検索結果 132件中 1-20 を表示

  • Shift-Variant Blind Deconvolution Using a Field of Kernels

    SONOGASHIRA Motoharu , IIYAMA Masaaki , MINOH Michihiko

    … This paper proposes a shift-variant (SV) BD method that models nonuniform blur using a field of kernels that assigns a local kernel to each pixel, thereby allowing pixelwise variation. … This concept is realized as a Bayesian model that involves SV convolution with the field of kernels and smoothing of the field for regularization. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E100.D(9), 1971-1983, 2017

    DOI

  • An Experimental Study on the Effectiveness of Hierarchical-Bayesian Compressed Sensing for High-Accuracy and Robust TOA Estimation (Space, Aeronautical and Navigational Electronics) -- (ICSANE 2016)

    MORO Akira , SUN Guanghao , KIRIMOTO Tetsuo

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(319), 127-132, 2016-11-24

  • 疎な事前分布での変分ベイズ法を用いた行列補完問題の近似的解法 (情報論的学習理論と機械学習) -- (情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016))

    川澄 亮太 , 竹田 晃人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(300), 117-121, 2016-11-16

  • Stochastic Gradient MCMCによるスケーラブルなトピックモデルの推定

    横井 創磨 , 佐藤 一誠 , 中川 裕志

    … Unfortunately, the typical time complexity of topic model computation is the product of the data size and the number of topics, therefore the traditional Markov chain Monte Carlo (MCMC) method cannot estimate many topics on large corpora within a realistic time. … The data size is a common concern in Bayesian learning and there are general approaches to avoid it, such as variational Bayes and stochastic gradient MCMC. …

    人工知能学会論文誌 31(6), AI30-C_1-9, 2016

    DOI

  • A Mobile Agent Based Distributed Variational Bayesian Algorithm for Flow and Speed Estimation in a Traffic System

    MOZAFFARI Mohiyeddin , SAFARINEJADIAN Behrouz

    … <p>This paper provides a mobile agent based distributed variational Bayesian (MABDVB) algorithm for density estimation in sensor networks. … Convergence of the proposed method will be also analytically studied, and it will be shown that the estimated parameters will eventually converge to their true values. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E99.D(12), 2934-2942, 2016

    DOI

  • A Bayesian Approach to Image Recognition Based on Separable Lattice Hidden Markov Models

    SAWADA Kei , TAMAMORI Akira , HASHIMOTO Kei , NANKAKU Yoshihiko , TOKUDA Keiichi

    … <p>This paper proposes a Bayesian approach to image recognition based on separable lattice hidden Markov models (SL-HMMs). … The maximum likelihood (ML) method has been used in training SL-HMMs. … However, in some image recognition tasks, it is difficult to acquire sufficient training data, and the ML method suffers from the over-fitting problem when there is insufficient training data. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E99.D(12), 3119-3131, 2016

    DOI

  • Bayesian Image Restoration for Poisson Corrupted Image Using a Latent Variational Method with Gaussian MRF

    Hayaru Shouno

    … We treat an image restoration problem with a Poisson noise channel using a Bayesian framework. … In our formulation, we interpret the observation through the Poisson noise channel as a likelihood, and evaluate the bound of it with a Gaussian function using a latent variable method. … We then introduce a Gaussian Markov random field (GMRF) as the prior for the Bayesian approach, and derive the posterior as a Gaussian distribution. …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 8(1), 62-71, 2015-03-30

    情報処理学会

  • Bayesian Audio-to-Score Alignment Based on Joint Inference of Timbre, Volume, Tempo, and Note Onset Timings

    Maezawa Akira , Okuno Hiroshi G.

    … This article presents an offline method for aligning an audio signal to individual instrumental parts constituting a musical score. … The proposed method is based on fitting multiple hidden semi-Markov models (HSMMs) to the observed audio signal. … The emission probability of each state of the HSMM is described using latent harmonic allocation (LHA), a Bayesian model of a harmonic sound mixture. …

    Computer Music Journal 39(1), 74-87, 2015-03-24

    機関リポジトリ DOI

  • Bayesian Image Restoration for Poisson Corrupted Image Using a Latent Variational Method with Gaussian MRF

    Shouno Hayaru

    … We treat an image restoration problem with a Poisson noise channel using a Bayesian framework. … In our formulation, we interpret the observation through the Poisson noise channel as a likelihood, and evaluate the bound of it with a Gaussian function using a latent variable method. … We then introduce a Gaussian Markov random field (GMRF) as the prior for the Bayesian approach, and derive the posterior as a Gaussian distribution. …

    Information and Media Technologies 10(2), 363-372, 2015

    J-STAGE DOI

  • Bayesian Image Restoration for Poisson Corrupted Image Using a Latent Variational Method with Gaussian MRF

    Shouno Hayaru

    … We treat an image restoration problem with a Poisson noise channel using a Bayesian framework. … In our formulation, we interpret the observation through the Poisson noise channel as a likelihood, and evaluate the bound of it with a Gaussian function using a latent variable method. … We then introduce a Gaussian Markov random field (GMRF) as the prior for the Bayesian approach, and derive the posterior as a Gaussian distribution. …

    IPSJ Online Transactions 8(0), 15-24, 2015

    J-STAGE DOI

  • Nonparametric Bayesian Dereverberation of Power Spectrograms Based on Infinite-Order Autoregressive Processes

    Maezawa Akira , Itoyama Katsutoshi , Yoshii Kazuyoshi , Okuno Hiroshi G.

    … This paper describes a monaural audio dereverberation method that operates in the power spectrogram domain. … The method is robust to different kinds of source signals such as speech or music. … The method is based on a non-conjugate Bayesian model of the power spectrogram. …

    IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing 22(12), 1918-1930, 2014-12

    機関リポジトリ DOI

  • チェビシェフ多項式近似を用いた変分ベイズ法による顕微鏡画像の三次元超解像 (ニューロコンピューティング)

    井本 康宏 , 前田 新一 , 石井 信

    細胞の形態変化やそれに伴う機能の変化をより良く理解するためにin vivoで計測可能な光学顕微鏡が活用される.光学顕微鏡で得られる画像は輝度の二次元画像であるが,ある特定の焦点深度で得られる画像が輝度の二次元画像であっても,焦点深度を変えた複数枚の二次元画像を取得することで,物体の深度情報を得ることができる.しかし,広い視野を計測する必要があったり蛍光分子の補色などの問題があったりするなどして計測 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(500), 133-138, 2014-03-17

  • Consideration of Correlation between Users' Evaluating Values and Their Dropouts in Missing Value Prediction (情報論的学習理論と機械学習)

    西村 健太 , 田中 利幸

    ユーザーとアイテムとの関係データには,値とその欠損の有無との相関が存在する場合がある.そのような相関を考慮した欠測値予測の既存手法は,客観的な指標または離散的な指標を対象としており,ユーザー毎に値のスケールが異なる可能性がある主観的な連続値のデータには不適切である.後者の問題に対し,各ユーザーのスケールを揃える正規化が必要だが,欠測の有無がその値そのものと相関をもつ状況では,その相関を考慮して正規 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(476), 31-38, 2014-03-06

  • 変分ベイズ法による特徴量生成を用いた対数線形モデルに基づく話者認識 (音声)

    柘植 彬史 , 橋本 佳 , 南角 吉彦 [他] , 徳田 恵一

    近年,話者認識などの識別問題において,識別モデルに基づく手法が数多く提案されている.識別モデルは,統一された枠組みで様々な特徴量を用いることができるため,識別に有用な特徴量を用意することは重要な課題である.識別モデルに入力する特徴量の一つとして,生成モデルから得られる統計量がある.この統計量は,生成モデルの推定精度に依存するため,識別に有用な統計量を用意するには,高い精度で生成モデルを推定しなけれ …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(404), 13-18, 2014-01-23

  • Global Solvers for Variational Bayesian Low-rank Subspace Clustering (情報論的学習理論と機械学習)

    中島 伸一 , 武田 朗子 , BABACAN S. Derin [他] , 杉山 将 , 竹内 一郎

    ベイズ学習の有力な近似法として知られる変分ベイズ(VB)学習は,一般に局所探索によって実行される.本論文では,低ランク部分空間クラスタリング(LRSC)のVB大域解が比較的容易に得られることを示し,その高速近似解法を提案する.まずはじめに,VB-LRSCの自由度が高度に冗長であることを示し,最適化問題を少数の変数のみに依存する部分問題に分解する.分解された問題の停留条件は連立多項式方程式として記述 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(286), 7-14, 2013-11-12

  • 脳活動信号を用いた音声識別 (ニューロコンピューティング)

    西元 淳 , 吉村 奈津江 , 地村 弘二 [他] , 神原 裕行 , 辛 徳 , 花川 隆 , 小池 康晴

    近年、考えるだけでコンピュータなどの機器を制御できる可能性のあるブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)の研究がおこなわれている。本研究では、意思推定のBCIとして、非侵襲の脳活動計測を用いた音声識別を検討した。用いた脳活動信号は脳波、fMRIおよび、これらを組み合わせた階層変分ベイズ法により推定された皮質信号源電流とした。日本語の母音を用いて、音声を聴かせると同時に黙読を行うタスクを実施 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(223), 41-46, 2013-09-24

  • 脳活動信号を用いた音声識別 (MEとバイオサイバネティックス)

    西元 淳 , 吉村 奈津江 , 地村 弘二 [他] , 神原 裕行 , 辛 徳 , 花川 隆 , 小池 康晴

    近年、考えるだけでコンピュータなどの機器を制御できる可能性のあるブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)の研究がおこなわれている。本研究では、意思推定のBCIとして、非侵襲の脳活動計測を用いた音声識別を検討した。用いた脳活動信号は脳波、fMRIおよび、これらを組み合わせた階層変分ベイズ法により推定された皮質信号源電流とした。日本語の母音を用いて、音声を聴かせると同時に黙読を行うタスクを実施 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(222), 41-46, 2013-09-24

    医中誌Web

  • 回帰分析のためのマージン最大化トピックモデルのギブスサンプリング推定 (データ工学)

    上野 良輔 , 江口 浩二

    連続値ラベル付き文書データを対象とした回帰分析のアプローチの一つに潜在トピックを用いた方法がある.とりわけ,最近になって,MedLDAと呼ばれる手法が提案されている.この手法において,従来は変分ベイズ法に基づいた潜在トピックの推定が試みられてきた.最近になって周辺化ギブスサンプリング法などによる推定手法についても研究されるようになってきたが,十分な検討が行われているとは言い難い.そこで,本研究では …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(150), 187-192, 2013-07-22

  • 回帰分析のためのマージン最大化トピックモデルのギブスサンプリング推定

    上野 良輔 , 江口 浩二

    … For the inference of MedLDA, a variational Bayesian method has been used. … In this paper, we formulate an inference method based on collapsed Gibbs sampling for MedLDA for the purpose of regression analysis, and show the results of experimental evaluation. …

    研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT) 2013-IFAT-111(33), 1-6, 2013-07-15

    情報処理学会

  • Poisson Observed Image Restoration using a Latent Variational Approximation with Gaussian MRF

    Hayaru Shouno , Masato Okada

    … In our formulation, we interpret the Poisson noise channel observation as a Bernoulli process, and apply a latent variable method to transform the observation as a Gaussian process with single latent variable. … We formulate the image restoration problem as a Bayesian approach, and introduce a Gaussian Markov random field as its prior. …

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2013-MPS-94(13), 1-4, 2013-07-15

    情報処理学会

ページトップへ