サカマキガイの教材化に関する基礎的研究 -標識再捕法による個体数推定実験- Basic Research on the Use of the Freshwater Shellfish, Physa acuta As a Teaching Material -A Mollusc Suitable for Classroom Exercises for Estimating Population Size Using the Mark-Recapture Method in Secondary School Ecology Education.

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 生物教育  

    生物教育 37(1), 17-23, 1997-03-20 

    日本生物教育学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002005712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0012957X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0287119X
  • NDL 記事登録ID
    4249442
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ