ポリエチレン及びナイロン漁網の密度に及ぼす紫外線照射の影響 Effect of UV Irradiation on the Density of Fishing Nets made from Polyethylene and Nylon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリエチレン漁網及びナイロン漁網に紫外線を照射し, 海洋表面を漂流すると仮定したときの密度の経年変化をしらべた. その結果, すべての試料の密度は増加し一定値に収斂した. この密度の増加はメーカーによってある程度差があり, ポリエチレン・ナイロン製漁網の鑑別に有効であると思われる.

The effect of UV irradiation on the density of fishing nets made from polyethylene and nylon in passage of time was investigated, supposing the fishing nets being drifting on the ocean surface. In this case, the density of all fishing nets increase and converge into constant value. There are some differences in the increasing behavior of density by individual manufactures. These differences are rather useful to specify the individual manufacturing product.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 9(1), 34-37, 1997-01-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4138363
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ