検索結果 4930件中 1-20 を表示

  • The effects of unilateral cochlear ablation on the expression of vesicular glutamate transporter 1 in the lower auditory pathway of neonatal rats

    Hasegawa Hiroki , Hatano Miyako , Sugimoto Hisashi , Ito Makoto , Kawasaki Hiroshi , Yoshizaki Tomokazu

    Objectives: Unilateral cochlear damage has profound effects on the central auditory pathways in the brain. Methods: We examined the effects of unilateral cochlear ablation on VGLUT1 expression in the …

    Auris Nasus Larynx 44(6), 690-699, 2017-12-01

    機関リポジトリ DOI

  • The influence of human papillomavirus on nasopharyngeal carcinoma in Japan

    Kano Makoto , Kondo Satoru , Wakisaka Naohiro , Moriyama-Kita Makiko , Endo Kazuhira , Nakanishi Yosuke , Murono Shigeyuki , Nakamura Hiroyuki , Yoshizaki Tomokazu

    Objective: Although Japan is a non-endemic area with nasopharyngeal carcinoma (NPC), the proportion of WHO type I NPC in Japan are different from that in non-endemic areas such as North America and Eu …

    Auris Nasus Larynx 44(3), 327-332, 2017-06-01

    機関リポジトリ DOI

  • 輪状軟骨鉗除を行う気管孔形成術を施行した2症例

    内藤 圭介

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 22(1), 99-103, 2017-03-01

    機関リポジトリ

  • "Larynx-preserving surgery" for cervical esophageal carcinoma can preserve the vocal function and improve the clinical outcome

    Nakajima Yasuaki , Kawada Kenro , Tokairin Yutaka , Hoshino Akihiro , Miyawaki Yutaka , Okada Takuya , Miyake Satoshi , Kawano Tatsuyuki

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society 14(1), 76-83, 2017-01

    医中誌Web

  • 高齢者専門急性期病院における気管切開術の検討

    本庄 需 , 大野 慶子 , 木村 百合香

    日本気管食道科学会会報 = The journal of the Japan Broncho-Esophagological Society 68(3), 222-227, 2017

    医中誌Web

  • 頚椎後方固定術後に両側舌咽・迷走・舌下神経麻痺を来した1例

    山崎 善功 , 山本 潤哉 , 井口 哲弘 , 角谷 賢一朗 , 前野 耕一郎 , 西田 康太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 60(3), 657-658, 2017

    J-STAGE

  • Swallow Visionを使った玩具や食物による気道閉塞(窒息)のシミュレーション

    道脇 幸博 , 菊地 貴博 , 神谷 哲 , 外山 義男 , 羽生 圭吾 , 高井 めぐみ , 越塚 誠一

    <p>行政等の注意喚起にも関わらず、高齢者や乳幼児が食品や玩具で窒息する気道閉塞(窒息)事故は、後を絶たない。しかも、窒息事故は、再現実験ができないため、可視化とメカニズム解明は困難である。本研究の目的は、嚥下の数値シミュレータSwallow Visionを使って、玩具や食品による窒息事故を可視化すると共に、生体と窒息物の関係を明らかにして、窒息事故の予防に役立てることである。生体モデ …

    生体医工学 55Annual(5PM-Abstract), 480-480, 2017

    J-STAGE

  • 声門下狭窄をきたした喉頭軟骨肉腫の1例

    永藤 裕 , 増田 正次 , 茂呂 順久 , 佐藤 大 , 甲能 直幸 , 齋藤 康一郎

    <p>喉頭軟骨肉腫は喉頭悪性腫瘍の1%以下と稀であり,渉猟した限り本邦では40例の報告があるに過ぎない。今回われわれは喉頭軟骨肉腫の1例を経験したので報告する。症例は50歳の男性,1年前からの嗄声,喘鳴を認め近医内科で喘息として治療を受けていた。その後呼吸苦が出現し近医耳鼻科を受診し,声門下腫瘍疑いで当科を紹介受診した。組織学的検査の結果,喉頭軟骨肉腫と診断された。画像検査により輪状軟 …

    日本気管食道科学会会報 68(4), 301-306, 2017

    J-STAGE

  • 頭頸部癌に対する化学放射線療法における血中グレリン濃度と摂食との関係

    遠藤 一平 , 中西 庸介 , 脇坂 尚宏 , 吉崎 智一

    <p>頭頸部癌に対する化学放射線治療中にしばしば食欲不振,やせなどの症状が認められる。特に食欲不振から体重減少が進むにつれて生存期間が短くなり,体重減少は頭頸部癌の予後因子として重要である。今回,われわれは頭頸部癌治療における食欲不振と,強力な摂食亢進作用をもつグレリンの関係について検討した。対象は頭頸部癌(中・下咽頭癌,喉頭癌)に対するシスプラチン併用の化学放射線療法施行症例である。 …

    日本気管食道科学会会報 68(4), 294-300, 2017

    J-STAGE

  • 化学放射線療法後に喉頭壊死をきたした下咽頭癌の1例

    水成 陽介 , 濱 孝憲 , 西谷 友樹雄 , 結束 寿 , 須田 稔士 , 小島 博己

    喉頭壊死症は喉頭の循環障害に起因する稀な病態である。今回,下咽頭癌に対する化学放射線療法後,比較的早期に喉頭壊死症を発症した症例を経験した。症例は58歳男性で,下咽頭癌および食道癌の同時重複癌に対して化学放射線療法を施行するも治療終了3か月後に咽頭痛および下咽頭原発部位に粘膜の壊死性病変が出現した。保存的加療では改善せず,生検では癌の再発の診断に至らなかった。壊死性病変の急速な増悪を認め,頸動脈破 …

    頭頸部外科 27(1), 111-115, 2017

    J-STAGE

  • 声帯に発生した尋常性疣贅例

    平原 信哉 , 井手 慎介 , 後藤 隆史 , 松田 圭二 , 東野 哲也

    … <p>We report a case of verruca vulgaris of the vocal cord caused by human papilloma virus (HPV), which rarely occurs in the larynx. …

    耳鼻咽喉科臨床 110(8), 539-543, 2017

    J-STAGE

  • 喉頭軟化症の診断と治療

    長谷川 久弥

    … Obstruction and stenosis of the larynx during inspiration cause symptoms such as inspiratory stridor and obstructive apnea. …

    東京女子医科大学雑誌 87(Extra1), E35-E39, 2017

    J-STAGE

  • 喉頭・縦隔に浸潤する高度進行甲状腺癌

    大月 直樹 , 丹生 健一

    <p>甲状腺癌の多くは進行が緩徐で予後良好な乳頭癌であるが,周囲臓器進展が起こっていても症状に乏しく,発見された際には気管や喉頭など気道や食道への浸潤や,縦隔への進展が認められることも少なくない。喉頭への浸潤例に対する手術においては,根治性を損なうことなく,発声や嚥下といった患者のQOLに直結する機能をできる限り温存しなければならないという問題がある。一方,縦隔への進展例ではQOLの問 …

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 34(2), 113-117, 2017

    J-STAGE

  • 脳卒中後に嚥下障がいを呈した2 症例に対する体幹および 頸部筋・喉頭周囲筋への運動療法の経験

    荒川 武士 , 松本 直人 , 出口 亜衣 , 高橋 誠 , 塩川 貴子 , 平澤 由香 , 石田 茂靖 , 市村 篤士

    <p>【目的】脳卒中後の嚥下障がいを呈する2 症例に対し,体幹および頸部筋・喉頭周囲筋への運動療法を実施し,嚥下障がいの改善を認めたため報告する。【対象と方法】2 症例は嚥下障がいのみならず喉頭挙上不全と体幹機能障がいを呈しており,1 症例目は矢状面での体幹機能の問題を有し,2 症例目は前額面での体幹機能の問題を有していた。それぞれ体幹機能障がいの特性が異なるこの2 症例に対し,症例の …

    理学療法学, 2017

    J-STAGE

  • Interaction of jaw displacement and F0 peak in syllables produced with contrastive emphasis

    Erickson Donna , Honda Kiyoshi , Kawahara Shigeto

    … We offer a tentative, yet concrete, hypothesis about the biomechanical interaction between F0 control and jaw opening mediated by anatomical connections between the jaw and the larynx. …

    Acoustical Science and Technology 38(3), 137-146, 2017

    J-STAGE

  • 咽喉頭の非腫瘍性粘膜疾患

    田山 二朗

    日本気管食道科学会会報 68(2), 79-84, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 喉頭・鼻腔に病変を有した成人T細胞白血病例

    雑賀 太郎 , 兵 行義 , 宇野 雅子 , 福島 久毅 , 粟飯原 輝人 , 秋定 健 , 西池 季隆 , 原田 保

    … Although such lesions are rarely found in the ear, nose and throat region, we experienced a case of ATLL with lesions in the larynx and nasal cavity. …

    耳鼻咽喉科臨床 補冊 149(0), 86-91, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 喉頭腺扁平上皮癌例

    雑賀 太郎 , 福島 久毅 , 兵 行義 , 粟飯原 輝人 , 宇野 雅子 , 原田 保

    … <p>We report a very rare case of adenosquamous carcinoma of the larynx. … We diagnosed the tumor as an adenocarcinoma of the larynx (T2N1M0, Stage III) and performed a total laryngectomy in combination with a left radical neck dissection and a right modified radical neck dissection. …

    耳鼻咽喉科臨床 補冊 149(0), 92-96, 2017

    J-STAGE

  • 喉頭軟骨様脂肪腫例

    濵本 真一 , 兵 行義 , 福島 久毅 , 原田 保

    … A flexible fiberscope examination showed a spherical mass covered by intact mucosa in the larynx, but the base of the lesion could not be identified. … Its cells contain vacuoles resembling lipoblasts or chondroblasts, and it usually arises in the proximal extremities or limb girdles of middle-aged women but rarely in the head and neck region, especially in the larynx.</p> …

    耳鼻咽喉科臨床 補冊 149(0), 97-102, 2017

    J-STAGE

ページトップへ