検索結果 341件中 1-20 を表示

  • 物の呼称は保たれ色彩失名辞を呈した1症例

    大石 如香 , 永沢 光 , 平山 和美 , Oishi Yuka , Nagasawa Hikaru , Hirayama Kazumi

    … Detailed neuropsychological evaluations about color perception and naming were performed one year after the onset. … He was able to arrange a set of color plates in the correct order in the Farnsworth 100-Hue test and perform flawlessly in the City University Colour Vision Test III. …

    新潟医療福祉学会誌 16(2), 51-57, 2017-03

    機関リポジトリ

  • 統合失調症患者に対するTinker Toy Testの有用性の予備的検討

    中村 泰久 , 穴水 幸子 , 山中 武彦 , 石井 文康 , 三村 將

    …  This is the pilot study in order to verify the usability of Tinker Toy Test (TTT). … Neuropsychological testing for basic information, TTT, and others was performed in order to compare between two groups, and logistic regression analysis was used to assess the difference between them according to the items which showed significant differences in the neuropsychological test. …

    日本福祉大学健康科学論集 = The journal of health sciences, Nihon Fukushi University 20, 9-18, 2017-03

    機関リポジトリ

  • 強迫症患者における実行機能とNIRSによる脳血流量変化

    向井 馨一郎 , 松浦 直己 , 松永 寿人

    <p>本研究は,3つの実行機能課題施行中の前頭葉課題の活動をNIRSによって測定し強迫症患者と健常者の比較検討を行い,強迫症患者における精神症状と前頭葉活動の関係を調べた。対象は,DSM-5によって診断した14名の強迫症患者と,年齢と性別をマッチングした16名の健常者である。ロンドン塔課題及び言語流暢性課題において,課題施行中の脳血流変化量は健常者群に比較して,強迫症患者群において有意 …

    不安症研究 9(1), 42-49, 2017

    J-STAGE

  • 縦版Trail Making Testと横版Trail Making Testにおける成績の違いについての一考察

    武田 千絵 , 中嶋 加央里 , 能登谷 晶子 , 砂原 伸行

    … <p>Trail Making Test(TMT)は,Halstead-Reitan Batteryの一つとして報告された縦型のTMT(縦版TMT)と鹿島らが作成した横型のTMT(横版TMT)の二つがある.しかし,2つのTMTでは成績が大きく異なり,その原因について詳細な言及はなされていない.今回若年健常者を対象に2つのTMTを実施し,所要時間を比較した.その結果横版TMTが縦版TMTよりも所要時間が延長し,Part A,B間で所要時間に差がなかった.縦版TMTの所要時間はPart …

    神経心理学 33(3), 207-215, 2017

    J-STAGE

  • くも膜下出血後遺症の男性に対する箱庭療法

    秋本 倫子 , 平尾 和之 , 山 愛美

    <p>くも膜下出血を発症した59歳の男性Aに対する心理療法の過程を,ニューロサイコアナリシスの観点から検討した。Aは,健忘,見当識障害,実行機能障害などの高次脳機能障害を示した。病態失認,作話,それに神経心理学で言う"保続"もあった。しかしながらセラピストは,バウムテストの描画や特に箱庭を見て,回復の潜在的可能性を信じるようになった。バウムや箱庭は,似たようなパターンを繰り返しているよ …

    箱庭療法学研究 30(1), 55-66, 2017

    J-STAGE

  • <b>物忘れを主訴に神経内科を受診した患者における</b><b> </b><b>海馬の萎縮および脳血流と神経心理学検査の関係</b><b> </b>

    備前 宏紀 , 木村 大介 , 大歳 太郎

    <p><tt>物忘れを主訴とする患者における海馬の萎縮や楔前部・後部帯状回の血流低下に関連する神経心理学検査を検討することを目的とした後方視的研究である.海馬の萎縮や血流低下を従属変数,</tt>Mini-Mental State Examination<tt>,改訂長谷川式簡易知能評価スケール(</tt>HDS-R<tt>) …

    保健医療学雑誌 8(2), 104-109, 2017

    J-STAGE

  • Trail Making Testにおけるターゲットの照合に関する事象関連電位

    中川 拓哉 , 福田 浩士

    … <p>認知機能のうち注意機能や運動遂行機能を評価するための神経心理学的な検査としてTrail Making Test(TMT)が広く用いられている.TMTでは最後のターゲットに到達するまでの要した時間を得点として評価するが,得点の低下・向上に影響すると考えられるターゲットの想起,探索,照合,運動実行のうち,どの機能が得点に影響しているかを明確にすることはできない.そこで本研究ではTMTにおけるターゲットの照合 …

    生体医工学 55Annual(4PM-Abstract), 351-351, 2017

    J-STAGE

  • 縦版Trail Making Testと横版Trail Making Testにおける成績の違いについての一考察

    武田 千絵 , 中嶋 加央里 , 能登谷 晶子 , 砂原 伸行

    … <p>Trail Making Test(TMT)は,Halstead-Reitan Batteryの一つとして報告された縦型のTMT(縦版TMT)と鹿島らが作成した横型のTMT(横版TMT)の二つがある.しかし,2つのTMTでは成績が大きく異なり,その原因について詳細な言及はなされていない.今回若年健常者を対象に2つのTMTを実施し,所要時間を比較した.その結果横版TMTが縦版TMTよりも所要時間が延長し,Part A,B間で所要時間に差がなかった.縦版TMTの所要時間はPart …

    神経心理学, 2017

    J-STAGE

  • リハビリテーション病院で軽度失語症者を見過ごさないための方法

    山路 千明 , 前島 伸一郎 , 中川 裕規 , 稲本 陽子 , 渡邉 誠 , 園田 茂

    … は標準失語症検査(Standard Language Test of Aphasia: SLTA)総合評価尺度が10 点であった脳卒中患者33 名で,失語症に特徴的な症状の有無から失語群と非失語群に分け,種々の神経心理学検査の得点を比較検討した.その結果,失語群は非失語群に比べ,Frontal Assessment Battery とWord Fluency Test で低値を示した.決定木分析を実施したところ,Word Fluency Test の結果により失語症の有無を判別 …

    脳卒中, 2017

    J-STAGE

  • 精神疾患を対象とした神経心理学的アプローチ

    松井 三枝

    <p>統合失調症への神経心理学的アプローチは,標準化された検査バッテリー法がひとつの分野として定着してきている.また,統合失調症に特徴的と思われる認知機能障害を実験神経心理学的観点から質的に分析したり,神経心理学と脳画像所見との関連を検討したり,脳機能画像の吟味によって,認知機能障害が報告されてきた.神経心理学的検査・認知実験によるアプローチについては,量的な遂行への着目のみならず,質 …

    神経心理学 33(2), 94-103, 2017

    J-STAGE

  • 心理学からみた症候学

    緑川 晶

    <p>神経内科で対象となる疾患の中で,神経難病,てんかん,頭痛および認知症に対する神経心理学研究の例を紹介した.神経心理学的な評価の役割を述べるとともに,仮説-評価アプローチに焦点を当て,仮説の生成の重要性と,生成のプロセスにおいて心理学の貢献と今後の方向性を提言した.</p>

    神経心理学 33(2), 113-120, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • Correlations between Cognitive Impairments and Employment Status in Patients with Diffuse Axonal Injury

    HIROTA Shin , INAJI Motoki , NARIAI Tadashi , HARA Mutsuya , TAMAKI Masashi , MAEHARA Taketoshi , TOMITA Hiroki , TONE Osamu

    … In this study, we analyzed how the findings of early and delayed neuropsychological assessments correlated with employment outcome of patients with DAI. … The neuropsychological battery consisted of the Wechsler Adult Intelligent Scale - Revised (WAIS-R), Wechsler Memory Scale - Revised (WMS-R), Trail Making Test (TMT), Wisconsin Card Sorting Test (WCST), and Word Fluency Test (WFT). …

    Neurologia medico-chirurgica 57(2), 94-100, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 脳損傷者の実車運転技能に関連する神経心理学的検査について : システマティックレビューとメタ分析

    加藤 貴志 , 岸本 周作 , 井野辺 純一 , 稲垣 敦

    総合リハビリテーション 44(12), 1087-1095, 2016-12

    医中誌Web

  • 神経心理学的検査による神経発達障害をともなう子どもの視覚認知処理過程の検討

    加戸 陽子 , 真殿 温美 , 横山 勇貴 , Higa Diez Midory , 諸岡 輝子 , 中野 広輔 , 荻野 竜也 , 濃野 信 , 眞田 敏

    … 独立行政法人日本学術振興会 科研費(25870931)Rey 複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure test)は視空間構成能力や視覚性記憶,実行機能などを評価する神経心理学的検査である。 …

    關西大學文學論集 66(3), 173-191, 2016-12

    機関リポジトリ

  • Neuropsychological Assessment of a New Computerized Cognitive Task that Was Developed to Train Several Cognitive Functions Simultaneously

    Ichihara-Takeda Satoe , Takeda Kazuyoshi , Ikeda Nozomu , Matsuyama Kiyoji , Funahashi Shintaro

    … The purpose of this study was to assess the cognitive features of our new task by comparing the scores of seven known neuropsychological batteries in healthy elderly subjects. … The relationships between performance in our task and the scores obtained by the neuropsychological batteries were examined. … The percentage of correct performance on our task was correlated with the scores on the category fluency test, the digit span backward task, and the Trail making test B. …

    Frontiers in Psychology 7, 2016-04-12

    機関リポジトリ DOI

  • 一過性に右前頭・側頭部の血流低下および遂行機能障害を認めた急性脳症の1例

    佐野 史和 , 金村 英秋 , 反頭 智子 , 杉田 完爾 , 相原 正男

     脳血流single photon emission computed tomography (以下SPECT) は急性脳症において急性期の異常所見の検出感度が高いことなどから, 近年注目される検査の一つとなってきている. 今回我々はSPECTで一過性に右前頭・側頭部の血流低下を認め, 同時期に新規作業の学習困難を含む遂行機能障害を呈した急性脳症の1例を経験した.<br>&e …

    脳と発達 48(4), 282-286, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 特異的言語障害を伴う発達性ディスレクシアの 1 例

    橋本 竜作 , 岩田 みちる , 下條 暁司 , 柳生 一自 , 室橋 春光

    <p>  症例は 11 歳 5ヵ月の女児。主訴は漢字の学習障害であった。本例は口頭および文字言語の習得を阻害する要因 (知的発達障害や感覚障害) はなかった。検査の結果, 音読速度は遅く, 漢字の書字困難を示した。さらに絵の叙述において困難が認められた。新しく作成した構文検査を本例に行い, 生活年齢対照群および語い年齢対照群の成績と比較した。結果, 本例は格助詞の使 …

    高次脳機能研究 (旧 失語症研究) 36(3), 432-439, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 失語症候群の診断と治療

    辰巳 寛 , 山本 正彦

    … Quantitative assessments must also be evaluable using a systematic objective test.</p><p>The mainstream of aphasia treatment is the classical stimulus–facilitation method. … Recently, a cognitive neuropsychological approach, a pragmatic approach, and Melodic Intonation Therapy have also attracted attention as possible therapies. …

    神経治療学 33(3), 362-367, 2016

    J-STAGE

  • Relations of biomarkers of manganese exposure and neuropsychological effects among welders and ferroalloy smelters

    HASSANI Hamid , GOLBABAEI Farideh , SHIRKHANLOO Hamid [他] , TEHRANI-DOUST Mehdi

    … The objective of present study was to assess relationship between biomarkers of Manganese (Mn) and neuropsychological effects. … Questionnaire 16 (Q16) and Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery (CANTAB) were used to evaluate the neuropsychological effects. …

    Industrial Health 54(1), 79-86, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ