軟質ポリ塩化ビニルの耐候性における地域差 Geographical Effect on the Weatherability of Plasticized Polyvinylchloride

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

軟質ポリ塩化ビニルの耐候性における地域差を調べるために, 日本国内6カ所 (岩見沢, 銚子, つくば, 栗東, 新南陽, 宮古島) において屋外曝露試験を行った. 電子顕微鏡観察, および表面粗さ, FT-IR測定により, 曝露試料表面の劣化度を調べた. 気温が高く, 全天日射量が多い宮古島より, 栗東, 新南陽, つくばの方が劣化度が大きかった. 軟質ポリ塩化ビニルの劣化は, 気温, 日射量, 雨量よりむしろ, SO2および/またはNOx濃度と相関があった.

In order to examine the geographical effect on the weatherability, plasticized polyvinyl chloride films were exposed at the six sites, Iwamizawa, Choshi, Tsukuba, Ritto, Shin-Nanyo, and Miyakojima. The exposed sample surfaces were characterized by scanning electron microscope, surface roughness, and FT-IR. The sample surfaces degraded more severely in Ritto, Shin-Nanyo and Tsukuba than in Miyakojima where air temperature was high and quantity of solar radiation was large. Rather than the air temperature, quantity of solar radiation, or rainfall, the degradation of the plasticized polyvinylchloride correlated with SO2 and /or NOx concentration (s).

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 9(3), 135-139, 1997-07-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003180
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4265680
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ