検索結果 26件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • てこクランク機構と包絡線形溝カムを用いた複合型無段変速機の開発

    湯川 俊浩 , 村上 彰勘 , 武田 洋一 , 大島 修三

    … We propose a mechanical combined-type continuously variable transmission (CVT) which has quadric-crank chains, one-way clutches, and plate-cams, as one of the conduction mechanisms. … Especially in this paper, we explain about design for a plate cam using an envelope curve, and we realize the CVT's fundamental function to sustain the relationship between the rotation in input and output axes. …

    設計工学 51(7), 519-534, 2016

    J-STAGE

  • てこクランク機構と包絡線形溝カムを用いた複合型無段変速機の開発

    湯川 俊浩 , 村上 彰勘 , 武田 洋一 , 大島 修三

    … We propose a mechanical combined-type continuously variable transmission (CVT) which has quadric-crank chains, one-way clutches, and plate-cams, as one of the conduction mechanisms. … Especially in this paper, we explain about design for a plate cam using an envelope curve, and we realize the CVTs fundamental function to sustain the relationship between the rotation in input and output axes. …

    設計工学 advpub(0), 2016

    J-STAGE

  • 21013 領域ベースマッチングを用いた画像計測における局所画像の特性評価

    飯塚 嵩明 , 新津 靖

    … The best similarity and surrounding better similarities are approximated by the quadric surface function for estimating the sub-pixel displacement. … This method uses the self-similarity and the characterization of approximated quadric surface. …

    日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集 2014(20), "21013-1"-"21013-2", 2014-03-14

  • 2A1-Q11 ビジョンシステムによる路面領域の抽出(【交通・物流部門】カー・ロボティクスとITS)

    松井 俊樹 , 菅沼 直樹

    … For an autonomous vehicle, the extraction of road region is one of the important function to achieve a safety travel. … This technique is based on the model fitting with a quadric surface model. … However, a quadric surface model fitting has a problem that a result is not stable in an obstacle on road surface vicinity. … Additionally, to extract a complex road surface, a quadric surface model is fitted to point clouds toward depth direction in partially. …

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2013, "2A1-Q11(1)"-"2A1-Q11(4)", 2013-05-22

  • 音像定位実験における被験者数が正答率に与える影響

    工藤 彰洋

    音像定位の精度を評価するための聴覚心理実験において安定で信頼性の高い結果を得るために必要となる被験者数RNS(Required Number of Subjects)を決定することは音響心理学の重要な課題のひとつである.本稿では,定位の正答率の信頼区間を用いてRNSを決定する手法を提案する.定位の正答率は,基準音に対する評価音の音像定位の左右を強制判定する二者択一方式の音像定位実験を行なって得た. …

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 110(171), 47-52, 2010-08-02

    参考文献3件

  • 高速度カメラを用いた燐光寿命法による可視化エンジン内壁面温度分布計測(流体工学,流体機械)

    染矢 聡 , 内田 光則 , 大倉 康裕 [他] , 李 艶栄 , 岡本 孝司

    … A decay of luminescent intensity was represented by a mono-exponential function. … The decay curves at various temperature conditions were fitted well to a quadric function, from which the decay constant at each temperature was obtained. …

    日本機械学会論文集 B編 76(767), 1035-1041, 2010

    CiNii 外部リンク J-STAGE 参考文献20件 被引用文献1件

  • 微視き裂分布評価を目的とした多面体試験片を利用した花崗岩の主軸方向決定法

    奈良 禎太 , 加藤 春實 , 金子 勝比古

    … By using the associated Legendre function, it was shown that the three-dimensional distribution of the longitudinal wave velocity could be approximated within 2nd order terms of the associated Legendre function. … This result means that the wave distribution function can be expressed with the quadric surface and the coefficients can be expressed as the symmetric tensor of the 2nd rank. …

    Journal of MMIJ : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 124(12), 725-732, 2008-12-25

    J-STAGE 参考文献27件

  • SPH法を用いた超高速衝突破壊現象の2次元軸対称解析における計算効率の改善

    伊藤 亮

    … We propose to adopt a simple function having only even-order terms as the kernel for the SPH method in axisymmetric coordintates, to improve the computational efficiency. … The equations of conservation laws, the strain rate and rotation rate are formulated by using the quadric kernel and the quartic kernel. … The HVIs are numerically simulated by using the quadric kernel, quartic kernel and Gaussian kernel for comparison. …

    日本航空宇宙学会論文集 = Journal of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 56(656), 407-415, 2008-09-05

    J-STAGE 参考文献16件

  • 成績評価における評点の算出のためのひとつの方法

    阿部 誠

    日本数学教育学会高専・大学部会論文誌 15(1), 89-96, 2008-08-25

  • QUANTIZATION OPERATORS ON QUADRICS

    BAUER Wolfram , FURUTANI Kenro

    … Then we introduce a family of measures and operators from function spaces on these quadrics to $ L_2 (S^n) $ which are defined by fiber integration. … Next we treat the case of the complex projective space and we explain that the space corresponding to the quadric is a matrix space consisting of rank-one complex matrices whose square is zero. …

    Kyushu Journal of Mathematics 62(1), 221-258, 2008-03

    機関リポジトリ J-STAGE

  • SIMULTANEOUS PROJECTIVE RECONSTRUCTION OF VISUAL PRIMITIVES WITH BUNDLE ADJUSTMENT

    Uesu Daisuke , Mitsuhashi Wataru

    … One motivation for the use of quadric surfaces and plane conics is that many man-made objects are built up from them. … Due to the noise in the data, the global minimum of classic cost function used in bundle adjustment may unfortunately break the topology of the quadrics, planar conics and degenerate quadrics. … Accordingly, during the iterations of this method, we need to add new constraints to keep the planar conic and degenerate quadric to preserve their topology. …

    電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 107(411), 303-306, 2008-01-07

    参考文献11件

  • 1707 オプション評価におけるRBFの比較(OS17.RBFと選点法の新展開(2),ポスターセッションP-3)

    何 艶 , 北 栄輔

    計算力学講演会講演論文集 2007(20), 307-308, 2007-11-25

  • オプティカルフロー計算法における高次拘束の性質

    井宮 淳 , 亀田 裕介 , 酒井 智弥

    本論では,オプティカルフロー計算のための高次拘束の性質にをまとめる.オプティカルフローはベクトル場であるため,勾配法によるオプティカルフロー計算に,ベクトルスプライン拘束を採用することが行われる.また,変形体の境界壁の動きの抽出には,変形体の力学的性質から薄板スプライン拘束を利用することも行われる.1次ベクトルスプライン拘束は,Horn-Schunck式に等価になる場合が知られている.また,2次元 …

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 106(301), 35-40, 2006-10-13

    参考文献22件

  • 多段階生産システムでの工程間の因果関係に着目した品質改善対象工程の同定支援アプローチ

    水山 元 , 池田 龍哉

    本論文では,多段階生産システムにおける製造品質のレベルをそこで得られる製品の品質特性(製品特性)のばらつきによって評価したうえで,製造工程のロバスト性向上や要因管理によってそのレベルを向上させていくサイクルを効果的に回すための一つのアプローチを提案する.提案法では,技術者の知識や観測データに基づいて,各工程で作り込まれる半製品段階での中間特性と最終的な製品特性の間の因果関係をモデル化する.そして, …

    日本経営工学会論文誌 = Journal of Japan Industrial Management Association 56(3), 209-217, 2005-08-15

    参考文献11件

  • 画像のブロックマッチングにおける相関関数とサブピクセル推定方式の最適化

    新井 元基 , 鷲見 和彦 , 松山 隆司

    … In this paper, I explained that the systematic error in sub-pixel estimation is generated by the mismatch of a correlation function and a fitting function, and I proved that the shape of correlation function is deformed from the ideal theoretical shape because of existing residual error of correlation function which is resulted in stereo calibration and digitization on block matching using real images. …

    情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 2004(40(2004-CVIM-144)), 33-40, 2004-05-06

    情報処理学会 参考文献3件 被引用文献3件

  • 温度こう配下における積層はり端部はく離のエネルギー解放率

    戸谷 眞之 , 小田 美紀男 , インディヨノ ララック [他] , 有冨 正男

    … The energy release rate is a quadric function of the temperatures at the top and the bottom surfaces of the layered beam and the mode of delamination growth changes from pure mode II to mixed mode type at the temperature difference at which energy release rate takes minimum value. …

    日本機械学会論文集. A編 00066(00647), 1362-1369, 2000-07-25

    機関リポジトリ J-STAGE 参考文献11件 被引用文献3件

  • Nash 交渉ゲームモデルによる設計者の志向にそった制御系の最適化

    中本 邦博 , 小西 康夫 , 近藤 克哉 [他] , 石垣 博行

    … We then optimize a feedback gain of LQR(Linear Quadric Regulator)on a motor-mass system to show the concept's effectiveness. …

    日本機械学会論文集. C編 00066(00644), 1223-1229, 2000-04-25

    参考文献10件

  • Nash交渉ゲームモデルによる設計者の志向にそった制御系の最適化

    中本 邦博 , 小西 康夫 , 近藤 克哉 , 石垣 博行

    … We then optimize a feedback gain of LQR(Linear Quadric Regulator)on a motor-mass system to show the concept's effectiveness. …

    日本機械学会論文集 C編 66(644), 1223-1229, 2000

    J-STAGE

  • 手振りと言語による仮想物体形状生成インタフェース

    吉田 美寸夫 , ティヘリノ ジュリ A. , 宮里 勉 [他] , 岸野 文郎

    筆者らは, 3次元形状に関する概念的な表現を体系化した知識を利用して, 形状に関する言語的な表現をグラフィックスパラメータに翻訳することによって, 仮想物体の生成・編集を実現する手法の確立を目指している.このような手法では, 概念的な言語表現と形状との対応から単純な形状を生成することは可能であるが, 複数のパラメータが必要な曲面等の形状では困難である.形状を表現する手振りと言語の意図を汲み取り, …

    テレビジョン学会誌 00050(00010), 1482-1488, 1996-10-20

    J-STAGE 参考文献12件 被引用文献12件

  • 手振りと言語による仮想物体形状生成インタフェース

    吉田 美寸夫 , ティヘリノ ジュリ A. , 宮里 勉 , 岸野 文郎

    本稿では, 物体の形状を表現する手振りと言語を用いた3次元形状入力のための直観的なインタフェースシステムを提案する. コンピュータの3次元形状設計の作業は現在, 2次元のポインティングデバイスの使用が中心であり, 直観的な操作性に乏しい. したがって, 3次元仮想作業空間において直接的, 直観的な作業が期待されている. そこで, 3次元位置センサと手形状入力デバイスで計測した手振りの軌跡に対して, …

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 95(553), 33-40, 1996-03-06

    参考文献21件

  • 1 / 2

ページトップへ