立体規則性の異なるポリプロピレンの溶融状態における熱酸化劣化挙動の解析 Thermo-Oxidative Degradation of Molten State Polypropylenes with a Variety of Tacticity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 秀晴 MORI Hideharu
    • 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 畑中 知幸 HATANAKA Tomoyuki
    • 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 寺野 稔 TERANO Minoru
    • 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology

抄録

立体規則性の異なるポリプロピレン (PP) の熱酸化劣化を, 各劣化因子 (触媒残渣, 分子量, 酸素) との相関を考えながら個別に解析した. 工業的に生産されているアイソタクチックPP (lso-PP) に着目し, チタン残渣の影響及び分子量の影響を検討した結果, 空気中, 溶融状態 (200℃) での熱酸化劣化に対して両因子ともあまり影響を与えないことが示された. さらに, 分子量が等しく立体規則性の異なる3種類のPP (Iso-PP, アタクチックPP (Ata-PP), シンジオタクチックPP (Syn-PP)) の劣化挙動を検討した. その結果, 主鎖がメソ構造のIso-PPでは著しく劣化が起こる条件下でも, Ata-PP, Syn-PPではほとんど劣化が進行しないことが明らかになった. また, 酸素不在下ではIso-PPにおいても劣化が抑制される一方で, 酸素加圧下では比較的安定なSyn-PPでも劣化が容易に進行することが見い出された. これらのことから, PPの熱劣化に対する立体規則性と酸素の影響は, 触媒残渣や分子量の影響に比べ大きいことがわかる.

Thermooxidative degradation of polypropylene (PP) s with a variety of tacticity was investigated in terms of various degradation factors, such as catalyst residue in the PP, molecular weight of the PP, and amount of oxygen existed. Heat treatment was typically carried out in the air at 200°C for 30min, at where the PP powder was varied into the molten state within several minutes. The catalyst residue and molecular weight had slight influence on the thermooxidative degradation of isotactic PP. Thermal stability of three polypropylenes (isotactic PP, atactic PP, syndiotactic PP) having similar molecular weight was investigated under the same conditions. Isotactic PP was degraded drastically compared with atactic PP and syndiotactic PP in the air. The thermal degradation of isotactic PP was depressed greatly under nitrogen. Existence of oxygen was found to induce the thermal degradation, even in syndiotactic PP. Thus, it was found that the influence of the tacticity and oxygen pressure was significant compared with that of the catalyst residue and molecular weight.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 9(4), 180-187, 1997-10-01 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003245
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4332630
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ