漁業用ポリエチレンのメチル側鎖の経年変化について Methyl Side Chain of Polyethylene for Fishing Nets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成3年 (1991年) 11月, 国際連合において流し網漁業の禁止が決議された.その背景の一つとして, 外洋を漂流する廃棄漁網の流失起源は全て日本の漁船だとする外国の主張があった.そのため漂流網の流失起源・流失期間等の識別方法を確立することが緊急の課題となった.本報告は, 漁網主材であるポリエチレンの赤外線吸収スペクトルの中で, 1379cm<SUP>-1</SUP>の位置に側鎖メチル基対称変角振動による吸収が認められることに着目して, 漁網同定の可能性について検討を行ったものである.実験を行った結果, その側鎖メチル基の分岐度はメーカーによって差があることが判ったので, ポリエチレン製漁網の鑑別には極めて有効であると思われる.

United Nations Congress in November, 1991, made a resolution to prohibit drift net fishery. As a back ground of the resolution, it was pointed out in the congress that Japanese fishing boats were mostly responsible for the discarded nets drifting in the ocean. Therefore, it has become an urgent problem to make sure where they are from and how long they have been drifting. This report pays attention to the possibility to identify the fishing nets by using IR absorption spectrum in 1379cm<SUP>-1</SUP>, which corresponds to the peak of symmetric deformation vibration of methyl side chain. Since the experiment has verified that the methyl branching coefficient vary according to the makers, this method is considered to be very effective to identify polyethylene fishing nets.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 8(2), 89-92, 1996-04-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ