検索結果 16件中 1-16 を表示

  • REMOVAL OF AQUEOUS AMMONIUM FROM SEAWATER AND FRESHWATER USING MAGNESIUM HYDROGEN PHOSPHATE

    Sugiyama Shigeru , Hayashi Tomoki , Ioka Dai , Nakagawa Keizo , Sotowa Ken-Ichiro

    … It is common knowledge that MAP is a fertilizer for waterweeds, which are essential for the growth of the fish while simultaneously promoting their nourishment. …

    Phosphorus Research Bulletin 25, 23-27, 2011

    J-STAGE

  • 小学校理科における「動物の発生(魚)」に関する教材の分析 : 科学的概念を形成し生命観を養う教科書の開発をめざして

    岩間 淳子 , 松原 静郎 , 福地 昭輝 [他] , 下條 隆嗣

    … It is inappropriate to say "The eggs are stuck to the waterweeds", which should instead be "The eggs are deposited to the waterweeds". …

    科学教育研究 33(1), 73-85, 2009

    CiNii 外部リンク J-STAGE 参考文献44件 被引用文献3件

  • 水路内の植生による流速分布の多様化 : 植生及び流速がヨコエビ類の生息に与える影響

    渡部 恵司 , 森 淳 , 竹村 武士 , 小出水 規行

    農業農村工学会論文集 76(2), 225-226, 2008-04-25

    参考文献5件

  • 近自然水路工法における堆砂と水草の再生

    広瀬 慎一 , 北川 祐紀

    玄手川は、庄川扇状地の扇端に位置し、地域の農業用排水路として利用されているだけでなく、豊富な湧水があるので、貴重な水生植物が生息している。水路底の改修にあたっては、維持管理と生態系保全の両面に配慮した近自然工法が採用された。施工後、中流部の延長800mで、堆砂と水草についてモニタリングを行った。堆砂量全体は経年的に減少し、また区間別では下流に行くにしたがって少ない傾向にある。植被率は施工後5・6年 …

    富山県立大学紀要 18, 84-90, 2008-03

    CiNii PDF - オープンアクセス  被引用文献1件

  • 水路内の植生による流速分布の多様化

    渡部 恵司 , 森 淳 , 竹村 武士 , 小出水 規行

    農業水路における生物生息場の保全上, 流速や底質等の環境因子の多様化が重要と言われる。植生の有無, 種の違いおよび維持管理作業 (植生除去) が流速分布に与える影響と, それらが魚類等の餌となるヨコエビ類の個体数および体長分布に与える影響を明らかにするため, 秋田県駒場北地区の農業水路で調査を行った。水路内に部分的に存在する植生は周囲の流速を多様にし, 構成種の空間構造の違いが群落内の鉛直方向の流 …

    農業農村工学会論文集 2008(254), 225-226,a3, 2008

    J-STAGE

  • 伊庭内湖を中心とする小中の湖の干拓前の状況と機能,維持管理手法に関する調査研究

    松尾 さかえ , 井手 慎司

    本研究では, 滋賀県で最初に干拓されたといわれる小中の湖の再生を目指して, 古老に対するヒアリングを中心とした調査によって, 干拓前の同湖の状況と果たしていた機能, 伝統的な維持管理手法を明らかにしようとした.その結果, 前報で報告した弁天内湖 (小中の湖の一部) につついて今回は. 残っていた伊庭内湖について, 環境形成機能として, 同内湖に生息していたであろう鳥類・貝類・魚類を推察することがで …

    環境システム研究論文集 35, 401-408, 2007

    J-STAGE

  • 近自然水路工法における水収支の変化

    広瀬 慎一 , 岡田 晋

    富山県西部に位置する玄手川は、湧水の見られる農業用排水路であり、水生動植物が豊富である。江ザライ時の足場の安定化や水生動植物の保全のために水路底を平ブロックと枠ブロックとを交互に並べた近自然工法で施工し、川底のコンクリート率は約80%となった。しかし、玄手川の水は下流域において農業用水として使用されているため施工後も湧水が安定していることが望ましい。そこで、1995〜2002年にかけて路線水収支調 …

    富山県立大学紀要 16, 81-88, 2006-03-31

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 小中の湖の干拓前の状況と機能,維持管理手法に関する調査研究―弁天内湖を中心として―:弁天内湖を中心として

    松尾 さかえ , 井手 慎司

    本研究では, 滋賀県で最初に干拓されたといわれる小中の湖の再生を目指して, 古老に対するヒアリングを中心とした調査によって, 干拓前の同湖の状況と果たしていた機能, 伝統的な維持管理手法を明らかにしようとした.その結果, 内湖の環境形成機能として, 同内湖に生息していたであろう鳥類・貝類・魚類などを推察することができた.また, 同内湖が漁業やヨシ業などの生業の場であったこと, あるいは湖底のスクモ …

    環境システム研究論文集 34, 75-82, 2006

    J-STAGE

  • バルーン観測システム(BOS)の基本性能と適用例―低高度リモートセンシング用プラットフォームの開発―:低高度リモートセンシング用プラットフォームの開発

    猪股 英行 , 福間 恵 , チョウ ムハタル , 嶋村 清

    … Application experiments to waterweeds monitoring, etc. …

    日本リモートセンシング学会誌 26(4), 309-317, 2006

    J-STAGE

  • 近自然水路工法におけるトミヨの生息

    広瀬 慎一 , 川幡 恵理子

    近年、自然環境に対する社会的関心が高まり、河川・水路の果すべき治水・利水等の機能の維持と自然環境を調和させた、生物のすみ易い近自然工法が注目されている。ところが、近自然工法が適用されても、施工後その効果の追跡調査が十分行われていないので、その工法が適正であったかどうかは数量的にはわからない場合が多い。本研究では、玄手川の水路底が水環境整備事業によって新しい工法で施工された後、従来のトミヨがどれだけ …

    富山県立大学紀要 15, 105-110, 2005-03-31

    CiNii PDF - オープンアクセス  被引用文献1件

  • 白神山地北東部に生息する野生ニホンザル(<i>Macaca fuscata</i>)の農地利用型食物選択

    江成 広斗 , 松野 葉月 , 丸山 直樹

    … When the snow was deep, they also fed on a wide variety of wild foods, such as waterweeds, bamboo grasses, mushrooms. …

    野生生物保護 9(2), 77-92, 2005

    J-STAGE 参考文献72件 被引用文献2件

  • 水路底改修に伴う水生植物群落の遷移

    広瀬 慎一 , 佐藤 久三 , 竹中 妙子

    農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan 69(9), 45-48, 2001-09-01

    参考文献2件 被引用文献3件

  • 玄手川水路底改修に伴う水生植物の回復

    広瀬 慎一

    従来の河川や水路の改修においては,水管理や江ザライの省力化を目的として,コンクリートを多用した底張りや護岸が行われてきた。そのため,改修工事を行なった水路で,水生動植物などの野生生物が減少・絶滅するという現象が起き,生物の多様性が危ぶまれるようになった。しかし近年,自然環境に対する社会的関心が高まり,治水・利水等の機能の維持と,河川・水路のもつ自然環境を調和させた生物のすみ易い近自然工法が注目され …

    富山県立大学紀要 11, 65-75, 2001-03-30

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 水路底改修に伴う水生植物群落の遷移

    広瀬 慎一 , 佐藤 久三 , 竹中 妙子

    従来の水路改修工法では, 計画上の水理諸元が与えられれば, ほぼ一義的に水理設計を行うことができた。しかし, 近自然工法では, 現場によって微妙に異なる自然生態系を扱うので, 計画どおり目標が達成できるかどうかは, 施工してみないとわからないことが多い。それだけに早急に水理設計のためのデータを収集し, より効果的な工法の開発に資する必要がある。本報では, 水路底を改修するにあたって, コンクリート …

    農業土木学会誌 69(9), 971-974,a2, 2001

    J-STAGE

  • 瀬の空間構造と環境特性に関する現地観測

    池田 駿介 , 戸田 祐嗣 , 佐野 貴之

    … The amount and spatial variation of dissolved oxygen is governed mainly by the photosynthesis of waterweeds growing on the gravels. …

    水工学論文集 41, 277-282, 1997

    J-STAGE

  • 『源氏物語』二条院その他の庭園描写 : 古典文学の庭園描写に関する研究(4)

    河原 武敏

    平安時代中期における庭園の様相を知るため,源氏物語を対象として皇室から庶民に至る30庭園135項目を,抽出,修景・供用・管理の面から考察した。そこには水景施設を多用し,春秋の花香を重視した植栽,船遊びや草木観賞による宴遊と雪月花や風・鳥・虫の音を楽しむ雅やかな庭園生活,庭の手入れ方法などが描写されており,後世わが国の庭園に大きな影響を与えたことがわかる。

    造園雑誌 50(2), 89-107, 1986-12-15

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE 被引用文献2件

ページトップへ