ニトリルゴム(NBR)表面近傍におけるオゾン劣化 Ozone Deterioration of Nitrile Rubber Surface

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究はNBRがオゾン劣化する過程についてミクロに, かつ詳細に解明することを試みたものである。まず, 劣化表面をミクロトームを用いて何層にもスライスし, 発生したクラックの状態及び表面元素の割合の変化を調べた.クラックは応力方向に垂直に入っており, オゾン特有といわれているクラックの入り方であった.劣化はオゾン濃度の上昇と共に著しく激しさを増した.しかしながら, これは短時間にごく表面でしか起こらないことが確認された.ESCAの表面分析結果より劣化と共に酸素原子の増加が認められたが, 炭素原子の割合は減少した.窒素については増加の傾向にあり, 劣化と共に表面の化学組成にかなりの変化が生じていることが明らかとなった.

We studied the deterioration process of nitrite rubber (NBR) in a micro and detailed manner through the ozone exposure test. The surface of ozone-deteriorated NBR was sliced by microtome. The crack behavior and the ratio of element on the ozone-deteriorated surface were examined in detail by microscope and ESCA. We found that the cracks were formed perpendicular to the stress direction, which is peculiar to the ozone deterioration.The deterioration was accelerated remarkably with the increase of ozone concentration and, however, occurred only very thin surface in a relatively short time. According to the surface analysis by ESCA, the ratio of oxygen and nitrogen atoms increased with the deterioration time, while the ratio of carbon atom decreased.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 10(2), 93-101, 1998-04-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003451
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4468824
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ