ポリウレタンフォームを裏打ちした軟質ポリ塩化ビニルの劣化メカニズムの解析 Degradation Mechanism of Plasticized Poly(vinylchloride) Backed with Polyurethane Foam

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリウレタンフォーム (PUF) を裏打ちした軟質ポリ塩化ビニル (PVC) シートの, 耐熱試験及び耐光試験による劣化の挙動を調べた. 劣化試料における可塑剤の分布状態を顕微赤外分光法で, 脱塩化水素反応により生じる二重結合の状態を誘導体化一EPMA法により分析した. その結果, 耐熱試験, 耐光試験ともにPVC中の可塑剤がPUFへ移行することによってPVCの破断伸びが低下しているが, 移行の挙動は両試験で異なることが明らかになった. 一方, PVCの脱塩化水素反応は両試験ともに暴露表面からではなく, PUFとの界面から起きていることが分かった. アミン劣化試験により, PUFの硬化触媒に使われているアミンがPVCの脱塩化水素反応を促進していることが確認された.

The degradations of the plasticized polyvinylchloride (PVC) backed with polyurethane foam (PUF) under heating and Xe fade meter were investigated. The distributions of the plasticizer in the degraded PVC were measured by infrared microspectroscopy, and those of C=C bonds formed by dehydrochlorination were measured by derivatization-EPMA. In result, it was found that the plasticizer in the PVC migrated to PUF, and the migration caused decrease of the ultimate elongation of the PVC, in the both cases of heating and Xe fade-meter. However, the mechanism of migration of the plasticizer under Xe fade-meter was different from that under heating. On the other hand, dehydrochlori nation of PVC occurred from the interface, not from the exposed surface, in the both cases. By the amine degradation test, it was confirmed that the amine, which was used as catalyst for curing of PUF, accelerated the dehydrochlori nation of PVC.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 8(3), 148-154, 1996-07-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4011206
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ