高分子鎖のランダム開裂を仮定した数値計算の研究と熱分解 Computer Simulation of Thermal Degradation of Polymer on the Assumption of Random Cleavage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンピューター・シミュレーション手法を用いて高分子鎖の熱分解過程と分解生成物の組成を求めた.対象とした高分子にはポリフェニレンエーテル (PPE) を用いた.実験で求めたベンゼン環が1つからなる11種類の単環体のデーターを基にシミュレーションにより熱分解箇所の開裂確率を求め, その確率を用いて高分子鎖の分解過程を計算した.単環体を求めた反応確率パラメーターを用いて分解途中の生成物である二環体の構造, 組成を求めた.シミュレーション値は実験値と良好に一致し, PPEの熱分解過程を定量的に明らかにすることができた.本研究で材料劣化の定量的解析が可能なことにより複雑な過程で進む高分子材料のマテリアルライフの研究に役立つ可能性を示した.

The process of thermal degradation of polymer and the composition of scission products has been studied by the method of computer simulation. The probability of each degradation reaction was calculated by the composition of monomeric scission products which had been recovered by the experiments of thermal decomposition. The degradation processes were analyzed with these degradation probabilities simulated. The amounts of dimeric scission products calculated which were produced during the thermal degradation were also coincident with the experimental values. The quantitative analysis of PPE thermal degradation could be achieved and it is suggested that the computer simulation is useful to estimate material life of polymer even when it is dominated by various degradation processes.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 8(4), 202-211, 1996-10-01 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4076294
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ