検索結果 8件中 1-8 を表示

  • 浅い地下の熱を利用した融雪実験

    能登 勇二 , 川上 智規 , 佐伯 孝 [他] , 芹川 裕加

    … An experiment to melt snow on the ground surface by heat transported from shallow underground was conducted from December 2010 to February 2011. … Water filled in an underground tank was circulated through the tube buried just below the ground surface from the tank to under the ground surface. …

    Journal of Ecotechnology Research 17(3-4), 131-136, 2014

    J-STAGE DOI

  • 地中熱を利用した融雪実験

    能登 勇二

    富山県立大学紀要 22, pp34-37, 2012-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 地下埋設型貯水タンクの液状化時の浮上防止対策に関する室内モデル実験と解析

    本間 重雄 , 武田 孝之 , 望月 敏秀 [他]

    東海大学紀要. 工学部 52(2), 211-216, 2012

  • 微気象緩和に関する実験的研究

    能登 勇二

    富山県立大学紀要 21, pp51-55, 2011-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • Field Operation of an Artificial Perched Watertable Machine

    ZHANG Huijun , ARAYA Ken , GUO Guifen , OHMIYA Kazuhiko , LIU Feng , ZHANG Chunfeng

    … To retain summer runoff rain-water, an artificial perched watertable was constructed at about 0.5 m depth in an area where the annual precipitation occurs mostly in the summer season. … The water in the sand-filled permeable layer could be used as capillary water for plants in the dry spring season. …

    Engineering in Agriculture, Environment and Food 3(3), 67-71, 2010

    J-STAGE DOI

  • 人工地下水層建設機械(第2報) : 改良サンドガン

    新家 憲 , 吉田 光広 , 郭 桂芬 [他] , 近江谷 和彦 , 松田 従三 , 渋谷 義樹 , 張 会均

    雨が夏季のみ集中して降る地帯において、夏に降った雨水を地下1mに貯水し、湿害を防ぐと同時に春の干ばつ期に、この水分を毛管水として作物に利用することを構想した。このため地下水層を人工的につくる機械を開発する。本報では高圧空気でつくられた地下の水平空洞(貯水槽)に砂を充填する装置(サンドガン)の開発について述べる。結果として、最適なサンドガンの構造は、砂をまずインジェクターの中に充填する。高圧空気を、 …

    環境科学研究所報告 11, 101-115, 2004-12-30

    CiNii PDF - オープンアクセス  日本農学文献記事索引

  • 人工地下水層の建設(第3報) : サンドガン

    郭 桂芬 , 新家 憲 , 吉田 光広

    雨が夏季のみ集中して降る地帯において、夏に降った雨水を地下に貯水し、湿害を防ぐと同時に春の播種期に、この水分を毛管水として作物に利用することを構想した。このため地下水層を人工的につくる機械を構想した。本報では高圧空気でつくられた地下の水平空洞(貯水槽)に砂を充填する装置(サンドガン)の開発について述べる。結果として、砂を連続的にノズルから噴出するためには、砂パイプとノズルとの接合部にエジェクタを設 …

    環境科学研究所報告 10, 85-99, 2003-12-30

    CiNii PDF - オープンアクセス  日本農学文献記事索引

  • 人工地下ダムの生成(第2報) : 高圧ガスによる水平土壌空洞の生成

    新家 憲 , 郭 桂芬

    直径3 m、厚さ0.3 の水平な円柱形の地下ダムを圃場地中0.8 mの深さにつくることを構想した。夏期に降る過剰水をこのダムに貯え、湿害を防ぐことを目的としている。この地下ダムの水は、春に作物の発芽のために、毛管水として利用される。人工地下ダムをつくるため高圧空気を圧送して、土壌を破壊する実験を行なった。本報では地中で高圧ガスを噴出した時、地中につくられる空洞の大きさを測定した。そして目的とする大 …

    環境科学研究所報告 8, 193-199, 2001-12-30

    CiNii PDF - オープンアクセス 

ページトップへ