ポリカーボネートフィルムによる人工促進暴露装置の比較実験と問題点発掘 Report of the Round Robin Test to Survey the Reproducibility of Artificial Accelerated Exposure Apparatus Using Polycarbonate Film and Some Problems on the Exposure Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 峰松 陽一 MINEMATU Yoiti
    • マテリアルライフ学会 高分子および着色材料耐候性研究会 Research Committee of the Weatherability of Polymer and Colored Materials, Materials Life Society, Japan

抄録

マテリアルライフ学会の高分子及び着色材料耐候性研究会で行った人工促進暴露装置の再現性などを把握するためのラウンドロビンテスト (RRT) の中でポリカーボネート (PC) フィルムを試料とする実験の結果について報告する.予想したようにPCは照射光の波長が300nm以上の場合と以下の場合とで劣化反応機構が変わり紫外線吸収スペクトルの320nm付近の形が変わる.そこでPCは暴露光源が300nm以下の短波長光を含むか否かをチェックするためのreference物質として最適である.全般的に見て紫外線計の値付方法や温度の測定条件などが国際的に標準化されてないため, これらの暴露条件の測定値とPCの劣化度とを定量的に比較出来ないことは大きな問題である.

This is the research report of the results of round robin test to survey the reproducibility of artificial accelerated exposure test apparatus using polycarbonate film as reference material which was carried out in the Research Committee of the Weatherability of Polymer and Colored Materials, Materials Life Society, Japan. As the UV absorbance change of polycarbo nate is very sensitive to the spectral distribution of exposed light, PC is convenient to monitor the presence of UV radiation shorter than 300nm. We could not compare the relation between UV absorbance changes and exposure conditions, because at present the calibration procedures for sensor of exposure conditions are not yet standardized.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 8(2), 93-100, 1996-04-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002772
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ