自己防御物質の生成による光劣化の制御研究 Research of Light Deterioration Control Cause by Generation of Self-Defensive Substance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリフェニレンエーテル (PPE), ポリカーボネート (PC) の重ね合せ薄膜を試料に用い, 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所大型スペクトログラフ (OLS) の単色光照射, および全波長照射により光劣化挙動を調べた.重ね合せ皮膜により光劣化深さについて検討を行ない, 光劣化限度を確認した.さらにPPEについてキノメチド構造が生成しており, 光によるPPEの着色がキノメチド構造物と関係があることを確認した.照射最表層における吸光度は, 他の薄膜よりも際立った吸光がみられた.内部薄膜では光劣化物は生成していないことが確認された.また, 光照射による不溶化物生成において, 照射最表層ほど不溶化率が上昇傾向にあった.不溶化物と着色原因と考えられるキノメチド生成物が無関係であると考えられた.断層的な光化学反応は, ある厚さで停止し, 材料自身が劣化することにより自己を防御しているような反応であると考えられた.

The light deterioration behavior was examined by using the monochromatic light irradiation of Okazaki National Research Institutes of National Institute for Basic Biology Large Spectrograph (OLS) and all wave length irradiation for the examination material that was used piling suiting thin film of polyphenylene-ether (PPE) and polycarbonate (PC). The light deterioration depth was examined by using the piling suiting film, as a result light deterioration limit was confirmed. In addition, the quinone-methide structure generated to PPE and it was confirmed that coloring PPE with the influence of light was related to the quinone-methide structure. Absorbance on the irradiation surface was more remarkable absorption than other thin films. In an internal thin film was confirmed that the light deterioration material did not generate. Moreover, making to insoluble generation material of light irradiation was in rising tendency on rate of making to the insoluble on the irradiation surface. It was thought the making to insoluble material and the Quinone-methide structure thought to be a coloring cause was irrelevant. Fault photochemical reaction stopped by a certain thickness, it was thought that this was a reaction own defended by being deteriorated the material.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 10(3), 149-158, 1998-07-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002003556
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4533976
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ