検索結果 420件中 1-20 を表示

  • Experimental study on level difference between left and right vocal folds

    Shimamura Ryo , Tokuda Isao T.

    Acoustical Science and Technology 38(5), 264-267, 2017

    DOI

  • A Vibration Control Method of an Electrolarynx Based on Statistical <i>F</i><sub>0</sub> Pattern Prediction

    TANAKA Kou , TODA Tomoki , NAKAMURA Satoshi

    … An electrolarynx is an external device to generate excitation signals, instead of vibration of the vocal folds. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E100.D(9), 2165-2173, 2017

    DOI

  • 声帯麻痺患者に対するトラフェルミン注入術の効果の検討

    鹿島 和孝 , 許斐 氏元 , 金澤 丈治 , 倉上 和也 , 駒澤 大吾 , 香取 幸夫 , 渡邊 雄介

    日本気管食道科学会会報 68(2), 192-192, 2017

    医中誌Web DOI

  • 心因的要因の関与が疑われた機能性発声障害に対して音声治療を行った1例

    梅田 陽子 , 東川 雅彦 , 中井 健 , 二村 吉継

    <p>心因的要因の関与が疑われた機能性発声障害に対して音声治療を行った症例を報告する.<br>本症例は,初診時の喉頭所見,服薬内容,失声の既往から心因性発声障害の可能性もあった.音声治療の初回より症状は改善の傾向が見られ,その後の経過観察においても良好な発声状態を維持できた.心因性発声障害を疑う場合でも,初期段階で音声治療を試み,患者の治療に対する反応が良好な場合には治療を …

    音声言語医学 58(1), 29-33, 2017

    DOI

  • 声門下病変による呼吸苦を主訴としたHodgkinリンパ腫例

    原 思織 , 戸嶋 一郎 , 清水 猛史

    … Laryngoscopic examination revealed immobility of the vocal folds and mucosal swelling of the pyriform sinus and subglottis bilaterally. …

    耳鼻咽喉科臨床 110(1), 35-39, 2017

    医中誌Web DOI

  • A possible common physical principle that underlies animal vocalization: theoretical considerations with an unsteady airflow-structure interaction model

    DEGUCHI Shinji

    … <p>We previously described an analytical model regarding how human falsetto voice is produced upon interaction between the respiratory airflow and vocal fold motion. … This theory highlights the role of an unsteady flow effect―or specifically, convective acceleration of wall motion-induced flow―in inducing a Hopf bifurcation or aerodynamic flutter of vocal folds, reminiscent of falsetto voice production. …

    Journal of Biomechanical Science and Engineering 11(4), 16-00414-16-00414, 2016

    DOI

  • 221 ヒト発声時の声門上部での音圧計測

    有井 士郎 , 片岡 英幸 , 長谷川 賢作 , 小嶌 克也 , 北野 博也

    … Human voices originate from the vibration of vocal folds in the larynx. … In the present study, the sound pressure in the larynx was experimentally analyzed to clarify the phonation mechanism and seek better modeling of vocal folds. … This experiment focused on direct measurement of the sound pressure by means of a probe microphone and simultaneous observation of vocal fold movement by means of a high-speed digital camera. …

    機械力学・計測制御講演論文集 2015, "221-1"-"221-6", 2015-08-25

  • 緊急気道確保を要した若年型喉頭乳頭腫の1症例

    赤澤 吉弘 , 明石 愛美 , 阿久津 征利 [他] , 三上 公志 , 深澤 雅彦 , 春日井 滋 , 坂本 三樹 , 肥塚 泉

     若年型喉頭乳頭腫は多発性, 再発性で難治なことがあり, 取扱いの難しい疾患である. 今回, 喉頭乳頭腫により気道狭窄を来し, 緊急気道確保を要した症例を経験した. 症例は2歳4カ月の男児で, 1歳頃から嗄声, 1歳6カ月頃から陥没呼吸を認めていた. 前医で重度喘鳴を認め, 喉頭乳頭腫による気道狭窄が疑われ, 救急搬送された. 手術室で気管切開待機のもと, 麻酔科による気管内挿管が行われた. 喉頭 …

    日本耳鼻咽喉科学会会報 118(3), 224-228, 2015

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 術後5日目に気管挿管が原因と考えられる披裂軟骨脱臼と診断された症例

    佐藤 威仁 , 横山 成典 , 大高 公成

      全身麻酔後5日目に気管挿管が原因と考えられる披裂軟骨前方脱臼を経験した.症例は77歳の女性.胃幽門前庭部腫瘍に対し全身麻酔下に開腹での幽門側胃切除術が予定された.麻酔導入,気管挿管は円滑であり,また術中明らかな気管チューブのトラブルは認められず,抜管後も患者からの嗄声の訴え,他覚的症状も認められなかった.しかしながら,術後5日目に嗄声が判明し披裂軟骨前方脱臼と診断され保存的治療で自然整復された …

    日本臨床麻酔学会誌 35(1), 032-035, 2015

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 一側声帯麻痺に対する声帯内脂肪注入術

    梅野 博仁

    … Based on this, FIL and MT were thought to be a good indication for a patient with unilateral vocal fold paralysis who has no vertical level difference between the two vocal folds during phonation. … The vocal function after both surgeries was investigated using vocal examination. …

    耳鼻咽喉科臨床 108(2), 81-91, 2015

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 琉球古典音楽(野村流)の小掛と大掛による歌唱音声の音響分析 (音声)

    上江洲 安史 , 鏑木 時彦

    沖縄特有の伝統芸能文化の一つである琉球古典音楽のうち、野村流は現代において最も人々から親しまれている流派である。野村流の大きな特徴の一つである二十種類の歌唱技法のうち、小掛と大掛は重要な要素と言われている。本研究では、3名の野村流師範代による小掛と大掛の歌唱時における声帯振動パタンをEGGで測定し、得られたEGGデータからピッチと声門開放率を分析した。これらの技法を特徴付けるピッチパタンの変動に関 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(303), 83-88, 2014-11-13

  • Adipose-derived stem cells versus bone marrow-derived stem cells for vocal fold regeneration.

    Hiwatashi Nao , Hirano Shigeru , Mizuta Masanobu , Tateya Ichiro , Kanemaru Shin-ichi , Nakamura Tatsuo , Ito Juichi

    … [Objectives/Hypothesis]Vocal fold scarring presents therapeutic challenges. … The aim of this study was to compare the therapeutic potential of adipose-derived stem cells (ASC) with bone marrow-derived stem cells (BMSC) for vocal fold regeneration. … [Methods]The vocal folds of Sprague-Dawley rats were unilaterally injured. …

    The Laryngoscope 124(12), E461-E469, 2014-07-10

    機関リポジトリ DOI

  • Effect of AST on age-associated changes of vocal folds in a rat model.

    Mizuta Masanobu , Hirano Shigeru , Hiwatashi Nao , Kobayashi Toshiki , Tateya Ichiro , Kanemaru Shin-Ichi , Nakamura Tatsuo , Ito Juichi

    … In the current study, we investigated the effect of AST on age-associated histological and mRNA changes of vocal folds. … [Conclusions]These results suggest that AST has the potential to attenuate age-associated changes of vocal folds. …

    The Laryngoscope 124(10), E411-E417, 2014-05-27

    機関リポジトリ DOI

  • 声区転換におけるピッチとフォルマント周波数の関係性の分析 (音声 音学シンポジウム2014)

    上江洲 安史 , 古川 貴博 , 鏑木 時彦

    音声のピッチを徐々に上昇させたとき、地声から裏声に声区が切り替わる現象を声区転換と言う。声区転換では、声帯振動が不安定になり、ピッチが急激にジャンプすることが知られている。この声区転換に音源生成機構と声道フィルタの相互作用が与える影響を明らかにするために、本研究では声区転換時における基本周波数f_0と第一フォルマント周波数F_1の関係性について、被験者を用いた実測実験を行うことで調べた。3名の日本 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(52), 297-302, 2014-05-24

  • 声区転換におけるピッチとフォルマント周波数の関係性の分析

    上江洲 安史 , 古川 貴博 , 鏑木 時彦

    … When the voice pitch is raised gradually and the voice register changes from chest to falsetto, it is known that the motion of the vocal folds becomes instable and the voice pitch jumps abruptly. … In terms of this voice register transition (VRT), further investigation is needed to reveal the influence of the interaction between voice source system and the vocal-tract filter. …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2014-MUS-103(58), 1-6, 2014-05-17

    情報処理学会

  • 声帯ポリープに対する局所麻酔下光凝固レーザー手術

    小林 俊樹 , 平野 滋 , 楯谷 一郎 , 水田 匡信 , 伊藤 壽一

    … Angiolytic laser such as KTP ⁄ 532nm, green laser/532nm, or pulse dye laser (PDL) ⁄ 585nm have proven useful for the treatment of various vocal fold lesions including hemorrhagic lesions, papilloma, leukoplakia, and Reinke's edema. … The present case series provided safety and vocal outcome of angiolytic laser surgery for 16 cases with hemorrhagic ⁄ non-hemorrhagic vocal polyps. …

    喉頭 26(1), 18-21, 2014

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 成人両側喉頭麻痺症例の臨床的検討

    春日井 滋 , 渡辺 昭司 , 赤澤 吉弘 , 三上 公志 , 齋藤 善光 , 肥塚 泉

    両側喉頭麻痺が生じた場合,呼吸困難,嗄声など様々な症状を引き起こし,緊急で気道確保が必要になることもある。過去10年間に当科を受診した喉頭麻痺症例405例のうち両側喉頭麻痺症例39例(9.6%)について麻痺の原因,治療経過を中心に検討をした。原因は術後性10例(心・血管系7例,甲状腺癌3例)と最も多く,特発性8例と続いた。原因として心・血管系手術後に多い傾向があり心臓外科医に啓発する必要がある。治 …

    頭頸部外科 24(1), 69-73, 2014

    J-STAGE 医中誌Web DOI

  • 促音の喉頭調節の高速度カメラとPGGによる検討 : ケーススタディー(<特集>調音音声学 : 日本語を中心に)

    藤本 雅子

    … However, the analysis of PGG and kymograph showed that the glottal opening tends to be suppressed during sokuon during the onset part, suggesting that some kind of tension of the vocal folds is involved in producing the phoneme. …

    音声研究 18(2), 44-53, 2014

    CiNii 外部リンク DOI

  • 職業歌手の音声障害と音声外科

    佐藤 公則

    1)職業歌手は話声(日常会話)には支障がない程度の,喉頭所見に乏しい微細な声帯病変でも歌声の異常を訴えた.<br>2)主訴は,歌声の高さに関連した歌声の質に関するものが多く,多種多様であった.必ずしも音色(音質)の障害(嗄声)を訴えなかった.<br>3)治療法の選択は音声障害の程度,声帯の病態に加えて声のemergencyを考慮して決定すべきであった.<br>4 …

    音声言語医学 54(3), 197-204, 2013-07-20

    J-STAGE 医中誌Web DOI 参考文献10件

  • Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model (音声)

    Yao Xiao , Jitsuhiro Takatoshi , Miyajima Chiyomi [他] , Kitaoka Norihide , Takeda Kazuya

    … We propose the classification methods of speech under stress based on a physical model, which characterizes the vocal folds and the vocal tract. …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(450), 47-52, 2013-02-28

ページトップへ