4. 周辺科学との協調とその将来 電子顕微鏡とタンパク質結晶学 Protein Crystallograpy using Electron Microscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小川 治夫 OGAWA Haruo
    • 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 Department of Biological Sciences, Tokyo Institute of Technology
    • 豊島 近 TOYOSHIMA Chikashi
    • 東京大学 分子細胞生物学研究所 蛋白質解析分野 Institute of Molecular and Cellular Biosciences, The University of Tokyo

抄録

Elecrton microscopy provides a powerfull means for structural analysis of membrane proteins. Today, using electron microscopy, new exciting structures are getting solved. Structures of some membrane proteins are determined at atomic resolution and some are imaged in the transient states.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 38(1), 89-94, 1996-02-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002024864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    3934778
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ