光ファイバ心線の紫外線劣化特性の検討 (光ファイバ用UV樹脂の耐候性について) Study of Ultraviolet Rays Degradation Characteristics of Optical Fiber Ribbons

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来は, 主に地下や屋内で使用されてきた光ファイバケーブルも近年では, 屋外の様々な環境下で使用される可能性が出てきた.そこで, 光ファイバ心線の信頼性評価の一環として, 光ファイバ用UV樹脂, UV樹脂を用いた光ファイバと光ファイバテープ心線の紫外線劣化挙動を検討した.光ファイバテープ心線に使用されているUV樹脂は, ソフト材・ハード材及び着色材で構成されており, この3種類のUV樹脂を評価した.紫外線加速劣化で, ソフト材のヤング率は急激に低下するが, ハード材のヤング率は徐々に上昇した.また, ハード材の伸び残率より紫外線加速劣化120時間が屋外暴露約3ヶ月に相当することがわかった.着色材は, 480時間紫外線加速劣化で退色するものがあり, 耐候性・耐水性の良い樹脂配合の必要なことがわかった.また, 光ファイバテープ心線を480時間紫外線加速劣化させても, 側圧による伝送特性の低下や心線識別性等は問題なかった。

Optical fiber cables have been employed mainly underground and indoors, but in recent years there have been possibilities to use them in various outdoor environments. As a part of our examination of the reliability of fiber ribbons, we examined the ultraviolet degradation behavior of UV resins for fiber ribbons and of fiber ribbons that made use of these UV resins.<BR>It was found that the accelerated deterioration by ultraviolet causes a rapid decrease in the Young's modulus of the soft material and a gradual increase in the Young's modulus of the hard material. From the elongation residual rate of the hard material it was learned that the 120 hours accelerated deterioration by ultraviolet is equivalent to an outdoor exposure of about 3 months.<BR>Colored materials fade with the 480 hours accelerated deterioration by ultraviolet, and it was found that a resin blend that is resistant to ultraviolet and water resisting qualities are required.<BR>It was also found that even when the fiber ribbon is subjected to the 480 hours accelerated deterioration by ultraviolet, there are no problems with degradation of the lateral pressure properties and fiber differentiability.

収録刊行物

  • マテリアルライフ

    マテリアルライフ 8(4), 212-218, 1996-10-01

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    白石恵子

    第6回マテリアルライフ学会研究発表会, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    白石恵子

    平成5年電子情報通信学会全国大会, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    塩野武男

    成形加工 8(5), 280, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    RANBY B.

    Photodegradation, Photo-oxidation and Photostabilization of Polymer, 1975

    被引用文献2件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002002973
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4076295
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ