ポリエチレンフィルムによる人工促進暴露装置の比較実験 Report of the Round Robin Test to Study Artificial Accelerated Exposure Apparatus Using Polyethylene Film

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 寧 WATANABE Yasushi
    • 通商産業省 工業技術院物質工学工業技術研究所 National Institute of Materials and Chemical Research

抄録

マテリアルライフ学会の高分子及び着色材料耐候性研究会で行った人工促進暴露装置の特性を把握するためのラウンドロビンテストでポリエチレンフィルムのカルボニルインデックス及びカルボニル生成速度を研究した.標準試料においては暴露時間とカルボニルインデックスの間に明瞭な直線関係が認められたが, 試料によっては直線関係が得られないものがある.光源別のカルボニル生成速度, ブラックパネル温度と槽内温度とカルボニル生成速度を測定し, その結果を整理した.カルボニル生成速度の活性化エネルギーは40kJ/molであった

The study on round robin tests to survey the reproductivity of artificial accelerated exposure test apparatus using polyethylene film was carried out. The linear relationship between Carbonyl index and Exposure time was recognized in the case of the standard specimen. The kinetics constants of carbonyl group generation depended on the temperature of black panel and oven and the activation energy was 40kJ/mol. This round robin test was achieved by the Research Committee of the Weatherability of Polymer and Colored Materials, Materials Life Society with a fund of Suga Weathering Technology Fundation.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 8(2), 101-104, 1996-04-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ