銅害防止剤の結晶核発生作用がポリプロピレンのエージングライフに及ぼす効果 Effect of Crystal Nucleation by Copper Deactivator on Aging Life of Polypropylene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

われわれは安定剤の高分子結晶核発生作用も安定剤の保持性に影響を与える物性のひとつと考えた.そこで, モデル系として銅害防止作用があることが知られているジアシルヒドラジン類を選び, ポリプロピレンに対する結晶核発生能力と銅害防止効果を比べた.その結果, 両者の相関が大きいことが分かった.結晶核発生剤を加えてもポリプロピレンのエージングライフは改良されないため, 銅害防止剤自身が結晶核発生作用を持つことが必要条件であることがわかった.結晶核発生能力と分子量, 融点などの物性を変数として採り入れて比較的に良好な精度で安定化ポリプロピレンのエージングライフを予測する重回帰式を得ることができた.

Thirty diacylhydrazines with various pair of acyl groups were prepared. Their crystal nucleating activity was obtained by DSC as the crystallization temperature of polypropylene (PP) containing 0.5phr of the diacylhydrazine and 0.5phr of the antioxidant, and 3.0phr of metallic copper powder. Aging lives of films of the polypropylene compositions aged at 150°C were determined. Nucleating activities and aging lives were also measured for PP compositions containing commercial metal deactivators. The additives giving higher crystallizing temperature for polypropylene were found to show longer aging life for polypropylene. Multiple regression equations using physical properties of diacylhydrazines such as melting point, heat of fusion, N-H absorption band, as well as the crystallization temperature of polypropylene were derived.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 10(3), 143-148, 1998-07-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4533975
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ