オーステナイト系ステンレス鋼の局部腐食に及ぼす圧延加工の影響 Effect of Rolling on Locarized Corrosion of Austenitic Stainless Steels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オーステナイト系ステンレス鋼のSUS304鋼及びSUS316鋼を用いて, 圧延加工を受けた場合の局部腐食, とくに応力腐食割れ (以下S.C.Cとあらわす.), 孔食及びすきま腐食に及ぼす影響について電気化学的評価を中心に検討した.応力腐食割れ感受性については0.1wt.%NaCl水溶液中で一定電位で一定時間経過後の試験片にあらわれる割れの有無を光学顕微鏡及びSEMで観察することによって評価した.顕微鏡下で割れの観察される電位は, 圧延加工することによって両鋼とも卑になった.また圧延加工により割れが発生するまでの時間は, 短くなった.割れは, すきま腐食を起点として粒界に沿って進展する粒界型であり, いわゆるI.G.S.C.C.を呈した.孔食電位, V'c100及びすきま腐食再不動態化電位, ER, CREVは, 圧延加工により圧延率が大きくなるとともに卑方向に移動した.これら局部腐食に圧延加工が悪影響を及ぼす原因の一つとして加工硬化, 加工誘起マルテンサイトが考えられる.

Effect of rolling ratio on localized corrosion, especially stress corrosion cracking, crevice corrosion and pitting corrosion of austenitic SUS304 and SUS316 stainless steels in chloride solution was electrochemically studied. The susceptibility of stress corrosion cracking was evaluated by observing crack after holding at constant potential in 0.1wt.% sodium chloride solution at 353K. Electrode potential of stainless steels in which stress corrosion cracking was observed under microscope was shifted toward less noble direction by rolling. Time to failure for rolled steels was more shorter than that for steels without working. The cracks observed propagate along grain boundaries. Type of cracks was intergranular stress corrosion cracking (I.G.S.C.C.) in all cases. Repassivation potential, E<SUB>R, CREV</SUB> for crevice corrosion and pitting potential of two steels in 0.1wt.% sodium chloride solution at 353K were moved toward less noble direction with increasing the rolling ratio.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 10(1), 35-42, 1998-01-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003341
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4401333
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ