検索結果 23件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 現地レポート 巨勢川調整池(佐賀導水事業)と東名遺跡の保存対策 (特集 新たな地質・地盤分野の研究開発)

    河野 清和 , 井上 晃司

    土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌 59(2), 42-45, 2017-02

  • Diurnal infection patterns and impact of Microcystis cyanophages in a Japanese pond.

    Kimura Shigeko , Yoshida Takashi , Hosoda Naohiko , Honda Takashi , Kuno Sotaro , Kamiji Rikae , Hashimoto Ryoya , Sako Yoshihiko

    … Viruses play important roles in regulating the abundance, clonal diversity, and composition of their host populations. …

    Applied and environmental microbiology 78(16), 5805-5811, 2012-08

    機関リポジトリ DOI

  • 畑地灌漑地区におけるハウス化率から見たファームポンドおよび配水施設の必要容量

    伊藤 健吾 , 千家 正照 , 三浦 健志 , 橋本 岩夫

    ハウス化率がファームポンドおよび配水施設の必要容量に及ぼす影響を明らかにするため, ハウス化率が異なる畑地灌漑地区において水利用の実態調査を行つた. はじめにファームポンド貯水容量の経時変化を実測し, 調整容量と日配水量を算定した. しかし, 実際の水利用状況は, ファームポンドの調整容量や配水施設容量の制約を受けている場合があるため, これら水利用の実測データからハウス化率の影響を明らかにするの …

    農業土木学会論文集 2004(232), 355-362, 2004

    J-STAGE

  • 大規模造成工事に伴う環境配慮

    堀越 洋志 , 石倉 利雪 , 高山 登 , 岩崎 安孝

    … In addition, the school, where takes up the environmental issues as their curriculum, is increasing.<BR>In regards to the project that we report today, we created biotope with thinning the forest, transplanting rarity plants, creating biotope-pond (using regulating pondage), based on the result of our environmental investigation. …

    地球環境シンポジウム講演論文集 11, 145-150, 2003

    J-STAGE

  • 諫早湾調整池の淡水化と柱状堆積物の脂質粗成(予報)

    近藤 寛 , 広瀬 直子 , 樋口 一成

    … Lipid compounds of core sediments from the regulating pond that was changed from seawater to fresh water for the reclamation of the Isahaya Bay were examined. … The thickness of a clayed sediments in the regulating pond was more than 30cm from April, 1997 to October, 1999. … The upper part, 0-22cm of the core was a sediment of the pond and the lower part of the core was marine sediment. …

    長崎大学教育学部紀要. 自然科学 67, 27-38, 2002-06-28

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ

  • 堆積性泥岩に起因する強酸性水の発生とその対策について

    尾崎 哲二 , 下垣 久 , 塩月 隆久 , 吉田 恒夫

    工業団地造成地内の調整池の完成直後, 底面のたまり水が強酸性を呈していることが発見された. 調査した結果, 底面に露出した泥岩層 (新第三紀堆積岩) に存在するパイライト (黄鉄鉱, FeS<sub>2</sub>) に起因する硫酸イオンの生成によるものであった. 対策工として底面に遮断層を設ける方法を提案した. 具体的な工法の選定にはVE手法を用い, 最終案として酸性化し …

    土木学会論文集 1999(624), 283-291, 1999

    J-STAGE

  • ジオメンブレンの貯水池表面遮水工法への合理的な適用法

    長束 勇

    貯水池表面遮水工法に使用されるジオメンブレン(GM)の性能は、遮水システムとして構築され運用される具体的現場条件において調べ、評価することが重要である。そこで、大規模にGMが導入された三つのケーススタディにおいて、それぞれに共通する、あるいは個々の特徴的な技術的課題について室内モデル実験を行い、その結果の評価を通じてGMの合理的な適用法を論じた。A調整池(北海道)はGMの寒冷地貯水池への適用事例で …

    ジオシンセティックス論文集 14, 370-379, 1999

    J-STAGE

  • 諫早湾締め切り後の堤内の干陸地におけるカキ床の分布と小江沖カキ床での雑草の定着

    陣野 信孝

    … Inner part of Isahaya Bay was closed for the reclamation on April 14,1997,and the water level in the regulating pond was kept at -1m of sea level standardized at Tokyo Bay. …

    長崎大学教育学部自然科学研究報告 59, 13-23, 1998-06

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ

  • 調整池潅漑システムの計画手順について

    広瀬 慎一

    「調整池潅漑システム」は,「調整池とパイプラインによる水田潅漑システム」を短く表現したものである。その目的は,(1)調整池により,幹・支線用水路の24時間通水と,末端圃場の短時間潅漑に基ずく集中的水需要の間の調整を行う。(2)調整池とパイプラインと圃場給水栓の三者の組み合わせにより,必要なときに容易に潅漑ができる,いわゆる自由度の高い潅漑を目指す。(3)地形勾配により生ずる,調整池と受益圃場との間 …

    富山県立大学紀要 8, 98-106, 1998-03-27

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • Determination of the Capacity of a Regulating Pond in a Pipeline Irrigation System

    HIROSE Shin-ichi

    Rural and environmental engineering : REE 33, 66-78, 1997-08-01

    参考文献4件

  • 農家意向調査による水田用調整池容量の算定

    広瀬 慎一 , 山下 幸一

    農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan 64(8), 53-59, 1996-08-01

    参考文献12件

  • アンケート調査による水田用調整池の容量設計

    広瀬 慎一

    … This study aims to determine the appropriate design capacity of the regulating pond for the pipeline irrigation system to be introduced to Shitashomen for the first time in Niigata. … This pond-regulated pipeline irrigation system, which depends on the slope of a benefited area to function, is meant to close the temporal gaps between water supply and actual demand, thus enhancing efficiency and the degree of freedom in irrigation. …

    富山県立大学紀要 6, 129-139, 1996-03-29

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 農家意向調査による水田用調整池容量の算定

    広瀬 慎一 , 山下 幸一

    今までの調査により水田用調整池の必要容量Vを求める式, <I>V</I>=3,600×<I>T<SUB>po</SUB>・q</I> (m<SUP>3</SUP>) において, 貯留時間<I>T<SUB>po</SUB></I>は3~6時間の間で決めればよ …

    農業土木学会誌 64(8), 803-809,a2, 1996

    J-STAGE

  • 潅漑用調整池容量の算定法

    広瀬 慎一

    農業土木学会論文集 63(1), 109-118, 1995-02-25

    参考文献40件 被引用文献2件

  • 貯留時間による調整池容量の検討 : 調整池とパイプラインによる水田潅漑システムの研究(IV)

    広瀬 慎一

    農業土木学会論文集 63(1), 37-45, 1995-02-25

    参考文献9件 被引用文献1件

  • 調整池の水収支の特性 : 調整池とパイプラインによる水田潅漑システムの研究(III)

    広瀬 慎一

    農業土木学会論文集 63(1), 29-36, 1995-02-25

    参考文献9件 被引用文献2件

  • 貯留時間による調整池容量の検討:調整池とパイプラインによる水田潅漑システムの研究 (IV)

    広瀬 慎一

    水田潅漑の末端ブロックを対象とした, 調整池とパイプラインによる水田潅漑システムにおいて水収支調査を行い, 次の事項を明らかにした.(1) 調整池から潅漑地への取水量Qfiは, 朝と夕方にピークが生じるが, 朝のピークは普通期最大用水量qを上回り, 自由度の大きな潅漑が行われている.(2) Qfiがその日平均値avrQfiを上回る部分を, avr Qfiの時間数で表して貯留時間Tpoとすれば, 調 …

    農業土木学会論文集 1995(175), 37-45,a1, 1995

    J-STAGE

  • 調整池の水収支の特性:調整池とパイプラインによる水田潅漸システムの研究 (III)

    広瀬 慎一

    調整池とパイプラインによる水田潅漑システムにおいて水収支調査を行い, 水利用の動向に関し次の事項を明らかにした.(1) 潅漑期を通じての調整池依存率は, 受益面積が小さいほど大きい.(2) 調整池から潅漑地への日最大取水量は, 普通期最大用水量を上回り, 潅概の自由度を増している.(3) 調整池は7月後半から8月にかけて多く利用されている.(4)経験の積み重ねあるいはテレメータによる監視システムに …

    農業土木学会論文集 1995(175), 29-36,a1, 1995

    J-STAGE

  • 灌漑用調整池容量の算定法

    広瀬 慎一

    農業用水の需要と供給のギャップを調整して, 自由度の高い潅漑を主な目的とする調整池の容量について, その研究の流れを展望した. まず既往の設計基準「畑地かんがい」,「水路工」,「農業用水(水田)」, および水道施設設計指針における, 調整施設に関する考え方と基準を概観した. 次に調整池の容量に関する近年の研究事例として, 緒形の水収支のシミュレーション,長らの台形時間集中モデル, 江崎らの水需要モ …

    農業土木学会論文集 1995(175), 109-118,a3, 1995

    J-STAGE

  • 圃場における水口取水方式の検討:水田用調整池とパイプラインによる潅漑システムの研究 (II)

    広瀬 慎一

    砺波平野では,すでに10ヵ所で水田用調整池システムが稼働している。それらの末端圃場では,手動バルブで取水が行われている。この手動バルブによる取水と自動バルブによる取水についてその操作回数の調査を行った。<BR>取水能力としては,いずれも問題はない。圃場における2年間の調査の結果,自動バルブの場合は主に半自動利用で年間操作回数は20回,手動バルブの場合は36.3回であった。この結果を4農 …

    農業土木学会論文集 1991(155), 19-25,a1, 1991

    J-STAGE 被引用文献2件

  • 1 / 2
ページトップへ