検索結果 201件中 1-20 を表示

  • 歩行負荷シミュレータを用いた義足足部・足継手部および高機能下肢装具の歩行機能計測評価

    森本 正治 , 吉田 晴行 , 富山 弘基 , 橋本 泰典

    <p>立脚期の下腿部に加わる負荷波形を繰り返し再現できる歩行負荷シミュレータを製作して足部・足継手部に作用するScrew Lineと足底揺動板との交点としての着力点の三次元Rollover軌跡を表示するとともに, 足底に作用する力ベクトルとモーメントベクトルを重ね合わせて表示することで運動学的特性と力学的特性を併せて表示できる計測評価手法を開発した. これを用いて代表的な義足足部・足継 …

    バイオメカニズム 23(0), 223-232, 2016

    J-STAGE

  • 義足足部─Stable/Unstableシューズの組に着目したISO22675準拠試験機による矢状面内の動的Rollover特性評価

    吉田 晴行 , 野条 久洋 , 森本 正治 , 天辰 直貴 , 富山 弘基

    <p>義足足部・足継手部 (以下, 義足足部) の歩行機能評価に関して従来では, Rollover 特性を計測する試みがある. 但し, 静的・準静的試験機を用いた計測手法, あるいは被験者を介した動特性計測手法による議論であり, 義足足部が有する動的Rollover特性の客観的評価にまで至っていない. 併せて, シューズ着用を想定した義足足部の動的Rollover特性についても客観的評 …

    バイオメカニズム 23(0), 213-222, 2016

    J-STAGE

  • 中足指節関節の背屈運動を再現できる短下肢装具が痙直型片麻痺児1症例の歩行動作に及ぼす影響

    米津 亮 , 鈴木 淳也 , 山縣 学 , 齋藤 聡佳 , 大橋 由佳 , 小栢 進也 , 淵岡 聡

    <p>柔軟性を有する炭素繊維強化プラスチックを用いて,中足指節関節の背屈運動を再現できる短下肢装具を試作した.本研究では,痙直型片麻痺を呈する脳性麻痺児1症例を対象に,試作した短下肢装具が歩行動作に及ぼす影響を検討した.そこで,対象児に試作した短下肢装具,既存の短下肢装具,裸足の条件で床反力計と同期設定した動作解析装置で歩行動作を記録した.その結果,既存の短下肢装具に比較して,足関節背 …

    日本義肢装具学会誌 32(3), 190-193, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 電撃性紫斑病による四肢切断者のリハビリテーションにおける義肢の工夫

    中村 隆 , 山﨑 伸也 , 中川 雅樹 , 田中 亮造 , 高橋 剛治 , 飛松 好子

    <p>四肢切断者のリハビリテーションと義肢の適応に関する症例報告である.57歳,男性.電撃性紫斑病による四肢末梢の虚血性壊死により,両前腕,両下腿の切断に至る.リハビリテーションでは移動の確保や義肢の自己装脱着といった課題が顕在化し,義肢の改良とデバイスの活用が必要であった.本症例は我々が経験した同疾病による3例目の症例であったが,過去2例と比較して訓練の遂行に問題はなく,両側能動義手 …

    日本義肢装具学会誌 32(3), 194-197, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 圧力センサのフットスイッチを用いた聴覚フィードバック装置の開発と信頼性

    木村 和樹

    <p>下肢の感覚障害によって歩行時のクリアランスが消失するなどの異常歩行が生じる.そこで感覚を代償をするために,フットスイッチを使用した聴覚フィードバック装置を作製した.この装置は,足底接地時に日階名(音階)「ド」「レ」「ミ」と発生する設定が可能である.足底接地時の音の発生によりフィードバックが可能.さらに,フットスイッチの信頼性の検討を行った.検者内信頼性は健常者27名54肢(男性1 …

    日本義肢装具学会誌 32(1), 45-49, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • プラスチック短下肢装具歩行立脚相における荷重ベクトルの状態と装具底背屈角度との関係

    北野 将利 , 北山 一郎 , 森岡 大輔 , 山中 隆 , 池原 用祐 , 小山 秀世 , 森本 高志 , 園部 秀樹 , 宮崎 展行

    … We found that at the early stance phase, force vectors apply at a slightly lower region of the prosthetic rear wall, the level of which is the same as the upper belt, and at the late stance phase, they usually apply at the upper belt region. …

    実験力学 16(2), 147-153, 2016

    J-STAGE

  • The status of application and physiotherapy-rehabilitation of prosthetics in Turkey

    Ünver Banu , Şahan Tezel Yıldırım , Türkyılmaz Seda , Karagözoğlu Ayşe , Ülger Özlem

    … [Purpose] The aim of this study was to determine the frequency of prosthetic applications and to appraise the importance of amputee rehabilitation in Turkey. … 55.6% of institutions made preprosthetic assessments, 63.9% used gait analysis, and 50% performed prosthetic rehabilitation frequently. …

    Journal of Physical Therapy Science 28(5), 1534-1537, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 日常生活環境における大腿義足歩行の主要な下肢関節回転運動パターンの解析

    林 祐一郎 , 辻内 伸好 , 宇野 龍司 , 牧野 裕太 , 松田 靖史 , 土屋 陽太郎

    … Recently, it is thought that trans-femoral amputees are needed to regain moving pattern by refined rehabilitation program using joint angle and joint moment as kinematic and kinetic conditions on the prosthetic limb with the artificial knee joint. … On the other hand, understanding physical feature quantities applied on the prosthetic limb is important for biomechanical consideration of trans-femoral amputees. …

    日本機械学会論文集 82(835), 15-00525-15-00525, 2016

    J-STAGE

  • 関節モーメント・角度を含めた下肢関節回転運動の定量的な解析手法の提案

    林 祐一郎 , 辻内 伸好 , 中村 匠汰 , 牧野 裕太 , 浅野 真由 , 松田 靖史 , 土屋 陽太郎

    … In human gait motion analysis, which is one useful method for efficient physical rehabilitation to define various quantitative evaluation indices, joint angles and joint loads are measured during gait. … Recently, it is thought that trans-femoral amputees with the prosthetic limb must regain motion pattern by refined rehabilitation program using joint moments as a representative joint loads and understanding them is indispensable for biomechanical consideration. …

    日本機械学会論文集 82(834), 15-00344-15-00344, 2016

    J-STAGE

  • 義足療法を用いた脳卒中の歩行再建の試み

    長谷 公隆

     模擬義足を非麻痺側下肢に適用して歩行訓練を行う義足療法は,非麻痺肢による機能的代償を抑制した歩行訓練を展開することが可能である.歩行に必要な動的姿勢制御と推進力の供給が麻痺肢に求められることとなるために,麻痺肢の単脚支持時間や床反力駆動成分が改善し,片麻痺歩行に特徴的な大腿および下腿筋群の同時収縮による立脚期制御が変容する.短下肢装具を用いて歩行可能な片麻痺患者がよい適応であるが,免荷歩行システ …

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 53(1), 40-46, 2016

    J-STAGE 医中誌Web

  • 日常生活環境における大腿義足歩行の主要な下肢関節回転運動パターンの解析

    林 祐一郎 , 辻内 伸好 , 宇野 龍司 , 牧野 裕太 , 松田 靖史 , 土屋 陽太郎

    … Recently, it is thought that trans-femoral amputees are needed to regain moving pattern by refined rehabilitation program using joint angle and joint moment as kinematic and kinetic conditions on the prosthetic limb with the artificial knee joint. … On the other hand, understanding physical feature quantities applied on the prosthetic limb is important for biomechanical consideration of trans-femoral amputees. …

    日本機械学会論文集 advpub(0), 2016

    J-STAGE

  • 関節モーメント・角度を含めた下肢関節回転運動の定量的な解析手法の提案

    林 祐一郎 , 辻内 伸好 , 中村 匠汰 , 牧野 裕太 , 浅野 真由 , 松田 靖史 , 土屋 陽太郎

    … In human gait motion analysis, which is one useful method for efficient physical rehabilitation to define various quantitative evaluation indices, joint angles and joint loads are measured during gait. … Recently, it is thought that trans-femoral amputees with the prosthetic limb must regain motion pattern by refined rehabilitation program using joint moments as a representative joint loads and understanding them is indispensable for biomechanical consideration. …

    日本機械学会論文集 advpub(0), 2016

    J-STAGE

  • G0200304 義足足部-シューズの組に着目したISO22675準拠試験機によるRollover特性解析

    天辰 直貴 , 吉田 晴行 , 森本 正治 , 野条 久洋

    … This study performed an usability test under the gait conditions of 70.0[kg] loading level and 2.0[s] cyclic loading period with the testing equipment which reproduced a motion walk based on strength testing method (ISO22675) of the prosthetic foot part in a walk period. … I evaluated the influence that the combination of prosthetic foot part and Stable/Unstable shoes gave in walk properties using three-dimensional Rollover Shape. …

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2015, "G0200304-1"-"G0200304-4", 2015-09-13

  • 2A1-H10 義足のつま先部の改良による歩容改善に関する研究

    藤林 温子 , 石井 千春

    … This paper discusses the improvement of a gait in prosthetic leg walk by improvement of a toe part of the prosthetic foot. … The toe part of the prosthetic foot was improved so that it can bend more than before. …

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2015, "2A1-H10(1)"-"2A1-H10(3)", 2015-05-17

  • 抗力を具備した継手付き体幹装具の使用が健常高齢者と人工膝関節全置換術患者のパフォーマンステストに与える影響

    前田 和也 , 勝平 純司 , 金子 純一朗 , 小川 幸宏 , 石坂 正大 , 安井 匡 , 本田 雅典 , 大津 あゆみ , 大平 和弥 , 小野 恵里奈 , 紙谷 航平 , 佐藤 守且 , 鈴木 敬太 , 内藤 大樹

    <p>高齢者や人工膝関節全置換術(以下,TKA)術後患者は,加齢による脊柱後弯・骨盤後傾の姿勢変化を生じることが知られている.この姿勢変化は,歩行能力やバランス能力を低下させ,転倒の危険性を高める可能性がある.この問題を解決するために,我々は,抗力を具備した継手により連結した体幹装具Trunk Solution(以下,TS)を開発した.TSは骨盤前傾を促し,腹筋群の筋活動を増大させる効 …

    日本義肢装具学会誌 31(4), 262-267, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • こどもの下肢装具の治療可能性

    松井 彩乃

    <p>こどもの下肢装具の治療可能性について,臨床経験を基に論じた.歩容異常への対策の立案(Plan),装具処方(Do),装具装着下での歩容評価(Check),修正(Act)を繰り返すPDCAサイクルにより装具処方の汎化を試みた.装具製作に際しては,骨格アライメント,特に距踵関節の安定化,距腿関節運動の正常化,前足部アライメントの正常化が重要であった.こどもの装具治療では, …

    日本義肢装具学会誌 31(4), 222-230, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 急性期脳卒中患者のカットダウン可能な時期における装具療法の効果

    山本 征孝 , 藤本 康浩 , 森 義統 , 椿野 稔

    <p>カットダウン可能な時期における急性期脳卒中片麻痺患者を対象に,長下肢装具(以下,KAFO)と短下肢装具(以下,AFO)のそれぞれを用いたリハビリテーションの治療効果の調査を行った.対象は急性期脳卒中片麻痺患者で,AFOを使用した歩行が可能な者14名とした.AFOを使用する群とKAFOを使用する群に対象を分け,練習前後で非麻痺側・麻痺側下肢最大荷重量,歩幅,歩行速度,歩行率を比較し …

    日本義肢装具学会誌 31(4), 248-254, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • モジュラーソケットシステムの導入効果

    井戸 淳也 , 加藤 弘明 , 山根 好夫 , 神田 一憲

    今日の切断者リハビリテーションは,早期介入が重要となっている.今回,即日の完成が可能な「モジュラーソケットシステム(以下,MSS)」を導入し,旧来の方法とMSSを導入した症例について義足歩行獲得までの期間の比較を行った.その結果,MSS導入群は旧来群に比べ,義足歩行獲得までの期間を約20日短縮できた.この要因は,MSSの利点,すなわち,採型直後にその場で義足作製が可能で,歩行訓練を早期から開始でき …

    日本義肢装具学会誌 31(3), 188-190, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 鹿児島県の理学療法士が所属するリハビリテーション施設における下肢装具処方のアンケート調査

    廣川 琢也 , 松元 秀次 , 上間 智博 , 池田 恵子 , 宮良 広大 , 下堂薗 恵 , 川平 和美

    鹿児島県の理学療法士が所属するリハビリテーション250施設を対象に下肢装具処方の現状と問題点を明らかにする目的でアンケート調査を行った.有効回答数および回収率は152施設(60.8%)であった.回答が得られた施設は,リハビリテーション施設基準にて脳血管や運動器がIの施設が約半数であった.しかし,下肢装具処方の状況では,ブレースクリニックの実施率は21%と低く,装具選択の判断に関わる人数は2名以下が …

    日本義肢装具学会誌 31(3), 173-179, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ