検索結果 1362件中 1-20 を表示

  • 研究・症例 大腸癌補助化学療法終了後に外科的治療を施行した同時性原発性肺癌の1例

    境 雄大 , 対馬 敬夫 , 木村 大輔 , 畑中 亮

    日本胸部臨床 = The Japanese journal of chest diseases 75(12), 1473-1478, 2016-12

    医中誌Web

  • 症例 Warfarin内服中にtegafur・uracil投与で出血傾向をきたした胆嚢癌の1例

    境 雄大

    外科 = Surgery : 臨床雑誌 78(11), 1245-1248, 2016-11

    医中誌Web

  • 薬剤スクリーニングから同定されたテモゾロミド耐性膠芽腫細胞増殖抑制薬,EUrdの解析と臨床応用への基礎研究

    塚本 佳広 , 藤井 幸彦 , Tsukamoto Yoshihiro , Fujii Yukihiko

    … Cs)からTMZ耐性GIC細胞(GICR)を樹立し,薬剤ライブラリスクリーニングによりGICRに有効な新規治療候補薬の同定を試みた.その結果,GICRの増殖に強い抑制効果を示す化合物, 1- (3-C-ethynyl-βーD-ribopentofuranosyl uracil (EUrd)を同定し,その分子機序を解析したので報告する.【材料と方法】TMZ含有培地でGICを培養してGICRを樹立した.北海道大学薬学研究院所有の1,342種の化合物を用いて,GICRに増殖抑制/細胞死誘導効果を示す …

    新潟医学会雑誌 = Niigata medical journal 130(7), 391-404, 2016-07

    機関リポジトリ 医中誌Web

  • Effects of single water molecule on proton transfer reaction in uracil dimer cation

    Tachikawa Hiroto

    … In this report, the ionization dynamics of uracil dimer (U)(2) and its water complex (U)(2)-H2O have been investigated by means of direct ab initio molecular dynamics (AIMD) method in order to elucidate the effects of single water molecule on the reaction rate of proton transfer (PT) in DNA model base pair. …

    Theoretical chemistry accounts 135(3), 1-9, 2016-02-20

    機関リポジトリ DOI

  • Crohn病による痔瘻に合併し急速な発育をきたした肛門部未分化癌の1例

    井原 啓佑 , 山口 悟 , 志田 陽介 , 尾形 英生 , 高橋 雅一 , 岡本 健太郎 , 中島 政信 , 佐々木 欣郎 , 土岡 丘 , 加藤 広行

    症例は41歳女性.平成15年より小腸大腸型クローン病の診断を受け,内科的治療を行われていた.平成18年に痔瘻が出現し,当科に紹介となった.同年シートンドレナージ術を施行し軽快され,その後外来で経過観察を行っていた.平成25年3月より肛門痛の増悪を認めたため,再度紹介受診となった.肛門全周に排膿を伴う腫瘤形成を認め,生検結果から大腸未分化癌の診断となった.腫瘍切除は困難と判断され,Bevacizum …

    日本外科系連合学会誌 41(1), 94-98, 2016

    医中誌Web DOI

  • 全身性強皮症を併存した乳癌の1例

    永田 好香 , 山田 壮亮 , 田嶋 裕子 , 花桐 武志 , 田中 文啓

    全身性強皮症(systemic sclerosis:scleroderma)は,皮膚や内臓を含む諸臓器の線維化と血管内皮障害を特徴とする膠原病である.全身性強皮症では,健常者と比較し悪性腫瘍を高頻度に合併することが報告されている.今回,われわれは全身性強皮症を合併した乳癌症例を経験した.症例は53歳の女性.全身性強皮症加療中のCT検査で,左乳房外下(D)領域に不整形の腫瘤を認めた.針生検で左乳癌と …

    日本臨床外科学会雑誌 77(3), 528-534, 2016

    医中誌Web DOI

  • 7年7カ月無再発生存中の肝・肺転移AFP産生胃癌の1例

    佐藤 正法 , 大森 一吉 , 佐々木 彩実 , 野村 克 , 南田 猛

    … 発肝転移とリンパ節転移を認めた.幽門側胃切除,D2郭清を施行.腫瘍細胞は一部AFP陽性であった.術後,5-FU/Epirubicinによる肝動注化学療法とS-1の併用を開始.AFP値は6カ月でほぼ正常化,肝転移も同定不能となった.Tegafur/Uracilの経口に切り替えたが,術後1年目にAFPの再上昇と左肺上葉の肺転移を認め,胸腔鏡補助下左肺部分切除術を施行.初回手術後7年7カ月現在,無再発生存中である.文献的考察を加え報告する. …

    日本臨床外科学会雑誌 77(2), 346-350, 2016

    医中誌Web DOI

  • FUdR extends the lifespan of the short-lived AP endonuclease mutant in <i>Caenorhabditis elegans</i> in a fertility-dependent manner

    Kato Yuichi , Miyaji Masahiro , Zhang-Akiyama Qiu-Mei

    … <p>The anticancer drug 5-fluorouracil (5-FU) and its metabolite 5-fluoro-2′-deoxyuridine (FUdR) inhibit thymidylate synthase and induce uracil bases in DNA. …

    Genes & Genetic Systems, 2016

    DOI

  • Effect of 5-Substitution of Uracil Base in DNA Photocrosslinking Using 3-Cyanovinylcarbazole

    Nakamura Shigetaka , Kawabata Hayato , Muramatsu Hodaka , Fujimoto Kenzo

    … The effect of 5-substitution of the uracil base in DNA photocrosslinking using <sup>CNV</sup>K was evaluated. … Each uracil analog base had diverse photoreactivity with <sup>CNV</sup>K, and there was good correlation with the photoreactivity and LUMO level of the target uracil base in duplex DNA. …

    Chemistry Letters 45(8), 887-889, 2016

    DOI

  • HILIC-MS/MS法によるヒト涙液中tegafurおよび5-fluorouracilの高感度分析法

    小渕 律子 , 李 暁鵬 , 石田 博雄 , 熊澤 武志 , 池田 賢一郎 , 藤城 雅也 , 藤田 健一 , 佐藤 淳一 , 澤口 聡子 , 高橋 春男 , 佐藤 啓造

    … 経口抗癌薬TS-1<sup>®</sup>は,テガフール (5-fluoro-1-[(2RS)-tetrahydrofuran-2-yl] uracil, FT),ギメラシル (5-chloro-2,4-dihydroxypyridine, CDHP) およびオテラシルカリウム (monopotassium1,2,3,4-tetrahydro-2,4-dioxo-1,3,5-triazine-6-carboxylate,Oxo) の合剤である.TS-1<sup>®</sup>は,主成分であるFTが5-fluorouracil (5-FU) のプロドラッグで,肝臓で活性代謝体である5-FUに代謝されて抗腫瘍効果を示し,がん治療における化学療法の一つとして …

    昭和学士会雑誌 76(3), 299-307, 2016

    DOI

  • Prognostic Factors for Recurrence after Tegafur-uracil Plus Leucovorin Adjuvant Chemotherapy in Patients with Colorectal Cancer 

    WATANABE Makoto , MURAKAMI Masahiko , OZAWA Yoshiaki , GOTO Satoru , FUJIMORI Akira , OTSUKA Koji , AOKI Takeshi

    … To evaluate prognostic factors for recurrence after tegafur-uracil plus leucovorin (UFT/LV) adjuvant chemotherapy in patients with colorectal cancer (CRC). …

    The Showa University Journal of Medical Sciences 28(1), 19-30, 2016

    機関リポジトリ DOI

  • 緩徐進行性の経過を辿り腫瘍治療と免疫療法が有効であったYo抗体陽性傍腫瘍性小脳変性症の1例

    坪口 晋太朗 , 矢島 隆二 , 樋口 陽 , 石川 正典 , 河内 泉 , 小山 諭 , 西澤 正豊

    症例は54歳女性で,緩徐に進行する歩行障害と構音障害を呈した.左乳癌に対して乳房切除術と癌化学療法を受け,神経症候の進行は術後一旦停止していたが,小脳性運動失調が再び増悪した.頭部MRIでの小脳半球の萎縮,血清Yo抗体陽性,乳癌の既往より傍腫瘍性小脳変性症(paraneoplastic cerebellar degeneration; PCD)と診断した.CTで指摘された左腋窩リンパ節の廓清と癌化 …

    臨床神経学 advpub(0), 2016

    J-STAGE DOI

  • 血液透析患者の大腸癌肝転移にmFOLFOX6+Bevacizumab療法が奏効した1例

    宮崎 三枝子 , 永渕 一光 , 小坂 一英 , 井下 俊一 , 櫻井 俊弘 , 田村 雅仁

    症例は73歳男性 (CKD stage G5A3). 直腸癌とS状結腸癌に対し腹腔鏡下高位前方切除術およびD2リンパ節郭清術を施行した. 術後5か月に維持透析が導入された. 術後7か月後にCEA値再上昇と, S3とS5領域にそれぞれ32mmと10mmの肝転移を認めたため, mFOLFOX6+Bevacizumab (BV) 療法 (BV 3.5mg/kg, Oxaliplatin 65mg/m2) …

    日本透析医学会雑誌 49(6), 431-437, 2016

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • The effect of 5-substitution of uracil base in DNA photo-cross-linking using 3-cyanovinylcarbazole

    Nakamura Shigetaka , Kawabata Hayato , Muramatsu Hodaka , Fujimoto Kenzo

    … The effect of 5-substitution of the uracil base in DNA photo-cross-linking using CNVK was evaluated. … Each uracil analog base had diverse photoreactivity with CNVK and there is a good correlation with the photoreactivity and LUMO level of the target uracil base in duplex DNA. …

    Chemistry Letters advpub(0), 2016

    J-STAGE DOI

  • Shifting the Linear Range in Electrospray Ionization by In-Source Collision-Induced Dissociation

    Ishii Hideaki , Yamaguchi Hiroaki , Mano Nariyasu

    … The linear ranges for uracil, deoxyuridine, and uridine were shifted from 0.3–300, 1–100, and 10–1000 ng/mL to 10–1000, 30–3000, and 100–10000 ng/mL, respectively, by changing the declustering potential controlling in-source collision-induced dissociation. …

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin 64(4), 356-359, 2016

    J-STAGE DOI

  • 急激な転帰を辿った肺多形癌の1例

    石田 恵子 , 賀来 良輔 , 堀 哲雄 , 川口 庸 , 花岡 淳 , 寺本 晃治

    肺多形癌には根治術後でも早期に再発や転移を来し,予後不良な転帰を辿る症例がある.症例は63歳,男性.心不全と糖尿病性神経障害による腎後性腎不全で入院中,胸部CTで右肺下葉S9に最大径33 mmの腫瘍を認めた.2ヵ月後,画像検査で腫瘍径は56 mmに増大していたが,遠隔転移を疑う病変を認めないため,右肺下葉切除術+ND2aを施行し,肺多形癌pT2bN0M0 stage IIAと診断した.術後31病日 …

    日本呼吸器外科学会雑誌 30(2), 153-158, 2016

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 生物有機金属共役分子の分子組織化

    森内 敏之 , 平尾 俊一

    生体分子と有機金属化合物を融合した生物有機金属化合物の機能設計と分子組織化について筆者らの研究結果を概説する.有機金属化合物であるフェロセンにジペプチド鎖を導入した二鎖型のフェロセン–ジペプチド共役分子において,アミノ酸部位の不斉および分子内水素結合に基づく不斉構造規制によって分子全体が不斉構造規制されるとともに,フェロセン部位が不斉誘起されることが明らかとなった.アミノ酸の不斉および配列の制御に …

    高分子論文集 73(1), 1-11, 2016

    J-STAGE DOI

  • 症例報告 テガフール・ウラシル配合剤の低用量内服が奏功した進行膀胱神経内分泌癌(小細胞癌)の1例

    能見 勇人 , 高原 健 , 南 幸一郎 [他]

    日本泌尿器科学会雑誌 = The Japanese journal of urology 106(4), 269-273, 2015-10

    医中誌Web

  • Changes in Standard Treatments and Postoperative Outcomes for Advanced Gastric Cancer at One Institute over an 11-Year Period

    Kader A.T.M. Abdul , Miyatani Kozo , Takaya Seigo , Matsunaga Tomoyuki , Fukumoto Yoji , Osaki Tomohiro , Saito Hiroaki , Otani Shinji , Wakatsuki Toshiro , Ikeguchi Masahide

    Yonago Acta medica 58(2), 77-80, 2015-08-18

    機関リポジトリ 医中誌Web

  • Relationship between biodistribution of a novel thymidine phosphorylase (TP) imaging probe and TP expression levels in normal mice

    Zhao Songji , Li Hua , Nishijima Ken-ichi , Zhao Yan , Akizawa Hiromichi , Shimizu Yoichi , Ohkura Kazue , Tamaki Nagara , Kuge Yuji

    … In mice, we previously observed high and specific accumulation levels of our TP imaging probe, radioiodinated 5-iodo-6-[(2-iminoimidazolidinyl)methyl]uracil (IIMU) not only in high-TP-expressing tumors, but also in the liver and small intestine. …

    Annals of nuclear medicine 29(7), 582-587, 2015-08

    機関リポジトリ 医中誌Web DOI

ページトップへ