Search Results 1-20 of 1987

  • Environmental and Socio-Economic Impacts Analysis of the Introduction of Renewable Energy Technologies Using Input : Output Tables  [in Japanese]

    稗貫 峻一

    本研究の目的は、産業連関表の応用により再生可能エネルギー技術(再エネ技術)の導入が環境、社会経済に与える影響を分析し、さらにその分析結果から技術評価における産業連関分析の有用性を示すことである。全5 章で構成される論文の中で、第1章では背景と目的について述べ、第2 章では、再エネ技術に関連する部門を新設した拡張産業連関表(拡張IO)を作成し、地熱、風力、太陽光発電の1GWh あたりの生産額、雇用量 …

    技術マネジメント研究 (15), 41-45, 2016-03-31

    IR

  • Applied Input-Output Analysis(6)Input Output Analysis with Scilab  [in Japanese]

    山田 誠治 , 萩原 泰治

    産業連関 = Business journal of PAPAIOS : イノベーション&I-Oテクニーク 23(3), 123-132, 2016-03

  • Improving the Linear Trade Model with a Demand Function : Introduction of New Prices Derived from the Input-Output Table  [in Japanese]

    江尻 陽三郎

    いわき明星大学科学技術学部研究紀要 (29), 1-15, 2016-03

  • An analysis on structure change of Vietnam's economy: using 1996,2000,2007 Vietnam's input output tables at constant prices  [in Japanese]

    グェン ホアン フォン タオ

    横浜国際社会科学研究 20(4-6), 71-90, 2016-01-20

    IR

  • The estimate and analysis of prototyping input-output table in Tsuru City  [in Japanese]

    居城 琢

    横浜国際社会科学研究 20(4-6), 1-11, 2016-01-20

    IR

  • Benefit of Species Extinct in the Wild to Come Back With Contingent Valuation Method and Input-Output Analysis  [in Japanese]

    大信田 勇太 , 沼田 大輔

    環境科学会誌 = Environmental science 29(1), 17-25, 2016

  • An Empirical Study on Spatial Interdependence of Chubu Region:―Based on the Interregional Input-Output Tables for Chubu  [in Japanese]

    Chen Yantian , Yamada Mitsuo , Ihara Takeo

    中部圏社会経済研究所では,中部広域9県を対象とする『中部圏地域間産業連関表(2005年版)』(2011)に引き続き,『中部圏地域間産業連関表(延長表2010年版)』(2013)を推計,公表してきた.本稿ではこれらの『中部圏地域間産業連関表』の作成方法を紹介した上で,これらの産業連関表を用いて中部圏を構成する9県の内部乗数および外部乗数の計測を行う.これら乗数の経年比較から,中部圏のコアとなる愛知県 …

    Input-Output Analysis 23(3), 88-101, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Deflator estimates in ICT sector and Static Spillover Effect in Korea and JapanService Areas:―Using on 1995-2000-2005-2008 Linked input-output tables  [in Japanese]

    Myunga So−yoen

    1990 年代後半からの情報通信技術の急速な発展に伴い半導体などの情報通信機器の価格低下が著しく,経済全体における情報通信機器の活用による生産性向上の効果が注目されている.本稿では,日本と韓国のICT製造部門において固定基準年方式による既存の接続産業連関表のデフレーター及び実質値のバイアス可能性を検討したうえで,ICT製造部門の生産性向上が他産業部門の生産性に与える効果の計測を行った.分析の結果, …

    Input-Output Analysis 23(3), 73-87, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Applied Input-Output Analysis (6)―Input Output Analysis with Scilab  [in Japanese]

    Yamada Seiji , Hagiwara Taiji

    貢献度分析を行う手順をScilabに基づいて解説する.通常の貢献度分析に加え,DPG分析と消費内生化の元手の貢献度分析を比較する.

    Input-Output Analysis 23(3), 123-132, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Several Issues on Total Labor Input::Reply to the Book Review by Taiji Hagiwara  [in Japanese]

    Izumi Hiroshi

    Input-Output Analysis 23(3), 116-122, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Compilation of 2011 Input-Output Table and its Outline  [in Japanese]

    Tanaka Masayuki

    平成27年6月に平成23年産業連関表が公表された.産業連関表は,我が国の経済構造を明らかにする基礎的な資料として,また,経済の波及効果を分析するツールとして幅広く利用されているが,今回の平成23年表は,産業連関表が平成21年4月に全面施行された新たな統計法に基づく「基幹統計」に指定された後,初めて作成されたものであり,また,平成24年2月に初めて実施された「経済センサス-活動調査」を推計の基礎資料 …

    Input-Output Analysis 23(3), 102-115, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • About the making of the Regional I-O tables of Ministry of Economy, Trade and Industry  [in Japanese]

    Arai Sonoe

    戦後の日本経済発展の分析ツールとして産業連関表が大きく貢献したように,経済産業省では各地域経済分析のため「地域産業連関表の作成」,また,高度成長を続ける日本経済の負の部分としての公害を扱った「公害産業連関表の作成」(環境 IO 表の基礎),昭和48年のエネルギー問題に端を発した日本の構造変化に着目した「延長産業連関表の作成」,国際的なグローバル化が進む中での「国際産業連関表の作成」など,時代の行政 …

    Input-Output Analysis 23(1-2), 18-29, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Current Status and Issues of the Regional Input-Output Tables in Japan  [in Japanese]

    Ishikawa Yoshifumi

    我が国で初めて地域産業連関表が作成されてから半世紀以上が経過し,現在では比較的大きなブロック単位から市町村レベルまで数多くの地域産業連関表が整備されるようになった.この状況は地域産業連関分析の発展と実際の政策分析ニーズに応えるために喜ばしい状況であると言える.しかし,今後永続的に地域産業連関表が作成され,各方面で活用されるためには今一度その作成の経緯と実態を明らかにし,今後の産業連関表作成の課題を …

    Input-Output Analysis 23(1-2), 3-17, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Comparison of the 1985-2010 Multi-regional Input Output Tables, Mie Prefecture  [in Japanese]

    Yamada Mitsuo , Horiuchi Yukio

    個々の市町村の経済循環を把握するため,あるいは県内の小地域相互の相互依存関係を分析するための道具として産業連関分析への関心が高まっている.三重県についても作成主体はそれぞれ異なるものの,ほぼ共通したフレームワークで1985年表以降2010年表まで5年おきに県内地域間産業連関表が作成されている.ここでは,将来の継続的な三重県県内地域間産業連関表作成の基礎とするため,それらの研究成果を振り返ることにす …

    Input-Output Analysis 23(1-2), 30-43, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Analysis on Electric Supply shortage and Change in Primary Factors caused by Earthquake using CGE model  [in Japanese]

    Higashi Akiko

    2011年3月に発生した東日本大震災においては,様々な被害に加え,発電設備の損壊がもたらした電力供給制約が深刻な問題となった.ここではCGEモデルの一つであるGTAPモデルの枠組において,エネルギー財を生産要素の一つとして扱い,エネルギー代替構造を取り入れたGTAP-Eモデルを用いて,自然災害による電力供給制約が経済に与える影響について分析を行う.まず電力供給制約に関する外生条件の与え方について検 …

    Input-Output Analysis 23(1-2), 44-54, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Applied Input-Output Analysis (5)―Input-Output Analysis with Scialb  [in Japanese]

    Yamada Seiji , Hagiwara Taiji

    Scilab を用いた産業連関分析入門第5回として,ノンサーベイ法による産業連関表の推計を解説します.まず,RAS法とラグランジェ未定係数法のアルゴリズムとScilabプログラムを述べます.次に,平成20年延長表に適用し,誤差の評価を行います.初期推計値が適切でなければ,その乖離は大きくなることが示されます.

    Input-Output Analysis 23(1-2), 55-66, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • Propagation Time of Seismic Waves at KiK-net Hino Observation Site during, before and after the 2000 Tottori-ken Seibu Earthquake  [in Japanese]

    MOGI Hidenori , KAWAKAMI Hideji , UTSUMI Maki

    本研究では、KiK-net日野観測点における鳥取県西部地震の本震とその前後の観測記録のNIOM解析を行い、鉛直アレー内の伝播時間の変化を検討した。その結果、(1) 2000年鳥取県西部地震では主要動において速度振幅RMS値が33cm/sに達し、水平成分の伝播時間は0.197sから0.35s程度まで増加したこと、(2)本震後一ヶ月程度までは水平成分の伝播時間は緩やかに減少する傾向が見られるものの、そ …

    Journal of Japan Association for Earthquake Engineering 16(1), 1_1-1_9, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • An Input-output Analysis of Two Green Microalgae Oil Production Systems  [in Japanese]

    NAKANO Satoshi , WASHIZU Ayu

    本研究の目的は,産業連関分析を用いて,微細藻類バイオマス燃料油生産システムの建設時と運転時における経済および環境面への波及効果を計算することである。われわれは2 種類の生産システムを比較した。一つは国内の休耕田を活用した簡易フォトバイオリアクター(PBR)による小規模施設であり,もう一つは比較的日照時間の長い海外で広い開放池を用いる大規模施設である。小規模施設建設時の経済的誘発の大部分は,PBR …

    Journal of the Japan Institute of Energy 95(1), 123-138, 2016

    J-STAGE CrossRef

  • DEA Scores' Confidence Intervals with Past-Present and Past-Present-Future Based Resampling

    TONE Kaoru , OUENNICHE Jamal

    … In data envelopment analysis (DEA), input and output values are subject to change for several reasons. … Such variations differ in their input/output items and their decision-making units (DMUs). …

    American Journal of Operations Research (6), 121-135, 2016

    IR CrossRef

  • Regional Income Generation Effect of Sugar Sector in the Remote Island Economy : Generation and Application of Regional Input-Output Table  [in Japanese]

    藤本 高志

    … Then this study analyzed the relationship of sugar sector and regional economy using regional input-output table. …

    大阪経大論集 = Journal of Osaka University of Economics 66(4), 359-368, 2015-11

    IR

Page Top