検索結果 124件中 1-20 を表示

  • ニホンナシ'幸水'における発芽不良障害の発生は秋冬期の家畜ふん堆肥を通じた窒素施用が関係している

    阪本 大輔 , 藤川 和博 , 坂上 陽美 , 井上 博道 , 伊東 明子 , 森口 卓哉 , 東 明弘 , 杉浦 俊彦

    <p>九州各県では,近年,ニホンナシ'幸水'の露地栽培において芽枯れを主症状とする発芽不良障害が多発している.今回,発芽不良障害の発生要因を明らかにするために,冬期を中心とした家畜ふん堆肥および化学肥料を通じた窒素施用の影響をポット樹および露地栽培樹を用いて試験を行った.秋冬期の高温条件を再現した温室ハウス内のポット樹で冬期の窒素施肥が発芽不良障害の発生に及ぼす影響について調査したのに …

    The Horticulture Journal 86(1), 19-25, 2017

    J-STAGE

  • Application of Livestock Waste Compost as a Source of Nitrogen Supplementation during the Fall-winter Season Causes Dead Flower Buds in Japanese Pear 'Kosui'

    Sakamoto Daisuke , Fujikawa Kazuhiro , Sakaue Takami , Inoue Hiromichi , Ito Akiko , Moriguchi Takaya , Higashi Akihiro , Sugiura Toshihiko

    … Dead flower buds were frequently observed in the Japanese pear cultivar 'Kosui' (Pyrus pyrifolia) when trees were cultured under open field conditions in the southwestern regions of Japan. … To elucidate the causes of dead flower buds, we studied the effect of nitrogen (N) supplements using two experimental designs that included trees grown in pots and in the field. …

    The Horticulture Journal advpub(0), 2017

    J-STAGE

  • 鉢物ファレノプシスの日持ち性と1-MCP処理による品質保持

    二村 幹雄 , 南 明希 , 山口 徳之

    愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center (48), 129-132, 2016-12

  • 日没後の短時間昇温処理(EOD-heating)による鉢花・花壇苗の省エネ栽培技術の開発

    髙山 智子 , 石川 貴之 , 近藤 恵美子

    花きの冬期施設栽培において暖房コストの削減は経営上の重要な課題である。また地球温暖化の要因とされている二酸化炭素の排出抑制も環境保護の点から避けては通れない課題である。これらのことから品質低下や出荷時期の遅延を招くことなく,より低コストで環境に優しい栽培技術の開発が求められている。今回供試したポットカーネーションでは,長日処理や早期摘心処理の組み合わせにより,従来の夜温設定よりも低い温度で栽培可能 …

    埼玉県農林総合研究センター研究報告 (14), 44-47, 2015-03

    日本農学文献記事索引

  • High efficiency <i>Agrobacterium</i>-mediated transformation of <i>Dendrobium</i> orchid using protocorms as a target material

    Phlaetita Wasana , Chin Dong Poh , NtuiValentineOtang [他] , Nakamura Ikuo , Mii Masahiro

    … Dendrobium orchid is one of the most popular cut flower and potted plants. … nobile</i>-type orchids with various traits such as novel flower color and resistances to biotic and abiotic stresses. …

    Plant Biotechnology 32(4), 323-327, 2015

    J-STAGE

  • High efficiency <i>Agrobacterium</i>-mediated transformation of <i>Dendrobium</i> orchid using protocorms as a target material

    Phlaetita Wasana , Chin Dong Poh , Otang Ntui Valentine , Nakamura Ikuo , Mii Masahiro

    … Dendrobium orchid is one of the most popular cut flower and potted plants. … nobile</i>-type orchids with various traits such as novel flower color and resistances to biotic and abiotic stresses. …

    Plant Biotechnology advpub(0), 2015

    J-STAGE

  • Horticultural characterization of a tetraploid transgenic plant of <i>Tricyrtis</i> sp. carrying the gibberellin 2-oxidase gene

    Otani Masahiro , Ishibe Mitsuyo , Inthima Phithak [他] , Supaibulwatana Kanyaratt , Mori Shiro , Niki Tomoya , Nishijima Takaaki , Koshioka Masaji , Nakano Masaru

    … No significant differences in the number of flowers per shoot and in the flower size were observed between G2-55 and the control. … The tetraploid transgenic plant G2-55 may be useable not only directly as a potted plant, but also as a material for further breeding of <i>Tricyrtis</i> …

    Plant Biotechnology 31(4), 335-340, 2014

    J-STAGE

  • Horticultural characterization of a tetraploid transgenic plant of <i>Tricyrtis</i> sp. carrying the gibberellin 2-oxidase gene

    Otani Masahiro , Ishibe Mitsuyo , Inthima Phithak , Supaibulwatana Kanyaratt , Mori Shiro , Niki Tomoya , Nishijima Takaaki , Koshioka Masaji , Nakano Masaru

    … No significant differences in the number of flowers per shoot and in the flower size were observed between G2-55 and the control. … The tetraploid transgenic plant G2-55 may be useable not only directly as a potted plant, but also as a material for further breeding of <i>Tricyrtis</i> …

    Plant Biotechnology, 2014

    J-STAGE

  • 加温処理によるカラマツ類のつぎ木ポット苗の着花促進

    今 博計 , 来田 和人 , 内山 和子 , 黒丸 亮

    カラマツ類の採種園・交配園では、着花調節が難しい、着花の年変動が大きいことなど、着花・結実性が大きな問題となっている。これまで人為的に花を着けさせるため、薬剤処理(GA4/7)や根切り・傷つけ処理など様々な方法が試みられてきたが、有効な手法は確立されてこなかった。しかし、近年カナダのケベック州では、日本カラマツとヨーロッパカラマツの接ぎ木苗を側面に小さな穴の開いたポットに植え、温室で育てることで、 …

    日本森林学会大会発表データベース 124(0), 156, 2013

    J-STAGE

  • 京都にゆかりのある花き品目(鉢物)の印象及び実物大写真を用いた購入意欲調査

    竹本 哲行 , 河合 哉 , 末留 昇

    京都らしさを付加価値とした鉢物生産を振興するため、京都にゆかりがあり鉢物生産が可能な9品目について植物の写真に加えて、植物名や由来などの付加情報が京都らしさの印象に及ぼす影響をアンケート形式で調査した。さらに商品形態の異なる実物大の写真を用いた購入意欲に関する評価についてもアンケート調査を行った。1 京都らしさの印象調査において植物名や由来を提示することで京都らしさの印象が増す傾向となったが、品目 …

    京都府農林水産技術センター農林センター研究報告. 農業部門 (35), 25-38, 2012-12

    日本農学文献記事索引

  • 定植前長日処理による四季成り性イチゴ'なつあかり'の一年生苗の花芽分化促進と年内収量への影響

    濱野 惠 , 山崎 浩道 , 矢野 孝喜 , 本城 正憲 , 森下 昌三

    四季成り性イチゴ'なつあかり'の一年生苗を7~8月に定植して9~10月から年内に収穫するため,定植前長日処理について検討した.5月30日,6月17日,7月1日および前年7月に採苗した苗は,採苗時期に関わらず長日処理(24時間日長,1か月間)で花芽分化が促進されて9~10月から収穫可能となった.また,長日処理を行った一年生苗の年内収量は前年採苗苗と同等以上であった.すべての株で年内収穫可能な時期に花 …

    園芸学研究 11(4), 467-475, 2012

    J-STAGE

  • ブルーベリーの花芽着生に及ぼす山上げ処理の効果および山上げ樹の促成栽培

    周 雪賓 , 青木 宣明 , 東出 忠桐

    農業生産技術管理学会誌 18(1), 1-9, 2011-06-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  参考文献20件

  • Effects of Light Intensity, Number of Florets, and Water Stress on Quality and Soluble Carbohydrate Contents of Potted Carnation

    山根 健治 , 猪爪 亜希 , 中島 有香 [他] , 和田 義春 , 八巻 良和 , 林 万喜子 , 清水 明

    鉢花カーネーションの収穫後品質向上のため室内での開花と可溶性炭水化物の変化について調査した.20℃,PPFD 15 μmol・m<sup>−2</sup>・s<sup>−1</sup> 連続光下における'アンネマリー'の日持ちは約 12 日であった.株全体の乾物重と全可溶性炭水化物含量(TSC)は室内搬入 6 日後まで低下し,14 日後にやや増加した …

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 79(3), 301-307, 2010

    J-STAGE

  • モモ'白鳳'の花芽における温度と自発休眠覚醒効果との関係

    杉浦 俊彦 , 阪本 大輔 , 朝倉 利員 , 杉浦 裕義

    … The relationship between temperature and the effect on endodormancy completion was investigated in flower bud of the 'Hakuho' peach, in order to develop a method estimating endodormancy completion. … Potted trees were chilled in temperature-controlled dark rooms (-6, -3, 0, 3, 6, 9, 12 and 15°C) from October or early November. …

    農業気象 66(3), 173-179, 2010

    J-STAGE

  • グローバル化に対応したアメリカ花卉産地の経営展開 : カリフォルニア州サリナスの鉢物花卉産地を事例として

    田中 真由紀

    … From the early 1970s, cheap flower imports from South America have increased, thereby affecting the American flower market. … Among developed countries, the cut flower market in America has already experienced decline This study outlines the characteristics of flower production and price changes by factors of flower production and analyzes those price changes based on U.S. Department of Agriculture and California State statistical data. …

    農業市場研究 18(1), 84-89, 2009-06-30

  • シクラメンの日持ちに関係する栽培要因の分析

    糀谷 斉 , 大泉 賢吾

    シクラメンの品質保持期間である日持ちと栽培方法の関係を解析した。従来の研究とは異なり、栽培方法に関しては単一要因ではなく体系的に捉えた要因を分析対象とした。また、日持ちは消費者が観賞価値を有すると考える期間とし、同一環境下に複数の生産者のシクラメンを設置して日持ちを比較した。日持ちと栽培方法の関係を解析するための分析方法は数量化Ⅰ類を用いた。分析の結果、品質保持期間に影響した栽培要因は、鉢培養土の …

    システム農学 25(2), 111-120, 2009-04-10

    J-STAGE 参考文献13件

  • A generalized production model for potted flowers

    MARUYAMA Yoshiriro

    富山県立大学紀要 19, pp30-37, 2009-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 花卉価格低迷下における東京近郊の鉢花・花壇苗産地の対応 : 埼玉県旧川里町屈巣・広田地区を事例として

    深瀬 浩三

    … This paper examines the production area of potted plants and flowerbed seedlings in Kawasato, Saitama Prefecture in the face of low market price of flowers. … Production technology of vegetable seedlings provided the basis of potted plant and flowerbed seedling production. … A producers' cooperative association established by pioneering farmers and the existence of local flower market contributed to the emergence of a flower production core in Kawasato. …

    新地理 : 日本地理教育學會會誌 55(3), 1-18, 2008-03-31

    J-STAGE 参考文献23件

  • Analysis of Nitrogen and Amino Acid Contents in Cut and Potted Flowers of Eustoma grandiflorum

    河鰭 実之 , 中條 宛宜

    トルコギキョウ花弁における全窒素含量および遊離アミノ酸含量の開花・老化にともなう変化を鉢植えで調べるとともに,開花時におけるこれらの含量を,スクロースを加えた切り花(+Suc),加えない切り花(−Suc),鉢植え(Pot)間で比較した.全窒素含量は,花の発達にともないしだいに低下した.遊離アミノ酸の HPLC 分析により Asp, Glu, Asn, Gln, Ser, Phe, Gly, Thr …

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 77(2), 192-198, 2008

    J-STAGE

  • ホームユースのシクラメン鉢物の生育が消費者の感情に及ぼす影響

    朴 昭英 , 山根 健治 , 藤重 宣昭 , 八巻 良和

    冬季に人気の高い室内植物であるシクラメン鉢物を用い,育てる人による生育の違いやその生育状況が人に与える影響を調査した.栃木県在住の女性(46名,平均46.1才)を被験者とし,各自宅で栽培してもらいながら生育と心理的な調査を行った.3か月間の生育と品質は被験者による変動が大きかったため,植物の生育状態別により被験者を五つのGradeに分類した.植物の生育と被験者の自己評価(r = 0.7, p &l …

    園芸学研究 7(2), 317-322, 2008

    J-STAGE

ページトップへ