疲労予き裂先端からへき開き裂発生点までの距離(X)と破壊靱性値との相関 Correlation between Fracture Toughness and the Distance(X)from the Tip of a Fatigue Pre-Crack to the Initiation Site of Cleavage Crack

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 圧力技術  

    圧力技術 36(3), 145-153, 1998-05-25 

    日本高圧力技術協会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002019048
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00011762
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03870154
  • NDL 記事登録ID
    4474892
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-750
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ