発

    坪郷 浩一

    …  本論文では,特性曲線法に基づく高次精度計算スキームの開発を行い,5次精度6-point schemeと名付ける.また,Taylor級数展開による打ち切り誤差は5次精度を満足する.さらに,この計算スキームを保存形式へ変換してflux limiterとdiscriminatorを適用してTVD条件を満足させる.この変換した計算スキームを5次精度保存形式6-point schemeと名付ける.<br> …

    土木学会論文集A2(応用力学) 73(1), 1-10, 2017

    J-STAGE

  • Extension of the Flux Reconstruction Method to High-Reynolds Number RANS Simulations around High-Lift Devices

    MIYAJI Koji , NAGASAWA Rei

    … Spatially high-order flow simulations are conducted for high-Reynolds number flows around two-dimensional high-lift devices. … The performance of the turbulence model in the high-order scheme is first verified using standard benchmark problems. … The flow around the three-element, high-lift airfoil known as NHLP/L1T2 is then tried. …

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES 60(1), 18-26, 2017

    J-STAGE

  • 反応性多成分流体に適用したRobust Weighted Compact Nonlinear Schemeによるデトネーションの数値解析

    朝原 誠 , 神谷 朋宏 , 飯田 遼平 , 坪井 伸幸 , 野々村 拓 , 林 光一 , Makoto ASAHARA , Tomohiro KAMIYA , Ryohei IIDA , Nobuyuki TSUBOI , Taku NONOMURA , A. Koichi HAYASHI , 青山学院大学理工学部 , 青山学院大学大学院理工学研究科 , 青山学院大学大学院理工学研究科 , 九州工業大学大学院工学研究院 , 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 , 青山学院大学理工学部 , Department of Mechanical Engineering Aoyama Gakuin University , Department of Mechanical Engineering Aoyama Gakuin University , Department of Mechanical Engineering Aoyama Gakuin University , Department of Mechanical and Control Engineering Kyushu Institute of Technology , Institute of Space and Astronautical Science Japan Aerospace Exploration Agency , Department of Mechanical Engineering Aoyama Gakuin University

    … 程式に,高次精度解析手法の一つであるrobust weighted compact nonlinear scheme(RWCNS)を実装し,研究例の多いH_2-Airデトネーションの数値解析を行った.その結果,従来の手法よりもデトネーション波面構造を詳細に捉えることができた.本稿では,反応性多成分流体にRWCNSを実装するための方法と得られたデトネーション波面構造について報告する.In order to simulate detonation which is a supersonic combustion, it is necessary to exactly …

    ながれ : 日本流体力学会誌 = Journal of Japan Society of Fluid Mechanics 35(1), 33-44, 2016-02-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 高次精度移流解法(WENO法)を用いた津波による港湾内の地形変化に関する数値計算

    梶川 勇樹 , 黒岩 正光 , 中山 仁成

     本研究では,津波襲来時の地形変化を高精度に予測できる数値計算モデルの開発を目的とし,非線形長波方程式,流砂の連続式,および浮遊砂輸送方程式に5次精度WENO(Weighted Essentially Non-Oscillatory)法を用いたモデルを開発した.基礎方程式には,デカルト座標系上で港湾等の複雑境界形状を表現するためFAVOR(Fractional Area/Volume Obstac …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 72(2), I_265-I_270, 2016

    J-STAGE

  • CIP-Soroban法における高精度低メモリー消費補間法

    中村 恭志 , 安嶋 大稀

    移流方程式の数値解析手法であるCIP-Soroban法に向けた新しい空間補間手法を提案した. CIP-Soroban法は, 非構造動的適合格子であるSoroban格子と高精度空間補間法であるConstrained Interpolation Profile/Cubic Interpolated Profile (CIP) 法を組合わせた差分解法であり, 近年様々な分野において適用が進められている. …

    日本計算工学会論文集 2016(0), 20160014-20160014, 2016

    J-STAGE

  • 304 高次精度流束再構築法における自乗量保存型スキームの安定性

    森中 一誠 , 阿部 圭晃 , 野々村 拓 , 芳賀 臣紀 , 宮路 幸二

    高精度流束再構築法(FR法)の数値安定性を向上させることを目指し、1次元オイラー方程式における自乗量保存型スキームの定式化と数値実験に取り組んだ。計算結果より、移流項に擬混合型を用いることで安定性が向上することを確認した。また、FR法における解定義点や修正関数の選び方が安定性に影響を及ぼすことを確認した。

    計算力学講演会講演論文集 2015(28), "304-1"-"304-2", 2015-10-10

  • Dispersion reduction in generation of high-order optical vortex using axially symmetric half-wave plates

    Sakamoto Moritsugu , Fukumoto Ryohei , Murakami Naoshi , Morita Ryuji , Oka Kazuhiko

    … We present the topological-charge-dispersion reduction scheme in optical vortex generation using axially symmetric half-wave plates (AHPs). …

    Optical Review 22(1), 174-178, 2015-02-25

    機関リポジトリ DOI

  • 壁面近傍のスキームが壁面近傍渦運動から発生する空力音の数値計算に与える影響

    若松 裕紀 , 渡邊 裕章 , 井上 洋平 , 前川 博

    order compact scheme on the capability of capturing the acoustic waves generated by vortical flows near a wall. … The free parameter of the compact filter α=0.45 and α=0.49 are chosen to clarify effects of boundary schemes in high wave number region. … Results show that some boundary schemes make the computations unstable and high order boundary schemes are not always appropriate. …

    日本機械学会論文集 81(823), 14-00544-14-00544, 2015

    J-STAGE

  • 壁面近傍のスキームが壁面近傍渦運動から発生する空力音の数値計算に与える影響

    若松 裕紀 , 渡邊 裕章 , 井上 洋平 , 前川 博

    order compact scheme on the capability of capturing the acoustic waves generated by vortical flows near a wall. … The free parameter of the compact filter α=0.45 and α=0.49 are chosen to clarify effects of boundary schemes in high wave number region. … Results show that some boundary schemes make the computations unstable and high order boundary schemes are not always appropriate. …

    日本機械学会論文集 advpub(0), 2015

    J-STAGE

  • 極超音速乱流場解析に向けたWENO法に基づくLESコード開発

    石原 知明 , 荻野 要介 , 大西 直文 , 澤田 恵介 , 丹野 英幸

    … In order to reproduce the turbulent heat flux by numerical simulation, we constructed high order CFD code towards LES in hypersonic flow. … Since robustness near shock and high resolution in boundary layer is needed for LES in hypersonic flow, we employed recently improved WENO method. …

    計算力学講演会講演論文集 2014(27), 768-770, 2014-11-22

  • 高次精度非構造FR-LAD法の構築と超音速ジェット空力音響解析への適用

    芳賀 臣紀 , 堤 誠司 , 河 合宗司 , 高木 亮治 , 嶋 英志

    計算力学講演会講演論文集 2014(27), 765-767, 2014-11-22

  • 高次精度保存型FR法での一様流保持におけるエイリアシング誤差の除去

    阿部 圭晃 , 野々村 拓 , 芳賀 臣紀 , 藤井 孝藏

    … A freestream preservation property is focused in the high-order conservative ux-reconstruction scheme on a three-dimensional stationary-curvilinear grid. …

    計算力学講演会講演論文集 2014(27), 762-764, 2014-11-22

  • 1405 超音速固気混相流の高解像度数値解析

    長田 裕樹 , 野々村 拓 , 朝原 誠 , 藤井 孝藏 , 山本 誠

    … In this presentation, first, the high-order upwind finite difference scheme is considered for the gas-particle multi-phase shock containing flows. … We used an alternative weighted essentially non oscillation scheme (AWENO) which is the numerical flux formulation of a kind of weighted compact nonlinear scheme and the use of a positive preserving limiter proposed recently which can be used with numerical flux formulation. …

    流体工学部門講演会講演論文集 2014, "1405-1"-"1405-3", 2014-10-25

  • S1910103 高次精度スキームを用いた大気圏突入カプセル後方部の強制遷移流れ場計算([S191-01]大気突入・減速技術(1),宇宙工学部門)

    石原 知明 , 荻野 要介 , 大西 直文 , 澤田 惠介 , 丹野 英幸

    … In order to reproduce the heat flux by numerical simulation, we constructed high order CFD code towards LES in hypersonic flow. … Since robustness near shock and high resolution in boundary layer is needed for LES in hypersonic flow, we employed recently improved WENO method. …

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2014, "S1910103-1"-"S1910103-5", 2014-09-07

  • 非構造直交格子における空間5次精度補間法の構築

    玉置 義治 , 今村 太郎 , Yoshiharu TAMAKI , Taro IMAMURA , 東京大学大学院工学系研究科 , 東京大学大学院工学系研究科 , Graduate School of Engineering The University of Tokyo , Graduate School of Engineering The University of Tokyo

    … ,提案手法は従来の補間手法にくらべ低散逸であり,また,ハンギングノード周辺で顕著な非物理的反射や散逸は観察されなかった.一階勾配値のみ高次精度化した場合,完全な5次精度スキームと比較して遜色のない解像度を得られることが示され,さらにその計算時間は従来の3次精度風上バイアス法と比べ約10[%]の増加に留まった.In this study, a new high-order interpolation method for unstructured Cartesian grids is …

    ながれ : 日本流体力学会誌 = Journal of Japan Society of Fluid Mechanics 33(3), 285-294, 2014-06-25

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 高次伝送路予測を適用したPADM(Per transmit Antenna Differential Mapping)送信ダイバーシチの特性 : 非対称差動マッピングが性能に与える影響 (無線通信システム)

    久保 博嗣

    本報告では,高速フェージング下での追随特性改善のために,高次伝送路予測を適用したPADM(per transmit antenna differential mapping)送信ダイバーシチに関して論じる.筆者は以前に,差動時空トレリス符号の一種であるPADM送信ダイバーシチのために,高次伝送路予測を適用したPSP(per-survivor processing)による復調方式を提案した.本復調手 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(456), 205-210, 2014-03-03

  • Compilation and validation of bathymetric data for the South China Sea with an emphasis on shallow region

    Uehara Katsuto

    … It was found that small-scale bathymetric features observed along the shelf edge in gebco08 bathymetry are bounded by survey lines and were likely to be a spurious figure generated when applying a high-order interpolation scheme. …

    九州大学大学院総合理工学報告 35(2), 7-13, 2014-02

    機関リポジトリ DOI

  • マルチモーメント制約型流束再構築法におけるWENOリミターの構築

    孫 紫尭 , 肖 鋒

    マルチモーメント制約を用いた流束再構築(Flux Reconstruction)法に適したWENO(Weighted Essentially non-oscillatory)リミターを提案する。本手法は以下の2点において既存手法と根本的に異なる。1)本手法はWENOを再構築の際に格子内の局所高次補間が持つ情報を最大限に活用し,従来のWENO法よりコンパクトなステンシルで高次補間を構築できる。2)本 …

    理論応用力学講演会 講演論文集 63(0), 183, 2014

    J-STAGE

  • レベルセット法による非圧縮性二相流の境界面追跡

    中込 理

    … Moreover, a high order numerical scheme is applied for these governing equations to reduce numerical instability and excessive mass loss. …

    日本地熱学会誌 36(2), 63-74, 2014

    J-STAGE

ページトップへ