Experimental Phase Equilibria in the Sr-Ca-Cu-O System Under Reduced Oxygen Atmosphere

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Phase equilibria were studied in the Sr-Ca-Cu-O system by annealing samples at 1153K in Ar-O2 gas mixtures. The stability ranges of the oxide solid solutions were observed by X-ray diffraction measurements especially at 4 compositions in 12 gas mixtures. 4 sets of invariant 4-phase equilibrium and their oxygen partial pressure, PO2, were deduced from the surrounding 3-phase equilibria. The compositions of the related phases were evaluated by combining EDX analysis and the sample compositions. These results are compared with equilibrium calculations based on thermodynamic modelling.酸化物超伝導体に関係するSr-Ca-Cu-O系の相平衡関係を1153KでAr-O2混合ガスを用いて試料を焼鈍することにより調査した。酸化物は広い範囲で固溶体を形成したが、その酸素分圧に対する安定領域を粉末X線回折法で, 12種類のガス雰囲気, 4組成で調べた。実験的に得た3相平衡関係から新たに4種の不偏系4相平衡とその平衡酸素分圧を導出した。また関係する相の組成をEDXによる組成分析と試料組成から評価した。これらの実験結果を熱力学モデルに基づく平衡計算の結果と比較して検討した。

収録刊行物

  • 熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis  

    熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis 24(2), 61-68, 1997-04-30 

    日本熱測定学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002001100
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199597
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862615
  • NDL 記事登録ID
    4203135
  • NDL 雑誌分類
    ZM15(科学技術--科学技術一般--測定・測定器)
  • NDL 請求記号
    Z14-694
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ