デヒドロゲナーゼを用いて酵素反応の可逆性を示す実験の開発 A New Experimental Method for Showing the Reversibility of Enzyme Reaction Using Dehydrogenases.

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 生物教育

    生物教育 35(3), 195-200, 1995-12-30

    日本生物教育学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    石田寿老

    生物の実験法 304, 1960

    被引用文献1件

  • <no title>

    石本真

    酵素研究法1, 612-613, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    太田次郎

    生物II 9, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    奥貫一男

    酵素研究法2, 397-404, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    田中隆荘

    生物II 16, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    田宮信雄

    コーン スタンプ生化学, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    CONN E. E.

    Outlines of Biochemistry, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    藤井隆

    生物II 13, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    八木國夫

    生化学実験講座12エネルギー代謝と生体酸化 上, 204-212, 1976

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002005406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0012957X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0287119X
  • NDL 記事登録ID
    4038378
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-53
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ