鉄道車両用ゴムホースの経年劣化 Degradation of Train Rubber Hose

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 鉄道分野においてメンテナンスの省力化が重要視され, 鉄道車両用ゴムホースにおいても長時間また長距離走行に対する耐久性が要求されている.このようなゴムホースの長期耐久性に対する使用期限の適正化を背景に, JR線において長距離走行後の電車から回収された天然ゴム製ホースについて劣化特性の評価試験を行った.その結果, 破裂圧力, 引張強さは走行距離に対し明確な変化を示さず劣化は示唆されなかったが, 動的粘弾性測定, パルス法NMR測定のような分子構造レベルでは変化が認められ劣化が示唆された.

In recent years the saving of labor for train maintenance is strongly demanded, andtrain rubber (natural rubber) hoses have to be used in service for longer time andlonger distance. In order to examine the degradation properties, the evaluation of trainrubber hoses were carried out. As the results the explosive pressure and tensile strengthhad little relations with served distances of train, but the elongation at break, maximumloss factor tan δmax, temperature of tan δmax T α and spin-spin relaxation time had somerelations with them.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 9(2), 74-79, 1997-04-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003100
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4203423
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ